最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/26

東京湾アクアライン⇒館山  旅・レジャー・アウトドア

3/26(土)は「助産師国家試験合格を対象に講演を」と
依頼されていたのに、3/8になって突然
「開催を見送ることになりました」との通知。

どういうことや〜!

高輪サロンで(土)の施術日を切望している人が
たくさんいるのに、なかなか日がとれない。

「どうしても…」と懇願され、押し切られた。

やむなく引き受け、パズルのような日程表とにらめっこして、
3/28(月)まで東京で働くことにしたのに。。。

3/26(土)だけ、ポッカリ日程が空いても、
半月ほど前になってからでは、どうすることもできない。

サロンも人に貸したので使えない。
やむなく、小旅行に出ることとした。

一度通ってみたかった東京湾アクアラインから、
南房総の館山に、お花と海を見に行くことに。

こんな旅なら平日の方が人が少なく
渋滞にも遭いにくくていいものを、ほんまに、もう。。。

品川駅から、京急電車に乗り、羽田空港で高速バスに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

    東京湾アクアラインに入る。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

運転席とは反対側の一番前の席
つまり、優先席に座ってカメラを構える。

乗客は少なく、周囲にいる人は皆私より若いので遠慮は無用。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
長い下り坂をバスは順調に走っていたが、
「海ほたる」が近づくと、徐々にスピードは落ち…、    
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ノロノロ運転でようやく、出口の明かりが見えだした
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「海ほたるパーキングで降りて、海を見たい〜っ」との
     私の心とは関係なく、バスは直進。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         海面に白い線
「モーターボートか何かが通った波?」と思ったが、
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               
      波ではなく、泡が漂っている。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
         なぜ? 全く分からない。

重たい雲の下に、工場の煙突か煙がたなびいている。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
  こんな普段見ることのない景色を見るのは
     刺激的で、若返る気がする。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「午後から雨」との天気予報ははずれ、もう本ぶり。
私は仕事の時は「晴れ女」なのに、またもや遊ぶ時は「雨女」

ここを直進し、木更津南JCTから少し進んだところにある
羽鳥野バス停で私一人が降車。千葉市から来るバスに乗り換える。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これが一番安くて早いので、選んだコース。

でも、たった一人でバス停にいるのはとても不安。
幸い、5分ほどでバスが来て、乗れた。ほっ(^0^)

  お〜っ、女性の運転手さんや! なんてカッコいい!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     館山市に入った。南国情緒があふれている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

羽鳥野から約50分で館山駅に到着。花に囲まれたきれいな駅舎。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

白浜フラワーパークまでのバス乗車券を購入。

40分ほど時間があるので、
駅前でカレーライス・ミニサラダ・コーヒーの昼食

  デザートに飲む“びわゼリー”を買って、
       バスの中で飲みながら、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

菜の花いっぱいの景色を眺めていると、約30分で到着。
降りたバス停周辺にも、菜の花がいっぱい。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すっかり雨は上がり青空が見えて来た。良かった〜。
4
タグ: 館山



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ