最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/9/13

便秘・腹直筋離開の子たちも“まきまき”  赤ちゃん・子ども

7/2に幼児の腹直筋離開について、
8/1に重症化する子どもの便秘について書いて以来、
子どもの体に関する相談が多い。

相談を持ちかけて来られる一番多い職種は、助産師。
その他の医療儒従事者や、療術関係者も多い。

現在乳児を“まるまる育児”で育てているお母さん達も
「実は上の子が…」と、施術予約をとって、
次回に一緒に連れて来られることが増えてきた。

症状は、便秘、腹直筋離開、姿勢が悪い、リトミックができない
習い事が上達しない…など、さまざま。

そんな子どもたちの多くは、腹直筋が離開している。

5年間ほど私が名古屋サロンでケアしていた子と、
先日、京都サロンで出会った。

小学2年生になっていて、この日は、
渡部博樹の施術を受けに、お母さんと一緒に来館していた。

念のため腹直筋を…と触らせてもらったら、
なんと、上から下まで、全開(@@;

お母さんに尋ねると“おひなまき”はしていたが、
ずーっとではなかったようで、
包み方もピッタリではなかったよう。

去年までの私は、出ベソでない限り、
私は、丁寧に腹直筋を触ってみていなかったため
この子の腹直筋の記憶はない。

お母さんによると、
最近はだらしない姿勢でゲームをしていることが多く
いつも姿勢が悪く、ダラダラしていることが多いとのこと。

私がみても、その通りだと思った。

この子は胎児の時から、毎回、大きな目がパッチリ
エコー写真に写っていた。
つまり反り返った姿勢=反屈位だった。

反屈位の場合は、腹直筋が離開している子が多いことは
最近分かって来たが、
“おひなまき”をきちんとしてれば、治ることも分かって来た。

私の推測では、
この子は、胎内から腹直筋離開していて、
“おひなまき”で改善したが、完全にはくっつかなかった。

つまり、改善しきらなかった腹直筋離開が、
最近再び悪化してしまったのではと思う。

それで、その後、135cm×135cmの“おひなまき”で包み
マットの上で10分間ほど、ゴロゴロ、ケリケリし、
その後、診たら少し改善していた。

135cm×135cmの“おひなまき”はまだ未発売なので、
買ってもらうこともできない _| ̄|○

発売されるまで待ってもらこととした。


これは、各サイズ1枚ずつ入った“まきまきセット”を
購入した助産師Mさんの、小学5年生の女のお子さん。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

包まれたら、面白がって大喜びしていたそうですが、
頭をクッションで高くしてあげたら、
気持ち良さそうに横向きで寝てしまったとのこと。


これは、カイロプラクターママの、4才の男の子。
            ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

“おひなまき”になってゴロゴロ、けりけりと色々体操していると、
少しずつ腹直筋離開もマシになってきているのかな?」という感じだとのこと。

「以前はけっこうひどい便秘でしたが、この頃は順調に便が出ています。
本人は忍者の修行と思っているようです(^-^;」とのこと。

この子の妹は、胎児の時からずっと私がケアしていた子で、
まるまる育児で育てられた子。

「1才のお誕生日頃には一人で手すりを持って階段を昇り降りしたり、
お兄ちゃんよりずっとバランスよく色んなことをこなします」と。

上の子の体を「何とかシャキッとさせてあげたい」との
お母さん達の声が、日に日に増えている感じ。

何とかシャキッとしてもらいましょう。できます!

各サイズの“おひなまき”“おとなまき”の
単品発売が待ち遠しいです。
9
タグ: 便秘 子ども 姿勢



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ