2020/6/30 | 投稿者: 院長

2021年6月16日、津村喬先生は71年間の生涯を終えられました。
思えば30年前、何もわからずに太極拳をしていた私ですが、何か足りない気がしてなりませんでした。どこの教室に通っても何か満たされない気持ちでした。
もしかして本場中国の言葉がわかれば納得のゆく太極拳ができるのでは? と中国語も習い始めました。
ある日、別の気功教室に行ってみて、とうとう関西気功協会(当時)の津村先生に巡り合うことができたのです。先生は気さくで、私のような生意気な生徒にもニコニコと誠実に教えてくれます。太極拳は気功の中の動功に分類され、降りかかる火の粉を払うようなもので、暴力ではないことを知り、腑に落ちました。驚いたことに気功と仏教はよく似ています。「天台小止観」もそのひとつで、興味深い。
先生が教えてくれる気功は決して神秘主義ではなく、科学的に向き合って学んでゆくもので、さりとて科学の未知の領域に対しても心を開いて探求してゆくものでした。
気功師に手を当ててもらい病気を治してもらう「外気功」を先生は私たちにすすめませんでした。私たちが行うのは自ら気を巡らせて病気を予防する「内気功」です。
団体名が「気功文化研究所」と変わった頃には私の気功も少し板についてきた気がします。
気功研修も中国や、国内でも色々ありました。一番の思い出は2015年5月の天河神社での研修です。境内での早朝気功は寒かったけど、独特の気が流れていました。修験者の道を散歩したり温泉に入ったり。夜は抱朴子講義、日本書紀などから見た宇宙観、様々な呼吸法など、そして雑談、遅くまで話が尽きませんでした。星空をみんなで見ていてUFOが見えた? とか大騒ぎした夜もありましたね。
先生は料理も得意で、海外などに講義に行かれたときなどに仕入れたレシピや食材も買い込んできて、研修の時など手際良く何品も作ってご馳走してくれました。ワイワイと飲んだり食べたりの私たちを見てニコニコしていた先生。
先生とは、これからもずーっと会えると思っていました。
毎月送られて来る機関誌が滞り始めたときは、ずっと心配でした。
訃報を知ってから、今もなを眼に映る景色は寂しく感じます。
もっとたくさんお話ししたかったです。先生から教わったこと、私の生徒さんたちにしっかりと伝えていきます。
見守っていてくださいね

長い間、本当にありがとうございました。

津村先生が本名(高野 威)で書いた最後のfacebookが残っていました。

0

2020/1/5 | 投稿者: SUMIKO

整体の予約が取りにくくなっています。
教室が重なっていることもあり、特に金曜日、土曜日の予約が取りにくくなっています。
ご予約はカレンダーでご確認の上、前日か前々日が確実になります。お願いいたします。

また授業中は固定電話、携帯ともに受けることが出来ません。
留守録にお名前、電話番号をおっしゃって下さい。授業終了後連絡いたします。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。
0

2019/5/15 | 投稿者: 院長

樹林気功、去年は春も雨で出来ず残念。
今年は5月25日朝雲り空だが大丈夫そう。
気功のあとのお弁当のときみんなに配る蛇腹胡瓜の酢ずけは上手くできた。
ワクワクする。
0

2017/5/17 | 投稿者: 院長

気功教室では毎年5月か6月に樹林気功を開催してます。

私たちは日常、仕事でも生活でもたくさんの情報を取り込んだり、処理したり、脳の前頭葉をフル回転で働かせています。
ヒートアップ寸前です。樹林気功で、大自然と一体になった感覚を味わい脳を休めてみませんか?
何かが変わるかもしれません。
興味のある方。気功教室未参加の方も是非体験してみませんか。
お弁当持参でおいでください。

日時/5月26日(金) AM10:30
場所/八鶴湖畔の谷児童公園
※初参加希望の方石塚まで電話ください。(090-3003-3129)

2010年6月11日大網市内の公園にて

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/18 | 投稿者: SUMIKO

5月3日(日) いい天気。わりと暖かい。
★6:00早朝練功(室内) 先生は脚を傷めており、夕べは辛そうだったので5人程で入れかわり立ちかわりマッサージをしました。私は操体法をしてあげました。今朝の練功のときはいつものようにお元気なようで、安心しました。
●7:30〜朝食。雑穀がゆ、漬け物いろいろ、昨日の残り物。(お色直しをして出てきた)。先生は残ったものを上手に、まるで別の料理のようにして出してくれます。料理の本も出されただけあってセンスも良いです。
★9:00〜内丹、禅密功。(予定では禅密功は入ってなかったのですが女性陣から是非にとお願いしたのです)六段撰、合気法。
今日で最後なので質問タイムの時間にみんなたくさんの質問をしました。時にはトンでも質問が出たり、先生のオモシロ話を聞いたり大笑いでした。
●12:00〜昼食。素麺、切り干し大根、(これはピリ辛で和風ではなかった。ウチでもやってみよう)。残り物バイキング。かなり残ってましたが、みんなでほとんどたいらげました。
食事も終わり、修了証書授与式になり各人感慨深く受け取り、写真もパチパチ。
いよいよお別れです。
宮司さん、貴重なお話、ありがとうございました。
民宿のおばあちゃん、色々お世話になりました。お元気で。
今回知り合った参加者の皆さん、楽しい時間、ありがとうございました。
そして何より、津村先生,深い内容の講義をわかりやすく教えて頂き,ありがとうございました。ごちそうも美味しかったです。
皆さん、また、いつか……。    
 合掌

クリックすると元のサイズで表示します
2011年11月の水害の傷跡も生々しく残る

 
クリックすると元のサイズで表示します
最後の朝食の前で参加者全員で
0

2015/5/17 | 投稿者: SUMIKO

5月2日(土) いい天気。やっぱり寒〜い。
★6:00〜 早朝練功(室内で)
●7:30〜 朝食。黒米入りおかゆ、赤だしみそ汁。漬け物いろいろ。
★9:00〜 天河神社正式参拝(神社本堂にて)
祝詞(のりと)を最初から最後まで聞いたのは初めて。
ゆったりとした笛の音、太鼓の微妙な響き、伸びやかに通る宮司さんの声。音魂や言霊が身体に染み渡ります。この参拝の前後,何人かの人がそれぞれ不思議な体験をしました。(あとで聞いてわかりました。)私は参拝の最中、かげろうのようなものが立ち登っているのが右端から左端まで見えました。宮司さん曰く、「よくあることです。」
●12:30〜 昼食、担々麺(本場風の汁無し特製ソースがけ)鶏の唐揚げ、砂肝煮、人参とクルミのサラダ(作り方教わったのでウチで作ろう)。
★14:00〜 存思法、内丹法の講義、吐納(声を出す気功)、静定(チベット瞑想)。六字訣は丹田から口を経て声が響き渡る。その音の中にいるのが心地良い。
終了後、近くの温泉に入って帰ると,食堂で先生が休んでおられました。悪いかなと思ったけど、どうしても聞きたかったこと、私はティク・ナット・ハーン(ベトナム出身の仏教僧侶)に心惹かれている。もっと彼のことが知りたいと。すると先生はの紹介をしてくれました。なんと先生は1995年に彼を日本に招いていたのです。あとで調べてみなくては。
●17:00〜 夕食。二ソワーズ(魚介入りニース風サラダ、羊肉と鶏肉の串焼き、ラタトゥイユ、パエリア、フルーツヨーグルト)。
二ソワーズ、また食べたいです。
食後、再び神社へ。宮司さんと応接室?でお話会。宮司さんは先生と長年の友人で、私たちの気功に対する姿勢をとても評価してくれています。お茶やお菓子を頂きながら、夜が更けるまで色々な話をして眠い眼をこすりながら民宿に帰りました。



クリックすると元のサイズで表示します階段中程に椅子を並べてお祓いして頂きました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/13 | 投稿者: SUMIKO

5月1日(金) いい天気。だけど寒い〜。
海抜700m。気温8℃
★6:00〜早朝練功、導引と外丹功。指先がこごえて終わったらホッとしました。
●7:30〜朝食、北京式朝がゆ、腐乳、ザーサイ、ピリ辛キュウリ、ゆでピーナツ、油条(中華揚げパン)。おかゆに油条を浸して食べます。香ばしいおかゆになり、けっこうおいしい。
★9:00〜 亀蛇気功、波動功、抱朴子(これについては詳しく知らなかったのでいい機会でした。)吐納、内養功、導引行気。
●12:30〜昼食。天河カレー(高野豆腐・厚揚げ・天川豆腐・ムネ肉・百合根・ジャガ芋・玉ネギ・人参)、ミニサラダ、麦ご飯、福神漬,らっきょう。高野豆腐は戻したものを揚げたそうです。歯ごたえがあります。
★14:00〜飛鳥・天河神社・古代道教などの関連について講義と討論。日本書紀や古事記についての意外な史実に心がざわめく。
●17:00〜夕食。四川料理(棒々鶏・クラゲとキュウリの和え物・ナス味噌の海老せんべいのせ)、野菜炒め(ニラ・もやし・ネギ・薄揚げ・腐乳)、コンニャクの四川風、春雨のピリ辛炒め、四川麻婆豆腐。私の向かい側に座っているFさんは辛いの苦手で思わず「ワオッ!」。ナスの海老せんべいのせは珍しい食べ方でした。美味。
★20:00〜静定、天台小止観、背骨ゆらし、グルーミングで終了。
ふとんに入ってから,となりのIさんと神道の話や、プチ人生論などして、彼女はなんと優しくユーモアのある人だろうと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します
四川料理
クリックすると元のサイズで表示します
樹齢1200年の柳の御神木
0

2015/5/13 | 投稿者: SUMIKO

4月30日(木) いい天気。午前中に「筍の奈良漬け」と「玉色三輪索麺」をいくつか買い、土産物はこれで良し。
奈良駅から近鉄に乗り継ぎ1時間半。風景が段々田舎に。下市口駅に着き、やっと見つけた食堂で昼食。」自家製の梅干しが食べ放題でドンと店の中央に。おいしくてもそんなには……。1日に2本しかないバスに乗り、どんどん山奥へ。長いトンネルが下界から聖域へのトリップか? 1時間半でやっと天河神社へ到着。
バスを降りると数人に声をかけられ、合宿参加の人たちとわかる。軽く自己紹介。宿舎の民宿今西に荷物を置き,皆で天河神社に散歩兼お参り。0(ゼロ)磁場であるという太鼓橋の中央へ行きスマホのコンパスで確認。本当でした。
津村先生は早い時間に到着していて台所で民宿のおばちゃんと料理の仕込みをしてました。二人のうしろ姿、とっても楽しそう。
皆で先生に挨拶してから,それぞれ近くの温泉に入ったり、食事したり。
★18:00〜講義。背骨ゆらしなど五つの基本技法,気功体系、天河について、など学習。
●20:00〜交流会。先生お手製のオープンサンド。辛子明太子とジャガイモのサラダが美味しかった。
今回は各地から11名の参加(女性7名、男性4名)。個性的な人たちばかりで楽しくなりそう。
クリックすると元のサイズで表示します
天河神社
クリックすると元のサイズで表示します
先生お手製のオープンサンド
0




AutoPage最新お知らせ