2018/7/28

年代物の修理が続きます  

漸くIHI調理器の修理に来てもらいました。非常に綺麗に使っていますね〜と褒められてしまいました。頻度の高い修理箇所を聞いたら今回の修理と同じ加熱グリル部のようです、

ここは魚を焼いたりして使い込んでくると油がこびり付いたりして、最後は漏電になるようです。初めてIHIの内部を覗かせて貰ったのだが、洗練された加工がされているのに少し関心した。そして修理代は2万円強とお金が飛んでいきます。

前回は現金の支払いだったのだが、今回は現金を扱わないとのことでカードの支払いになりました。序でにTVを見て貰います、最新のTVなのでビックリしていました、4Kの画質を見せて貰い、そしてWIFiでYouTubeを観られるようにセットして貰いました。

今まではパソコンにHDMIケーブルを繋いで見ていたのですが直接、パソコンを介さなくても見られると感激です。まだまだ機能は沢山あるようで殆ど使ていないので凄く勿体ないと言われてしまいました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ