2020/10/7

シュミレーション用のデータを作成  

昨日は○試験成績の範囲を模擬的に0〜100点を発生させ、シュミレーションの元データとする積りでいた。当然、試験を受けた名前も記載しないといけない。

本当は氏名を記載したいのだが、×o×それは手間暇がかかるのでアルファベットのイニシャルで代用することにしました。名・姓を例えば”M.O”と表記します。如何プログラムを作るべきか悩んでいたのだが、昨年暗証番号を発生させるプログラムを作ったのでそれを先ず探します。

実用に供することなく没になってしまったのですっかり忘れていた。漸くそのプログラムを探し出し、見たところ”A〜Z”の範囲を配列に入れて、乱数を発生して

アルファベット大文字を二つ取り出して表記するプログラムを作成した。これで大分まともな生データになってきました。その後に各教科の点数を人数分用意すれば、ほぼ完成です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ