2011/2/18  7:14

前高知県立図書館長の意見(パブリック・コメント)  

前高知県立図書館長の丸地さんのお出しになった意見(パブリック・コメント)を許可をいただいたうえ、掲載します。

(以下、丸地さんの意見)


新図書館基本構想中間報告書(案)(以下、「報告書」)について

 合築の賛否については、昨年、高知新聞へ寄稿したとおり反対なので、ここでは繰り返さない。以下、県が行うべき図書館行政とは何かという観点から報告書に意見を述べる。

1.市町村立図書館(高知市以外)の職員体制の充実を
「B図書館ネットワークの構築と市町村立図書館への支援機能」(報告書p7)は一定評価できるものの、支援だけで県内全域の読書環境、情報環境を改善するのは難しい。市町村教委の意識改革が必要である。高知市以外では、職員数が1〜2人の図書館も少なくない。その様な体制では、専門性を高めるための研修に参加することが難しい。人員体制の充実が急務である。
人の配置について、県は市町村教委の理解を得る努力をすべきであり、知事が先頭となって国にも働きかけるべきである。このようなことでこそ、高知県には「日本初」となってほしい。
人口が減少すれば解決すべき課題は逆に増え、解決に役立つ資料・情報が必要となる。先に述べたとおり、人員体制を充実させ、そのような資料・情報要求に十分に応えられるようにしてこそ、「イ 物流ネットワーク」(同p8)の「毎日届けられる」物流体制が有効となる。

2.全県域を視野に入れた目標設定を
来館者への貸出冊数を目標とするより、図書館未設置地域の解消を目標とすべきである。そうでなければ、県民一人あたりの貸出冊数を増やすという目標の実現は難しい。

3.十分な投資を
高知県は全般的に、図書館への投資が少なすぎる。これからは、もっと投資をすべきである。理由は1で述べたとおりである。
第3回基本構想検討委員会で、事務局から新県立図書館の資料費として1億円が提示されたが、これは評価したい。それを継続的・定常的に措置し、それに見合う人員体制を強化して県内全域の読書環境の改善を図るべきである。

4.県教委の機構改革を
 「館長の役割」(同p 20)で権限強化が謳われているのは、評価できる。率直に言って、高知県では、県生涯学習課が図書館振興の障害となっている。イベントが多すぎる。手段のはずのイベントが目的化してしまい、周囲がそれに振り回されている。はたして、存在意義はあるのか。
生涯学習課を県立図書館の主管課とする現状を改め、県立図書館を県教委の独立した課とするような機構改革が必要と考える。「餅は餅屋」という言葉のとおり、図書館の現場の意見が尊重されることも機能・サービスを向上させる上で重要なことである。
16



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ