2011/2/10  23:58

やはり解決していない駐車場問題  

駐車場を100台程度用意するとのことだが、一つ前の記事の表に示した他県の状況を見ると、100台を越える数を用意している。

しかも、今回、新資料館の土地の確保のために、すでにある民間駐車場を12億で買ってつぶしてしまう。

新図書館の面積を減らすことによる建設費の削減が20億くらいなどと言っていたが、減らせる面積が半分になったので、削減費も10億くらいだろう。

12億で駐車場買って新資料館の面積を増やし、図書館の面積減らして10億減るといったところで、いったいどんな意味があるのだろうか?

コンパクト・シティを言うなら、中心市街地にはむしろ車乗り入れ禁止にして、市街地周辺部に大規模駐車場を用意し、市街地内は路面電車やバスや業務用の電気自動車等で動くという仕組みにしないといけない。

今回のような計画を本気でやるなら、そういうことも合わせて計画せねばならないのではないか?

8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ