2011/3/3  21:21

単独と合築の比較3  

 単独と合築の比較表をさらに見てみよう。

 「調査研究資料の充実」として、単独整備では「資料の問題であり、予算が同額ならば合築と変わらない」とあり、合築では「資料の問題であり、予算が同額ならば単独と変わらないが、財源論で言えば単独よりも充実した資料の収集が可能」となっている。これまた、よくわからない「財源論で言えば」というフレーズがある。合築の方が、県と市が単独に整備した場合よりも資料費がたくさんになるのだろうか? その根拠がよくわからない。合併特例債のように、合築補助金でもあるのだろうか?
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ