危険な施術が増えている。

2016/3/3 | 投稿者: いしづか すみこ

最近、コリやしびれを治す為に治療院に行ったのに、逆にもっと悪化してしまったというニュースを聞きました。
それは患部(首や腰)に瞬間的な力を用いた施術(矯正、アジャスト)を受けたためということでした。首などへの矯正は厚労省の通達で禁止されています。

いしづか整体で行っている操体法(そうたいほう)は力まかせの施術ではありません。
むしろ「痛い動き」から患者さん自身の「逃げる動き」「心地よい動き」を味わっていただきながら、
施術者の微妙な調整を施すという方法を用いています。
これが操体法です。
詳しくはここに教室用にまとめたテキストをお読みください。ひとりでできる操体法の一部を掲載しています。実際の施術にあたっては施術者が患者さんの動きや呼吸を誘導しながら(あくびをしながらの伸びをイメージしてください)施術しています。
安心してご利用ください。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ