2016/10/29 | 投稿者: スタッフ

全国操体バランス運動研究会始まりました。
施術も教室もお休みいただいての参加です。しっかり勉強して来ます⁉?詳しくは後々報告します。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 整体 操体法 操体法

2016/3/3 | 投稿者: いしづか すみこ

最近、コリやしびれを治す為に治療院に行ったのに、逆にもっと悪化してしまったというニュースを聞きました。
それは患部(首や腰)に瞬間的な力を用いた施術(矯正、アジャスト)を受けたためということでした。首などへの矯正は厚労省の通達で禁止されています。

いしづか整体で行っている操体法(そうたいほう)は力まかせの施術ではありません。
むしろ「痛い動き」から患者さん自身の「逃げる動き」「心地よい動き」を味わっていただきながら、
施術者の微妙な調整を施すという方法を用いています。
これが操体法です。
詳しくはここに教室用にまとめたテキストをお読みください。ひとりでできる操体法の一部を掲載しています。実際の施術にあたっては施術者が患者さんの動きや呼吸を誘導しながら(あくびをしながらの伸びをイメージしてください)施術しています。
安心してご利用ください。
0

2014/8/1 | 投稿者: SUMIKO

九十九里の隣りという土地柄か地元のサーファーのかたが多くみえます。今回の患者様も地元のプロサーファー。
腰痛は腰が丸くなって起こることが多いですが、サーファーというスポーツは反ることが多いので腹筋より背筋のほうが強く、腰を守る筋力がアンバランスになりやすい。反対に腹筋ばかり鍛えている人でも腰痛になりうるのです。
例えばテントを張るときを考えて下さい。テントの四隅を同じ力で引っ張って張ればキチンと立ちますが、どこかが強すぎても弱すぎても傾いてしまいます。
人間の場合はたくさんの筋肉があるので、多少のアンバランスぐらいではビクともしませんが、限界を超えると痛みやしびれとして警告してきます。
今回こられたサーファーさんは、腰の痛みと左足のしびれがあるとのこと、うつぶせ操体法で左右の腰の引き上げ具合を診て、上げやすいほうの腰を上げてもらい、反対側の腕を頭上に気持ち良いだけのばすと肋骨と一緒に腹斜筋が動き、フーッと脱力したとき強ばりがとれました。このあともいくつか操体法をして終了。
「首までラクのなった」と首をクルクル動かしたおられました。
(32才 男性)
0

2013/1/7 | 投稿者: SUMIKO

私が整体を始めたのは平成5年(1993)からです。今年で20年目になります。
その頃は「整体」という言葉は知らない人がほとんどでした。今でも整体イコール マッサージと思っている人がたくさんいます。
筋肉のコリをほぐすのがマッサージです。整体は歪んだところを整えることを目的としています。整える前に、いったんほぐしたりするので、マッサージと間違われやすいのです。
私の行っている方法は「操体法」といって仙台の医師橋本敬三先生を大先生として、その門下生の様々な先生方から教えて頂いた手技療法です。「骨格の歪みは、それを支えている筋肉の動きの偏りに依る」ことをふまえての療法なのです。よく「レントゲンでは異常なしなのにツラいのです。」というかたがおられます。それはジーッとしている時の写真だからです。操体法は動いてみて違和感の震源地をみつけます。しかもラクなほうへ動いて歪みを整えてゆく。これは百言を以てするより体感するしかありません。
1

2012/1/20 | 投稿者: SUMIKO

※毎週気功教室と予約整体のために通っている老人ホーム「ロータス・ヴィラ」の新聞(2012年新年号にご挨拶を載せました。転載いたします。

新しい年がスタートしました。笑顔の多い年となりますように。
こたつに入ってゆっくり過ごすお正月、でも「電気こたつ」って腰痛製造機でもあるってご存知でしたか。こたつに入ってる人を横から見ると、L字型の体勢になっています。これが長時間続くと腰にかなりの負担がかかるのです。
解決策は、両膝の下にクッションを置くと良いのです。両膝を少し曲げることでピンと張りつめた股関節がゆるんで、そこにつながる腰からくる大腰筋がゆるんで、そこにつながる腰からくる大腰筋が緊張から解放されるからです。
このように普段の身体の処し方によってつらさから簡単にのがれる方法が色々あります。
例えばガニ股、原因のひとつに内モモの筋肉のゆるみ等があります。これは体重のかけ方が足裏の外側にかけるのが習慣になっている人に多く見られます。体の重みが上からまっすぐ落ちた先、つまり両膝の内側に多くかかると、そこに炎症が起こり痛くなることも。
解決策は、ゆっくりうしろ歩きをすると良いのです。足をうしろへ運ぶとき、イヤでも親指側から着地しますね。まさしく脚の親指側、つまり内側の筋肉を使っているので、ゆるんでいた内モモが引き締まってきます。
体は生きている限り、自ら「良くなろう、元どおりになろう」としているのです。ちょっとした工夫で、自分で治してゆくのが自力整体です。時々「やさしい気功」の時間でも行っています。
自力整体に加えて二人で行う二人整体があります。これは私が加わって痛くない動き、気持ち良い動き、気持ち良い方向は治る方向だからです。体は無口、イエス、ノーは痛いか気持ち良いかで教えてくれます。
痛い所には居たくない(痛くない)整体を…

『整体』は毎週(水曜日)、朝8時〜。受付はフロントへ。『やさしい気功』は毎週(水曜日)、午前11時〜11時30分(自由参加)
0

2011/6/25 | 投稿者: 院長

脳梗塞で半身マヒの方。リハビリにも通っている頑張り屋さんです。けれども元気な方の腕でいつも物につかまったり、体重を支えて立ったり座ったりで、片側ばかり筋肉がこわばっています。
いきなり固くなっている所を圧迫するのではなく、掌で暖めてから三角筋の起始部を軽くつかんでやさしくゆさぶりをかけます。
きょうは腰仙部のあたりに違和感があるとのことだったので腰をL字型にして膝から腰までの連動操体法。両膝とものばすときに気持ちがいいらしく、片方づつやりやすいように伸ばしてもらいました。
右に顔を向けると首が痛いとおっしゃる。虫歯で片噛みをしているのが原因のひとつと思われる。
「力を入れないでいいですからね」と言ってアゴ上げ操法をしてもらったら呼吸と動きがいいタイミングで決まりました。患者さんも操体法のコツがつかめたみたいです。(80代女性)
0

2011/6/23 | 投稿者: 院長

週一回、老人ホームへ気功教室の指導と整体施術をする為に通っている。
電車の中でも街の中でも、たくさんの人たちとすれ違います。
「ああ、この中の誰かが将来、放射能のせいで癌になって亡くなるかも知れない」と思うと悲しくなる。
放射性物質は、若い人ほど影響を受けるのだという。

今日の患者さんは老人ホームに入居されている方。
「僕らは老人だから関係ないさ。若者は大変だねえ」と他人事。でも本当はきっと心配している。このかたはいつもに増して肩がガチガチ。
いつも施術中は爆睡で操体法を行うどころではありません。
こういう時は皮膚の操体法を行います。患部の皮膚を軽くつまみ、それぞれのリンパ節に向かって押してから引くように円を描いて刺激する操法です。これは乳幼児や日本語がわからない外人さんにも応用できます。
さて60分経って施術が終わった頃、ようやく目覚めた彼は大あくび。座位になり、足裏で床を踏みしめて頂き、その動きを頭頂部まで通すべく言葉で誘導して仕上げとしました。
(70代 男性)
0

2011/6/19 | 投稿者: 院長

ガッチリ体型のI氏は、残念ながら操体法ができません。
膝倒しにしてもカエル足上げ下げにしても、自分で動かそうとするとつってしまうのです。
ずーっと緊張しっぱなしの生活をされていたのか、筋肉がどこも強ばっていて脱力も出来ません。
ご本人曰く、脱力しようと?頑張ってしまうそうです。
こんなとき、意外と効果的な言葉は「死んだフリをしてください。」小さい子にも効果的です。
そして皮膚からのメッセージを聞きながらの操法。誘導の言葉かけをしないので、ご本人はマッサージされているだけと思っているようです。
姿勢を変えてもらう時も、何かの拍子につってしまうようで「スローモーションで動いて下さいネ」と言うと大丈夫みたいです。
足のむくみが辛く「重だるい」とのこと。リンパ節に向かって流していきます。
首はアゴを上げるより引くほうが胸鎖乳突筋が動くので、(ご本人もこの方が気持ちいい)小胸筋と連動しての操法。
背すじがスッキリとされました。
(80代 男性)

※これ以前の操体日記は掲示板にあります。リンクを見て下さい。
0




AutoPage最新お知らせ