2020/10/14

あっという間に配列にデータを保存  

昨日は“初めてのVBAプログラミング”教室、乱数を100万個発生して、表示するプログラムを実行すると30秒以上掛かります。これはエクセル画面に乱数を表示するための時間と説明したのだが、実際には試していないので自信がない。

そこで配列に発生した乱数を保存○することにした。配列は滅多に使わないためすっかり忘れている。そこで昔使った“かんたんプログラミングExcel2000 VBA応用編”を引っ張り出して調べます。何時買ったか見たら2001年2月と記載されている。

何とVBAとの付き合いは20年以上になるのです。年月の経つのは早いが知識'_';は全然伴わなっていない。それもあるのだが、滅多に使わないこともあったためすっかり忘れていた期間が長いのだ。それにしてもExcel VBAは昔と余り変わっていません。

本題に戻ると100万個のデータを配列に保存すると0.14秒と余りにも短時間、ストレスを感じさせませんでした。やはり、エクセル画面の表示に時間を取られていることが分かりました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ