2018/8/27

クック諸島へ小荷物を郵送  

2週間ほど前は飛行機航空便でクック諸島へ荷物・雑貨類20sを送ったのですが中身のお値段よりも段ボールの送料が倍以上の3万円ほどかかりました。

そして今日は緊急性がないと言うことでやはり段ボール20s分の衣類・雑貨類を送るために〒郵便局に持って行きます。外国へ小荷物を送るには英語のリスト・一品毎に価格、重量を記載しないといけない。そして郵便局の人に日本語の分も用意しないといけないのでその手間だけでも大変です。

そして今日はバリカンも送付品にあったのだが、電池電池が禁制品に引っかかるようなので、別途他の方法で送るしかないようです。何せ、郵便局も初めてのようで作業が捗りません。

何と終えた時間を見ると優に1時間を越えているではないか。そして送料は1万円強と大分安くなりました。但し、´_`到着は何時になるか良く分からないのが実情のようです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ