2020/10/13

パソコンの演算速度を体感  

今日はパソコン教室、乱数を発生させるプログラムを作っているので今日は、乱数の数を100〜1000,000個表示させて、パソコンの処理時間を調べます。

そのためには、予め処理時間を求めるプログラムを乱数発生のプログラムに入れてから計算して貰います。1万だと0.4秒程度で処理できた、百万だと40秒弱であった。

データ数が1万程度では殆どストレスがないが、流石に百万だと待てないかも知れません。時間のかかる原因としてはエクセルのセルに全部のデータを表示するのに時間がかかるためと思われるので、配列を利用したらどうなるか調べてみたい。

こんなことを“初めてのVBAプログラミング”教室で学習してもらいました。皆さんのノートパソコンの性能が良くて我が家のデスクトップ・パソコンより性能が良いのです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ