2020/8/10

お知らせ  



 8月に入り、今年の夏も本格的な暑さになりました。

 新型コロナも大都市を中心に感染が拡大しています。

 まだまだ油断のできない状況が続いています。

 ところで私自身、この夏のお盆休みを利用して、密

 を避け、人氣の少ない場所を探して小さな旅にでてみ

 たいと考えています。合氣の道を、残りの人生を如何

 に生きるか、何か良いヒントを求めて。


 8月11日から8月17日まで夏季休暇といたします。

 9月6日(日)9月20日(日)9月27日(日)の

 神戸常盤アリーナの稽古は剣道場です。

 10月4日(日)神戸常盤アリーナは剣道場。

 10月11日(日)神戸常盤アリーナは研修室B。

 10月18日(日)神戸常盤アリーナは研修室A。

 11月8日(日)神戸常盤アリーナの稽古は会場

         使用不可のためお休みです。


           以上
0

2020/7/13

お知らせ  



 新型コロナの感染者が関東地方を中心に急増しています。

 政府は、検査数が増えたからと説明しています。

 しかし、不思議に思うのは欧米人に比べて東洋人の死亡者

 が圧倒的に少ないということです。日本人の死亡者は報道

 によると7月12日現在、21528人の感染者中983

 人、それも高齢者で以前から疾患を持っていた人が多数と

 聞きます。

 やはり、厳しい状況の中でも、心身のバランスを崩すこと

 なく、自分自身の生命力を高めていくことが感染から身を

 守り、重篤化を防ぐ道と考えます。


 7月17日(金)王子スポーツセンターの稽古は会議室。

 7月19日(日)、7月26日(日)の神戸常盤アリーナ

 の稽古は剣道場。

 8月2日(日)神戸常盤アリーナは多目的室。

 8月11日(火)〜8月17日(月)まで夏季休暇といた

 ます。


 9月6日(日)、9月20日(日)、9月27日(日)の

 神戸常盤アリーナの稽古は剣道場です。
1

2020/5/30

お知らせ  



 5月25日の緊急事態宣言の解除をうけて

 神戸王子(王子スポーツセンター)は6月5日(金)、

 神戸西代(神戸常盤アリーナ、県立文化体育館)は

 6月7日(日)、姫路道場は6月6日(土)からの

 稽古再開となります。

 播磨町道場(播磨町体育館)は会場使用の事情で、

 6月も稽古はお休みいたします。明石望海(望海コミ

 セン)ですが5月30日現在、明石市による再開の決

 定はなされておりません。

 琴心館本部ですが、通常通り稽古を継続いたします。

 連盟傘下の各道場の会員の皆さんは、各道場の指導責

 任者に確認をお願いいたします。

 兵庫県下では、もう何日も感染者は確認されていません。

 しかし、北九州市や北海道では第二波が報告されていま

 す。私自身も含めて、ウイルスの感染には細心の注意を

 はらいと思いますが、合氣道の稽古の特徴である直接接

 触は避けられません。そこは普段の稽古仲間を信じて氣

 の錬磨を続けるしかありません。氣を出してこの難局を

 乗り切っていきましょう。


 尚、

 6月7日(日)神戸常盤アリーナの稽古は剣道場。

 6月14日(日)神戸常盤アリーナは研修室A 。

 6月19日(金)王子スポーツセンターは会議室。

 6月21日(日)神戸常盤アリーナは研修室C。

 7月12日(日)神戸常盤アリーナは多目的室。

 7月10日(金)王子スポーツセンターは会議室。

 7月17日(金)王子スポーツセンターは会議室。

 7月19日(日)神戸常盤アリーナは剣道場。

 7月26日(日)神戸常盤アリーナは剣道場。

            以上
1

2020/5/5

お知らせ  



 緊急事態宣言の期限が5月31日まで延長されました。

 琴心館では施設の使用制限により、神戸王子(王子スポ

 −ツセンター)、播磨町(播磨町体育館)、神戸西代(

 神戸常盤アリーナ、県立文化体育館)明石望海(望海コ

 ミセン)、姫路道場などの稽古が、5月31日まで中止

 になります。

 琴心館本部ですが、密な状況に引き続き、氣を配りながら

 、少人数での稽古は継続しております。

 自粛が長期間になるとウイルスだけでなく心の萎縮も伝染

 し、頑なな心になりがちです。こんなときこそ、調和のと

 れた柔らかな心と身体を保ちたいものです。

 連盟傘下の道場ですが、現場の状況を把握している指導

 責任者に判断はお任せしています。

 
1

2020/4/9

お知らせ  

  

  4月7日、兵庫県にも緊急事態宣言が発令されました。

  琴心館では、神戸王子(王子スポーツセンター)、

  播磨町(播磨町体育館)、明石望海(望海コミセン)

  は、現在のところ5月8日まで稽古を中止しておりま

  す。加えまして神戸西代(常盤アリーナ、県立文化体

  育館)、姫路道場も5月8日まで稽古を中止いたしま

  す。

  琴心館本部では、所在地である明石市の感染者が4人
 
  と少数のこともあり、密な状態に注意をはらいながら

  状況を見守りながら稽古は継続しております。

  連盟傘下の各道場では実際に現場の状況を把握されて

  いる指導責任者に判断をお任せしています。

 
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ