最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/2/12

田中クリニック@飯塚 訪問  助産院・病医院・施術院など訪問

2/21(金)、天神からのバスが飯塚バスセンターに到着する少し前
「産婦人科田中クリニック」の文字が、
右の車窓から目に飛び込んできた。

左の車窓から「飯塚バスセンターまで350m」の看板が見える。
ということは、徒歩5分や!

飯塚には小児科医 洋子先生が働く
このクリニックがあることは、もちろん知っている。

夕食までに生駒の家に帰り着きたいので、
「訪問する時間などあるはずがない」と、
検索することもなく来たのに、なんて幸運!

「帰りのバスに乗る前に訪問しよう!」

そう決めてから、嘉穂劇場に向かって歩いたが、
キャスター付きバッグが重い。

天神駅でコインロッカーに荷物を預ける時間がなかった。
「これくらい運動しなくては…」と思うことにしながら往復。

程よい時間にバスセンターに戻れて
バス乗り場とバスの時刻表を確認。

田中クリニックに着いたのが、12:40。

クリックすると元のサイズで表示します

外来診療が終わっている頃。
幸運にも洋子先生に会えた(^0^)

クリックすると元のサイズで表示します

アポも取らず突然の訪問だったのに
快く院内を案内してくださった。

このあたりは新館で増築したスペースだそうで、きれい。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ベビハグの授乳クッションがたくさん積んであるこの部屋は、
赤ちゃんの計測室。懐かしの“すやすや籠”も!
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     待合室       こちらはキッズコーナー
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

NST(胎児心拍のノンストレステスト)専用のお部屋。
      ↓                        
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
        新生児用敷き布団は、院内専用天使の寝床

          沐浴室
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      多目的に使えるお部屋も
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

洋子先生に「まきまき講習会で教えてもらった包み方が
とってもいい」とおっしゃっていただき、

10年以上前にウェル大濠でセミナーを開催していた時代に、
私のセミナーを受講された助産師さん達にも会えて、

たくさんのスタッフの方に歓迎していただき
光栄なひと時を過ごした。

最後に別棟のスタジオを見学。
母親教室やヨガ教室などができる素敵なスペース。

クリックすると元のサイズで表示します

すっかりお邪魔してしまい、
洋子先生にお煎餅までいただいて帰途に。

クリックすると元のサイズで表示します

バスで筑豊の山々を眺めながら、
「あの山々の麓にも、炭鉱があったのだろうか?」と
思いを巡らせながら、天神に向かった
6
タグ: 福岡 産科 飯塚



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ