2011/2/11  23:48

新図書館フォーラム(四万十市) その2  

 四万十市での新図書館フォーラムで出た、合築に賛成ではない意見をまとめます。

1 スケジュールが短すぎて拙速である。かつて2002年に高知市民図書館の単独整備を検討したときは、検討委員会は10回行い、全国の図書館視察なども行っている。

2 面積の具体的内訳がわからないと、十分な面積なのか判断できない。(報告書の25ページ)本来必要な面積を積み上げていったものなのか? 追手前小敷地に合わせてつくってしまっているような感がある。

3 利便性や節約が言われるが、図書館が1箇所減るということである。現在、県と高知市の図書館では、片方が曝書(蔵書点検等の特別整理閉館)しているときは、もう片方に行けばいいが、そういうことができなくなり、不便になる。
 もともと、図書館の利便性とは数がたくさん身近にあることである。

4 費用の節約が言われるが、合築のため、駐車場を地下にしたら10億かかり、駐車場の補助に2億7千万出し、統合のために4億もコンピュータ関係の費用がかかるなら、本当に節約になるのか?

5 検討委員会にしても合築ありきの感じがして、利用者の意見を積み上げていくという姿勢を感じられない。不信感を持っている。

6 県の小中学校課が本のリストをつくっているが、県立図書館の司書はリストづくりに加わっていない。こういう調子で本当に、県市の一体型図書館などできるのか。

7 そもそも何で、合築しなければならないのかの論拠がよくわからない。コストカット以外に納得できる理由がない。

8 県立図書館と市立図書館とでは、機能もサービス範囲も違う。

9 報告書の26ページの中ほどに書いてあるが、組織体制がちゃんとしていればいいと言うが、これでは、現場に責任を丸投げしている。

10 今回のフォーラムにしても、四万十市民には知らない人が多いと思う。もっと持ち方を検討すべきだ。

11 運営体制が疑問。

12 責任区分や役割調整が難しい。

13 指定管理者制度は矛盾だらけ。合築で本当に直営を堅持できるのか。

14 図書館日本一の滋賀県などは、設置者の姿勢が明確で、県として、県全体の図書館振興を行った。そういうことが、合築でできるのか?

15 高知駅前県有地を単独整備でなぜ検討しなかったのか? 「とさてらす」のような観光施設とも合わせることは可能なのではないか。

16 県立図書館と各市町村の図書館とは相互補完の関係にあるので、一緒にしてしまうと、かえってその関係が維持しにくくなる。

(高速道路と一般道路は、同じ道路でも、長距離高速輸送と、身近な輸送とを相互に補完し分担しているというようなイメージでおっしゃったのだと思います。 筆者コメント)

17 図書館は民主主義の基盤である。異なる自治体の合築図書館でそれが果たせるのか。

18 本当に必要な面積が十分確保されていない。これでは蔵書を増やすのに限界がある。また、いろいろな施設をつめこみすぎ。

19 上意下達でスタートしていることがそもそも良くない。

20 コンパクト・シティとか、商業的な部分とか、本来の図書館サービスとは異なる部分を優先させるのはいかがなものか。本質的な論議を最初にすべき。

21 東西軸の活性化など高知市だけの話である。幡多にとって何の意味があるか。東西に長い高知県全体のことを県は考えてほしい。

22 なぜ、「高知県の図書館行政のあり方(提言)」を論議しなかったのか。なぜ、「提言」は削除されたのか。合築ありき、追手前小敷地ありきの議論ではないか。

23 高知県には資産は人材くらいしかないのに、なぜ、こんな貧しい発想で図書館を構想するのか。図書館は高知県全体の人材を育てるために重視しなければならない。

24 車でしか行けない地域の人がいるのに、それに対応していないということが致命的欠陥。

25 カウンターを市民図書館に委託し、県は派遣程度でやるというのでは、県立図書館の職員が、市町村の図書館などの現場職員の支援などできなくなってしまう。

26 日曜市が開催される日曜日が一番利用が多いはず。交通上、問題が起きるし、危険だ。


 不足の点や、ニュアンスが違うという点はコメントください。

 なお、批判ばかりでなく、県の子ども読書活動支援員については、今後も続けてほしいという意見、そして、資料費の増額や、高知市民図書館に司書職制度を導入するということについては非常に良いことであるという評価がありました。

 
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ