米国コロラド在住のライフコーチ、マイケル・フレミングののAwakening to presence (ATP)、認定コーチ栗田里香の活動のご案内をします。 ATPマイケル・フレミング公認プロフェッショナル・コーチ栗田里香のブログです。 栗田里香公式ホームページ http://atp-coach-kurita.com
2014/10/16 | 投稿者: 栗田里香

今日は、臍(へそ)の緒について書きます。

解剖学のテキストをめくりますと、赤ちゃんのページがあります。

そして、生まれる前(お母さんのおなかの中)と、

生まれた後のイラストがあります。

そこには、なんと、臍動脈索(臍動脈の閉塞部)というものがあります。

臍の緒を切ってもらったあと、使われなくなった部分が

からだには、何か所かあるのですが、

ワークをしている中で、その部分に感覚を感じることがあります。

臍の緒を通じて、お母さんからは栄養分、血液が流れて来るわけですが

お母さんの体調がわるかったり、心理的に辛かったり、

あるいは環境から何か毒性のあるものが入ってきてしまった場合、

その部分に何かを感知することがあります。

(ほかのケースもあるので、必ずしも上記の場合とは限らない)

プレバーバル(3才以前)の経験については、

ATPのメソッドでは、身体性から、探索していきます。

それが、大人になってからも何か関連している可能性があります。

お医者さんには「なんでもありません」と言われる、

原因不明の腹痛、胸痛と関係していることもあります。

私は、これを知ったとき、ちょっと驚きでした。

いくつかのケースを見て、また、

関係する書物を読んで、納得がいったのですが、

身体にはまだまだ未知の部分があるのですね。



参考:ネッター解剖学アトラス原書第3版 南江堂
   図225 「出生前後の血液循環」






0

2014/10/13 | 投稿者: 栗田里香

セッションルームですが、

東京の日本橋と小田原にあります。

小田原は自宅なので、こじんまりとしたお部屋です。

窓から太平洋と小田原城が見えます。

お昼はお刺身定食などがおいしい街です。

駅から5分くらいです。

自分のリセットにワークをするときには、

こんな街に来るのもいいかもしれません。

山も見えて、何となくのんびりしています。

日本橋のセッションルームは、2重サッシになっています。

もし号泣しても、隠れている怒りにアクセスしても、大丈夫です。

日本橋のにぎやかなエリアにも近いのですが、

ちょっと隠れ家的な場所なので、

そこだけ静かな空間でもあります。

窓が南と西にあって夕方は夕日が見えます。

首都高がみえるのですが、窓を閉めていると、

音が聞こえず、サイレント映画のようです。

帰りに三越デパートの地下に寄ってお買い物できるとかで

よくそんな話題がでます。

ちなみに私が気に入っているのは、地下のジュースバー、

7階の催し物会場です。

今日はセッションルームのご案内でした。

セッションは小さな旅かもしれません。

周辺散策もしながら、気軽にきてくださいね。




















1
タグ: 癒し 夕日 散策




AutoPage最新お知らせ