RSS

そして極限へ

出馬初見U 投稿者:虹色海豚 投稿日:2020年10月30日(金)23時53分44秒

6枠から8枠へとアタマ文字シリ文字「キス」と「アダ」の接触サイン。
1枠01番と2枠02番の関係は宝塚記念の同枠だし、
ダイワキャグニー
ダノンキングリー

かなり似ている馬名の接触が3枠03番4枠04番。

あたしゃダイワキャグニーが気になりますな。

陣営もファンも何度も期待して、やっと勝てた重賞エプソムC。
高校1年生の夏休み明けたら変わった女子男子じゃないけれど、夏超えて出てきた毎日王冠でセン馬になっていた。

重賞勝って種牡馬の道が繋がったんじゃないかいって?
チンチン切られちまったヨ。
将来の夢は無い。ただ勝つこと走り続けることが優先されるマシーンに改造されちまった。

うむ、データには無い強さを持っている。

クリックすると元のサイズで表示します

三冠馬対決 投稿者:虹色海豚 投稿日:2020年10月31日(土)23時26分1秒

三冠牝馬デアリングタクトが次走にJCを表明しました。
三冠馬コントレイルはまだ分からないが、三冠馬対決に世間の期待は高まる。

過去の三冠馬対決において、
ミスターシービーはシンボリルドルフに一度も先着できなかった。
いわゆるJRAにおけるBCとADの関係。

と、平成における三冠馬対決はオルフェーヴルとジェンティルドンナのJC。
ゾロメであったが、後輩の勝ち。

うむ。アップtoデイトな競馬界。古いモノは新しいモノに消化吸収される。
デアリングタクトが居るのなら、アーモンドアイはJCに出ても勝てない。
いや、この出会いこそアーモンドアイが終わる時かもね。

そんなんで生き急がねばいけなくなったアーモンドアイ。
海外含む芝GT8勝目。やるならココだよなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:虹色海豚
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ