2018/11/8

GSX1100S ホイールセンターズレ修正  メンテナンス

車検整備中のGSX1100S 

右側ナットの座面が面でないのが

気になって、


クリックすると元のサイズで表示します


ホイールセンター確認したところ、

目で見て分かるほどにずれてます。

右側、アウターチューブとディスクの隙間 4mm

左側、アウターチューブとディスクの隙間 7mm

その差 3mm 左側カラーのツバを1.5mm削れば

帳尻が合います。気になったナットの座面の飛び出しも

1.5mm

カラーを1.5mm旋盤で削ります。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



キャリパーサポートは精度の良いサポートだったようで

キャリパーセンターもどんぴしゃ出ました。

気になった、ナットの座面もドンピシャ面になりました。




クリックすると元のサイズで表示します



ホイールセンター出し無事終了です。

後はリアのホイールベアリング待ち。

錆が始まっていたので交換です。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



純正の片面シール、両面開放式のベアリングを

丈夫で、長持ちの両面シールに交換します。



1

2018/11/8

ZEAL キャブレターフルオーバーホール  メンテナンス

他店でキャブレターオーバーホールしたけど

全く調子が変わらなかった ZEAL


クリックすると元のサイズで表示します


オーバーホール済みなら、調整だけすれば

調子が出るかと思い、調整しましたが

駄目駄目でした。なんちゃってキャブレター

オーバーホールだったようです。

暖機後の圧縮は4気筒とも問題なかったので


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


キャブレターフルオーバーホール


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


プラグの清掃


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


キャブレター調整で完調になりました。

バイクが輝いていた時代の

オートバイ、今乗っても速いですわ。

後日タイヤ交換済ませました。

ブレーキ、足回り、順番に施工して

エンジン、車体共に完調なバイクにしましょう。




2

2018/9/19

鉄リムは嫌いです  メンテナンス

タイヤ交換の時に、うっぷとなる鉄リム


クリックすると元のサイズで表示します


ブラスト、塗装後


クリックすると元のサイズで表示します



2

2018/9/19

クラッチプッシュロッド  メンテナンス

クラッチを動かす為の棒 プッシュロッド


クリックすると元のサイズで表示します


写真はGSF1200の物ですが。

隼だけは、神経質に見てあげましょう。

錆びの向こうにオイルシールがあります。

隼だけは、エンジン分解しないと交換出来ません。

去年の嫌な思い出。   笑)



2

2018/9/19

ビューエルフロントフォークオーバーホール  メンテナンス

ビューエルのフロントフォークオーバーホール



クリックすると元のサイズで表示します


データもないので

テクニクス様にお任せしました。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ