2020/12/15

筆ぐるめの住所録とレイアウトが移設できた  

筆ぐるめの住所録と裏面のレイアウトは単にアプリをコピー&ペーストしただけではデータ類を一緒に保存していないので別途保存しないといけないと、コメントが返ってきた。

昨日は他に山ほどのアプリなどのパスワードを入れて動くように設定してとても神経が疲れ筆ぐるめまで手が回らなかった。今日バックアップの方法が記載されているのを教えてもらいそれに従い、住所録を新しいDeLLのパソコンに移せた。

そしてレイアウトもバックアップ法も記載に従い実施、こちらはレイアウト一枚一枚、の操作で面倒であった。それにしてもこれで”筆ぐるめ”を使って年賀状が作成できます。

そして昨日、見つけた”一億総バイリンガル化プロジェクト”が良さそうなので教材として使うことにしました。一通り見たのだが、これは凄い、という感想。有料の英語アプリを使っているのだが、それよりもこちらの方が良いかも知れない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ