2011/3/18  20:48

なぜ津波が確実に来るところに建てるのか  

 今回の東北・関東の大震災、お見舞い申し上げます。筆者の知人もいるので心配です。

 岩手県の大槌町では中心街にあった図書館は跡形もなくなってしまったそうです。13日の記事なので、時間が経つと消えてしまうかもしれませんので、お早めに見てください。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110313-OYT1T00306.htm

 追手前小跡地は確実に津波の来るところです。図書館を建てるにしても、素早く避難誘導できる程度のもの以上はつくるべきではないのではないでしょうか?

 合築の図書館はやはり危険です。確実に津波につかります。将来のことですが、確実に死者も出ます(避難誘導の限度を超えています)。貴重な資料も現物はなくなってしまうと思いますが、人の命の方が大事です。

139



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ