2019/11/9

関所の湯でお温泉と天ざる(後編)  

これから“関所の湯“に向かいます、コース途中から近道があるようなので注意しながら袋田の滝を目指します。関所の湯ののぼりを見つけその道・林道、意外と舗装もされていて通常の道路と変わりありません。下っていくとすると、現れます。これは大分近道です。

入湯料が700円とはちと高い、汗を流し鍋昼食です。オジンは天ざる、相棒はほうとうを頼みました。運動の後は何でも旨い、堪能してそして雑談してひと時を過ごします。

さあ〜2時になったので明るいうちに赤塚駅にたどり着けるか×o×、出発し西金で水郡線に乗るか確認したら赤塚駅までオーライとのことで飛ばします。途中道の駅でトイレ休憩、後はひたすらペダルを回し続ける。水戸市内に入ってこれなら明るい内に到着可能、一安心です。

そして電車常磐線に乗ります。席は満席、勤め帰りなのでしょうか、それにしても優先席は若い方が占めていました。ちっとばかり、上野方面にたまに乗るのだが、優先席は若者で占められているが、それでも空席もあってお客さんは立っています。

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=98b5764ba7acd3ed7fedda4acb92ae4d
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ