2020/10/10

パソコン処理時間を体感する  

今日も雨昨日に引き続き雨で部屋に籠ったきりです、涼しいというより、急に寒くなった感じで机の下に足を温める足温器を置いた。

これが性能不足で余り暖かくならないので毎年困っている。そんな中、乱数を使って、幾らでも数値が表示できるので学習の際のデータ数は多くても100位なので一瞬で計算が終わってしまう。それではプログラムの良し悪しも分からないので

データ数が10万件或いは100万件となった時の、処理時間を実感して○貰おうと思っている。そして体感として感じ取って貰ったら、実際の処理時間を計測するプログラムを組み込みその具体的な時間を知るということを学習するつもりです。

来週のチョキ“初めてのVBAプログラミング”教室が楽しみです。For〜Next文が今一理解できていないようなので、ここは時間を掛けて演習問題を交えて進めていきたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ