もし、なれるなら

2017/1/3 | 投稿者: 院長

酉年、あけましておめでとうございます。
皆さんは観覧車に乗って下を見たとき、自分が鳥になって下界を眺めているような気がしませんか? 上がるにつれて景色が段々小さくなってゆくのは見ていて楽しいですね。
もし鳥になれるとしたら何になりたいですか?
カナリア? 大ワシ? 私は火の鳥になってみたいです。火の鳥は時間の流れを旅する鳥です。過去や未来へ行って、その時代に生きた人々の心模様をジッと見守る鳥です。
昔、手塚治虫の「火の鳥」を読んで何てスケールの大きい物語だろうと衝撃を受けました。火の鳥になって異次元を飛んでみた時、何を目にするだろうか。
生命の本質を垣間見たりするのだろうか。生命の本質を垣間見たりするんだろうか。トリとめもなくこんなことを考えてしまいました。今年も、気功や整体で皆様と楽しく過ごしたてゆきたいと思います。よろしくお願いします。

ロータスヴィラ新聞 平成29年 新年号から転載)
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ