最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/26

フラワーパーク⇒東京駅  

フラワーパークから館山駅前行きのバス乗り場は
この東南アジア風の素朴な小屋。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中に入って待とうかと見ると、ゴミが散乱。
腰かけもあるのに、残念。

小屋の前で立って待っていると、
すぐに、14:48発の“終バス”がやってきた。

窓から海を眺めながら、
「もう来ることはないやろな〜」と別れを惜しんだ。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

館山駅前に着くと、15分後に出る東京行きのバスが
バス停にすでに停車していた。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

前日の帰路検索で、羽鳥野乗り換え・羽田行きの
程好い便がないことは分かっていたので、
チケットを購入し乗車。

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
往路では止まらなかった道の駅“富楽里(ふらり)”など
いくつかのバス停で、お客さんが少しずつだが増えていった。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

渋滞気味のおかげで(?)、きれいに咲いているコブシや
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         山桜を撮影できた。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

バスの切符売り場の横の売店で購入したお土産は、二つ。
          ピーナッツ味噌と、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
     鯨ジャーキー。どちらも感激の美味しさ(@@)
       渋滞の車内でパクパクとオヤツタイム。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

工場群が見えているあたりに差し掛かると、渋滞でなかなか進まず。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

アクアラインの橋に入ると、少し進み始めたが
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すでに陽は傾き、東京駅到着時間に迫っている。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私のような車の運転免許を持っていない人間には
電車やバスで旅ができるのはありがたい。

でも、バスはお客さんが少ないのに、
道路は自家用車でいっぱい。

「もっとバスを利用したらいいのに〜」と思うが
車を運転するのが好きな人は、
バス停まで行くことや、待つことができないんでしょうね〜。

ようやくアクアラインを抜けると、すぐに羽田空港が見えて来た。
           ↓             
クリックすると元のサイズで表示します

  「あ〜、ここで下してくれたらいいのに〜」
     と思っても、これはJRバス。

商売敵の飛行機ではなく「東京駅でJRに乗せなければ」との
経営方針なのだろう、止まらない。

羽田空港前を抜けるとまたもや渋滞、ノロノロ運転。
バスの車内から見える東京の街は、それなりに趣がある。

    左には東京タワー      右にはレインボーブリッジ      
          ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

東京駅周辺はいっそう渋滞がひどいとのことで、
会社から「迂回路を走るように」との指示が入った。

そうこうしながら1時間余り遅れて、やっと日本橋口に到着。

東京駅の南ドームの写真を撮りたくて、
丸の内方向に進んだ

北ドームの下に着いて、見上げると、
あれっ。ネットが張られている!

2013/2/25の記事にUPした東京駅の写真は
自分でも嬉しくなるほどきれいに撮れたのに…。

ネットが張られてしまったんでは、きれいな写真は撮れない。
カメラを構えている人は誰もいない。

「南ドームも同じに決まっている!」と思うと、
ドッと疲れてしまい、歩く気がしなくなった。

      仕方なく外観を一枚撮って、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そそくさと電車に乗り、品川駅に向かった。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ