2013/4/8

城谷晃が見るFXの今後  

城谷晃のノウハウを今日中に知る
城谷晃が見るFXの今後


城谷晃です。

今回、城谷晃はFXの今後、未来を考えます。

FX業界は、今年大波乱の年になりそうだ。

規制強化が本格的に実施されるからだ。

昨年8月1日に当局の規制が実施された「顧客証拠金の信託管理義務」が、6ヶ月間の経過措置。

今年1月31日に期限切れとなり、2月1日から全てのFX会社は「顧客証拠金の完全信託化」が義務付けられた。

FX業者は、資本金増額あるいは銀行借り入れなどの方法で多額の資金調達をしなければならなくなった。

昨今の大不況下、資本増額も銀行調達も簡単では無い。

資金調達面からの統廃合は加速されよう。

また、今までの顧客証拠金増額の積極的な経営方針も、資金調達能力に応じ方針変更をする必要があろう。

今年8月1日からレバレッジ規制が実施され、レバレッジは最高50倍に、来年8月1日からは最高25倍となる。

FX会社にとって、この規制の方がつらいかもしれない。

今までFX会社にとって大きな収益源となっていた短期間で多額の売買を繰り返すデイ・トレーディングが大幅に減るだろうと予想され、大幅な収益減少が懸念されるからだ。

以上、城谷晃です。

[関連記事]
城谷晃のプロ集団を今日中に知る

[旬のワード]
尾台あけみ マリー・オリギン 七輪焼肉 安安 マーガレット・サッチャー 北斗晶 高木美帆 もち麦 マリオ・バロテッリ HITOE

[PR]
0

2013/4/1

城谷晃からFXを学べ 城谷晃プロ  

城谷晃グローバル 城谷晃のノウハウを今日中に知る
城谷晃からFXを学べ


城谷晃です。

本日、城谷晃からFXのデメリットを教えます。

FXを始めるに当たり、やはりFX投資する際の取引のデメリットというのは知っておいた方がいいでしょう。

まずFX投資のデメリットは儲けが少ないという事でしょう。

FX取引を始めやすいという事からかけ金を極力抑えて投資をする事が出来るようにしたためにこのような事が起きています。

賭け金が低いところではなんと千円から取引をする事ができる会社も出てきています。

しかし、その分リターンも少ないのです。

しかし、FXにはそれをカバーする仕組みも実はあるのです。

一体それは何かといいますと、レバレッジというものです。

レバレッジというのは投資をする際に必要な金額と実際にFX投資をする際に投資する金額との比率の事を言います。

どのような事かと言いますと、FXを始める金額は一万円で良いです。

実際にFX会社が投資する金額は百万円ですよ、ということになればレバレッジは百倍ということになります。

一万円だけで百万円の投資ができるのですから儲けが出た時のリターンは相当な額になります。

しかし逆に相場変動を見誤ってしまうことになればたちまち証拠金は底をついてしまうことでしょう。

このレバレッジというのはFX会社によって異なってきます。

必要な証拠金が十万円からで会社の売買金額は百万円ということになればレバレッジは十倍ということになりますね。

初心者にとってはレバレッジというのは低い方がリスクが低く向いていると言えます。

レバレッジをかけるにしても三倍から五倍程度までに抑えておいた方がいいでしょう。

そうすることで取引におけるデメリットを少しでも低くしリスクを減らすことができるのです。

以上、城谷晃です。

[関連記事]
城谷晃が紹介する「日産 エクストレイル 2.0 20X 4WD CD キーレス アルミ」 城谷晃ノウハウ

[関連タグ]
城谷晃ホールディングス 城谷晃コンセプト 城谷晃ノウハウ 城谷晃プロ 城谷晃グローバル 城谷晃マーケティング 城谷晃コンサルティング 城谷晃サービス 城谷晃アジア 城谷晃コミニケーション 城谷晃ファンド 城谷晃プロデュース

[PR]
探偵の風評被害対策&誹謗中傷対策 WSS-Research
風評被害・名誉棄損・誹謗中傷対策 | ルシエルブルー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ