2011/2/13  9:17

蔵書の収容力改訂版  

★以前、作った表を新図書館1万5千平米でつくりなおしました。

 蔵書の収容力というと、書庫だけをみてしまいがちなのですが、開架スペースやその他のスペースでも、荷重に耐えられる設計にしておけば、書庫に転用もある程度可能です。
 そこで、新館にした府県立図書館の全体の床面積と想定している最終的な収容冊数、そして1平米あたりの冊数がどうなっているのか、一覧にしてみました。

新館にした府県立図書館の蔵書収容力

※床面積は平米

府県 床面積 収容冊数 冊/平米
岩手___10590_____153万____144.5 ※自動化書庫導入
奈良___11821_____100万_____84.6 ※自動化書庫導入
岡山___18193_____230万____126.4 ※自動化書庫導入
福井___15317_____190万____124.0 ※若狭図書学習センターは含まず
京都____7478_____150万____200.6 ※自動化書庫導入
茨城____9459______77万_____81.4 ※三の丸書庫含む
宮城___18101_____150万_____82.9
大阪___30771_____350万____113.7 ※中之島図書館は含まず
岐阜___25206_____110万_____43.6
大分___11142_____160万____143.6
高知
原案___13000_____205万____157.7
高知
新案___15000_____205万____136.7 ※県と市の一体型(市の本館分蔵書含む)

 原案では、自動化書庫を導入していないところでは、高知県・高知市一体型図書館が平米あたりの冊数は一番多くなっていましたが、新案では、大分県立より余裕があるようになりました。

 これも植松委員の指摘により変わったわけです。

 しかし、大分県立図書館は、除籍を行い、それを県民に配布したため、交通渋滞が起き、テレビでも報道され、陳謝したということが最近あったことをご存知でしょうか?

4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ