2011/2/19  20:51

図書館や博物館の目的  

 図書館や博物館は、社会教育法上の社会教育施設であり、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」では教育機関である。

 教育の目的とは何かというと、教育基本法第1条に書いてある。

(教育の目的)
第一条  教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

 教育基本法は近年、改正されかなり論議もあったが、第1条に書かれていることは、そんなにおかしいことではないだろう。もちろん、「人格に完成などということがあり得るのか」とか、「教育は国家を超えた普遍的なものだ」とか、「心身ともに健康などと言っても、どうしようもない病気や障害をかかえた人はどうなるのだ」など突込みどころもないわけではない。

 ただ、はっきり言えるのは、教育の目的は商店街の振興でも観光でもないことである。

 図書館や博物館が商店街振興や観光に役立つこともあるが、それが目的ではない。

 図書館も博物館も、その資料を通じて、住民に学んでもらい、自らも研究することが主目的である。図書館や博物館の司書や学芸員は、この学びのお手伝いをするのだ。

 そして、その学びの成果として、商店街が復興したり、観光が盛んになったりするのである。図書館や博物館の事業の成果とは、そこに何人客が来たとか、そういうことよりも、そこで住民が学ぶことにより、住民ひとりひとり、また、地域としてどのような成果があったかということなのである。学びを通じての成果である。

 ここの手段と目的の履き違えが今回の合築問題の根底にある。

14



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ