2022/5/5

お知らせ  



  3年ぶりの行動制限のない5月のゴールデンウイークです。

  全国の観光地もようやく活氣を取り戻してきたようです。

  近くの明石公園でもイベントが催されており、結構な人出

  でした。

  私はというと、あまり遠出はせずに近場でのんびり過ごし

  ています。身近な出来事といえば32歳になる娘が週1回

  合氣道の稽古を始めたことです。氣に関心が出てきたので

  しょうか。

  合氣道の稽古は、自分自身の氣〔生命力〕を高め、できる

  限り長く人のお世話にならないように、愉快に長生きがで

  きるように、心と身体の正しい使い方を学ぶ道でもあります。

  植芝盛平翁は「合氣道は65歳からじゃ」と言っておられた

  そうですが、私自身これからが合氣道修行の本番と考えてい

  ます。

  日曜日午前の稽古ですが

  5月8日(日)研修室A。

  6月5日(日)剣道場。

  6月12日(日)研修室A。 

  6月26日(日)研修室A。

  その他は神戸常盤アリーナの柔道場です。

  4月の昇段審査で昇段された方を発表いたします。

  初段      前野 温志


             以上
1

2022/4/7

お知らせ  




 ウクライナとロシアの戦争は終息する氣配を見せません。

 それどころか戦争の真の姿、残酷な現実が映像を通して

 世界に配信されています。戦争ほど、愚かで残酷で、浪費

 のさいたるものはありません。私たち日本人は、決して

 戦争などしないと固く決意すべきです。

 それでも現実に戦争が起こってしまうのは、相手国の実力

 を過少に評価し、自国の実力を過信することから起こると

 いわれています。今のロシアがそうです。

 「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」という孫氏

 の有名な言葉は、現代においても決して色あせていません。

 「生存競争、弱肉強食というなかれ。真の成功の道は争わざる

 理、すなわち平和への道と全く同一の道である」という藤平
 
 光一師の言葉を心に刻み、合氣の道を歩みたいと思います。



 日曜日午前の稽古ですが

 5月8日(日)は研修室A。

 6月5日(日)は剣道場。

 6月12日(日)は研修室A。

 その他は神戸常盤アリーナの柔道場です。


               以上


4

2022/3/2

お知らせ  



 ロシア軍のウクライナ侵攻が、連日、取り上げられています。


 長年、ロシアで合氣道を指導し、多くのロシア人と接してきた

 
 ものとしては心を痛める問題です。だいたいロシアとウクライ

 
 ナは兄弟のようなものです。合氣道の弟子の中にはウクライナ

 
 人の妻をもつロシア人指導者、ウクライナ人の親戚、友人を持


 つロシア人が多くいます。ロシア軍の侵攻が起こる以前は、


 民間レベルではロシアに住むウクライナ人も、ウクライナに住


 むロシア人も仲がよかったのです。ところが国家レベルになる


 とお互いにいがみ合い、戦争になっています。悲しいことです。


 早く戦争が終結し平和が来ることを祈るばかりです。



 ところで、3月20日(日)午前の稽古ですが王子スポーツセ


 ンター会議室で行います。その他の3月、4月の日曜日午前の


 稽古はすべて神戸常盤アリーナ柔道場で行います。


 2月の昇段審査で昇段された方を発表いたします。


 初段    河崎 菜摘


               以上
1

2022/2/2

お知らせ  



 2月に入り、まだまだ寒い日が続いています。

 それでも、近くの明石城公園を散策してみると

 あちこちに春の氣配を発見しました。琴心館道

 場前では水仙の花が咲き、梅の木には花が綻び

 始めました。本部道場内では寒稽古の真っ最中

 です。コロナ下の厳しい状況の中でも合氣道の

 稽古で心身を鍛錬し、前向きに生きる氣を練り

 あげてください。


 毎週日曜日、午前の稽古ですが、

 2月13日(日) 会場にキャンセルが出ましたので

          神戸常盤アリーナの柔道場です。


 2月27日(日) 王子スポーツセンター会議室。


 3月20日(日) 王子スポーツセンター会議室。


 上記以外は、すべて神戸常盤アリーナ柔道場です。


               以上

         
1

2022/1/2

謹賀新年  

  

 令和四年の幕が開きました。

 私自身、合氣道の専門家として四十三年目を迎えることになります。

 幸いなことに、まだまだ氣力も充実し、心身ともに健康なのです

 が、現状維持、一日一日の生活に満足しがちです。

 そこで師であります藤平光一先生が、私の年齢の頃はどうだったか

 を、つい比較してしまいます。先生は古希の頃から更なる高みを目

 指して精進を重ねておられました。そして九十一歳の生涯を全うさ

 れました。

 私もこの世に生ある限り、氣の道に一層精進を重ねたいと思ってお

 ります。

 皆様のこの一年の益々の修行達成を心よりお祈り申し上げます。

                     


   令和四年一月 昇段された方々を発表いたします。

         四段   鄒  慧城

         参段   永田 友紀

              島田 哲剛 

         弐段   高馬 三枝
        
         初段   高木  稔

               吉田 二郎


                  以上
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ