2011/2/13  9:35

費用の問題  

 1万5千平米に新図書館の面積が変わっているのに、中間報告の表は1万3千平米のままです。この表では、平米40万円で計算し、18億1千万削減できるとしています。削減できるとした面積が4千平米から、2千平米になりましたので、8億はさらにかかることになり、削減は10億1千万程度ということになります。

 しかし、これで、地下の駐車場を整備するなどというと、あっという間にこの削減は意味がなくなります。

 それから、追手前小敷地からちょっと離れた財務事務所の土地を「新資料館」にしますが、こちらは面積が足りず、隣の民間駐車場を12億くらいで買うそうです。

 もし、県立を別な場所に建てて、新資料館と新高知市民図書館を同じ土地に建てれば、ただでさえ少ない駐車場を買う必要もないのではないでしょうか?

 つまり、削減どころか、かえって2億余計なお金を払うことにならないでしょうか?

 確かに、シキボウ跡地などを買うのであればお金はかかりますが、もともと県も出資している土地開発公社のものです。通常の買物とは異なります。

 さらに、中間報告のコンピュータの費用は、合築でもなんでもない山梨県の例を(甲府駅前に建てることになっている)ひっぱってきています。特殊なプログラムにしなければならない合築図書館で同様に行くとは考えられません。

 特殊なシステムですと、最初だけでなく、継続的に余計な費用が発生します。

 人件費にいたっては、勝手にたいして忙しくならないだろうという思い込みで作られています。

 正職員40人、臨時16人となっていますが、本当に大丈夫でしょうか。

 図書館は土日や夜間もやっているため、2交代制ですので、カウンターに一度につける人間は約半分です。この56人が全部カウンターにいっぺんにつくことは無理です。館長だの副館長だのチーフだの係長だのだけで、示された組織図だと13人くらい必要になります。これだけで、実質43人です。さらに庶務・管理だの市町村支援だの学校支援だの障害者サービスだの資料の分類・目録等整理及び資料管理だのがあり、また、ビジネス支援や電子化にあたる人も差し引かなければなりません。業務量の拡大によっては、さらに人が必要になります。集中化した図書館になりますので、業務量は予想もつかないほど多くなる可能性もあります(高知が人口少ないと言っても、高知市だけで35万人ほどあり、潜在需要は大きいです)。

 カウンターは、(1)貸出し・返却、(2)レファレンス、(3)子ども読書室、(4)郷土資料、(5)ビジネス支援、(6)書庫出納といったものは最低必要になります。

 ここに、平均3人のべ6人配置しただけで、6×6=36人必要になります。平均2.5人のべ5人でも5×6=30人必要です。これ以上少なくすることは物理的にも無理です。

 残りの人数つまり、46-36=10あるいは46-30=16という数字で大幅に拡大する市町村支援や学校支援、障害者サービス、また、購入図書が一気に増えることによる図書等の整理、さらには電子化などできるかというと、部分的な委託なども活用したにせよ、かなり困難な運営を強いられそうです。市町村支援が県内3ブロックに3人派遣し、さらに、県立図書館で協力貸出しの業務を3〜4人程度でがんばったとしても、6〜7人かかります(最低限度の数字です)。また、学校支援もどの程度やるかによりますが、4〜5人は最低つけないと効果があがらないでしょう。障害者サービスも同様です。整理は委託を活用しても、監督・点検する人は3人くらいは最低必要です。それに、なにを書庫に入れるか、何を開架に出すかといった判断は、専門の司書でないとなかなか適切にできません。電子化や郷土資料も本格的にやるなら、最低3〜4人はいるでしょう。

 これだけで、もう23〜28人くらいになってしまいます。さらに、高知市の分館支援だの、移動図書館担当だの多文化サービス担当だの、広報・PR担当だのにそれぞれ最低1.5人くらいだとすると、13〜24人くらいは確実に不足してしまいそうです。あと、庶務関係の人だって4〜5人はいるでしょう。すると、17〜29人くらい不足になるかもしれません。これを無理にやったら、いろいろ述べられているサービスはただのお題目になることは必至です。

 しかし、これは最低限の話で、しかも、大幅な利用増を考えていない話です。

 ご存知でしょうか、長崎市の市立図書館は、指定管理者運営でさえ、90〜100人近いスタッフが働いています。

 大丈夫ですか?

 長崎は県と市の合築を撤回しましたが、もし、していたら、どれだけ人が必要なことになったでしょうか。
17



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ