最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/2/2

隠れ斜視・ビジョントレーニング  赤ちゃん・子ども

2年ほど前から「とても増えた」と感じるのが
ここにも書いたとおり、乳幼児の“寄り目”

雑誌などを見ても、載っている写真の子どもの
目がとても気になる。

クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
顔は真っすぐ前を向いているのに
片方の黒目の内側に
白目が全く見えない子が、たくさんいる。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
少し白目は見えるが、うつろで、左右の目の大きさが違う。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

4ケ所とも白目が見えて、屈託のない笑顔の赤ちゃんも。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
こんな写真を見るとホッとするのだが、少ない。

これは私のクライアント(2歳5ケ月)。目の動きが良く目力がある。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

左側を見る時も、顔をほとんど動かさず、目を動かして見ている。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   右側も同様  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

私は子どもの頃から視力も良く、見たことをすぐに模倣できた。
40歳頃までは目には自信があった。

ところが50歳を超えた頃から、
お酒を飲んだ後などに撮った写真を見ると
「あれっ、私って斜視だった?」と思うことが増えて来た。

下の2枚は汚い写真だが、私の59歳5カ月の時の、同じ日の写真。

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
  お酒を飲む前でまだ元気       飲んだ後
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こんな斜視っぽい目(隠れ斜視)になると
眼鏡をかけても活字が読みづらくなる。

    まさにこんな感じで、読む気にならない。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
    この写真はこのサイトから頂いた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは、ビジョントレーニング 1995(NHKテレビ番組)

私は50歳を過ぎてから、
疲れた時・眠い時・酒を飲んだ後などに
こんな目になって、見づらくなったんだから、
まあ、歳や、仕方がないと思う。

ところが、上のサイトには驚くべきケース
Wさんが紹介されている。

Wさんは子どもの時から左右の視力は
どちらも1.5だったのに、40代になってから、
「右目は見えていなかった」ことが判明した。

「本をちゃんと読めない、線を引くこともできない、
階段から落ちる、角にはぶつかる
青アザが絶えない子だった」が、

アメリカで5年間、さまざまなセラピーを受けて、
49歳で初めて、両目で見ることができるようになり
「世界が変わった」とWさんは言う。

上記サイトには、こんな写真などが紹介されている。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最初にこれを見た時
何の写真なのか全く分からなかった。
説明を聞いて、初めて牛に見えてきた。

見えるか見えないかが「視力」
つまり、視力=ものがハッキリ見えること

視力が良くて見えていても
それが何かわからなかったら、
視覚(ビジョン・視知覚)が良いとは言えない。

つまり、視覚=見ているものが何であるかがわかること

この写真は、私はアヒルに見えた。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

でも、視線を  に動かしてみる人はウサギに見えるのだと!

確かに、ウサギにも見える!

英語でも日本語でも、横に字を書くときは向きに書くので、
ほとんどの人は視線も同様に動かす。
なので、アヒルに見えると思う。

しかも、ウサギに見える子は、英語の単語を
 に読むことがあるのだと!

最初にたくさん乳幼児の目の写真を載せたのは、
眼科で「斜視ではない。心配ない」と言われても、
やはり、私は心配だから。

「隠れ斜視にならないのだろうか?」
「視覚が発達するのだろうか?」と。

でも、ビジョントレーニングをすれば、
物が良く見えるようになり、認識できるようになり、

球技も上手くなり、字を覚えるのも、
計算も間違えずに、素早くできるようになるという。

トレーニングをするには、時間がかかる。
遊ぶ時間も勉強する時間も減る。

程度が強いと、お金がかかることもあるだろうし、
それに、良くなるまでの日々は、楽しくはないだろう。

だから、生まれたら、できるだけ早くから
 マイピーロネオを当てて → クリックすると元のサイズで表示します
頭と首の境目のコリを緩めてあげるのが良いと思う。

私の施術を受けに来られた子には、
「這う」「ボール遊ぴ」「手遊び」などをお勧めしている。

すると、かなり強い“寄り目”だった子も1歳頃には改善する。

これは私が60歳になった時の写真。休日のお昼頃で元気な時。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
        こんな目の時はよく見える。
       良く見える時は幸せな気分になれる。

70歳を過ぎても眼鏡なしで新聞を読める人を
羨ましいと思うけど

「そんな贅沢は言わないことにしよう」と思っている。

90歳を過ぎたら
私は「歩けなくなっているかも知れない」と
半ば観念していて
「嫌やな〜」とはあまり思わない。

歌・踊り・空手・大極拳などをしていれば、
認知症にもならない気がする。

目が見えていれば
車いす生活者になったとしても
まだまだ仕事はできるし
生活も楽しめると思うから。
8
タグ: 斜視 子ども 視覚



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ