2018/10/22

自転車保険の請求をする  

自転車で転倒して既に4か月が過ぎようとしています。当初は擦り傷、打撲など医者にかかるほどの怪我でないので、自分で赤チンを塗っていたのだが、左手の人差し指が一向に痛みが取れず、かつ熱があってどうも捻挫などではなさそうなので、怪我して1月以上経って近くの整形外科に行った。

医者も怪我して大分遅くなって治療を受けたので、理由を聞かれてしまいました。と言う訳でたいしたことなさそうなので自分で治療していたことを話した。最終的には´Д`骨折だそうだ、もう大分経ってしまったので恐らく治らない、要するに手遅れのようです。

直すのであれば手術しかないそうだ、毎日の生活に不便は感じるものの大きな障害ではないのでこれで治療を断念することとしました。そして保険会社に連絡して治療費の請求だが、怪我して2週間以内の医者での治療はすんなり支払われるそうだが、このように一カ月以上経つと偽申告?と思われるそうです。それを理解して貰うには結構面倒であった。

たいしたことないと思っても直ぐに医者にかかった方が良い、治療費もかえって医者に治療して貰った方が安いかもしれない。オジン結構、薬局でシップ薬やら、ガーゼを抑える特大の絆創膏の類いを買ってお金が掛かっているのだあ〜。そして今日漸く、保険加社から治療費の請求書が来たので、面倒臭い書類を書きあげた、何と2時間近く掛かったのであった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ