2018/9/2

やりとおせるか不安なレーニンジャーの新生化学  

宅急便で送られてきて早いもので1週間は経つ、レーニンジャーの新生化学「上」第6版を本読むのだが、良く理解できない。

章末に問題が載っているので真面目に解いているのだが、単位の接頭語がナノ、ピコとかで桁が普段の計算とは違い過ぎて計算がややこしくなって×o×頭が混乱してくる。以前に買ったCASIO fx-5800Pを使って計算するのだが、此方も高機能過ぎて使いこなせないでいる。

このような計算には出番が回って来たのではと思い計算しているのだが、すんなりとは行かず、取説を見ながらなのだが、これがまた説明がT_T良く理解できない。

これには本当に困ったものです、問題に即した計算に順次、応用して覚えていくしかないのかも知れない。それにしてもこの本、厚くそして重たい。何せ操作するだけでもしんどいのだ、どの位重いのか測ったら何と1.9kgもあった。本の重さを測ったなんてチョキ初めてのことです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ