最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/8/4

小阪産病院@東大阪市 訪問  助産院・病医院・施術院など訪問

8/4(木)、午前中の生駒施術を終え、
急いで昼食を摂り、15時〜アポを取っている小阪産病院へ。

近鉄電車に乗り河内小阪駅で降り、南駅前に出ると
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
「そうや、司馬遼太郎記念館がここにあるんやった、
ここも見学せな!」とは思ったものの、
今日はもう無理。また後日。

「電車からはすぐ近くに見えるので、駅からはすぐに行けるはず」
なんて思って、きちんと検索せずに飛び出て来たのが間違い。

高い建物に囲まれどこにあるのか分らず、
途中で若い女性店員さんに尋ねると、
丁寧に教えてくれて、無事、旧館に到着。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
今は、小阪レディースクリニック・
 産後ケアセンター・ガーデンカフェとなっている。

新旧小阪産病院については
こちらに詳しく書かれています。

ここから少し南⇒西に進むと、右に旧館、
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        左に新館が見えてきた。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
2015年4月にこちらに産病院が移転。       木々の向こうに縦看板
                                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    ロゴマークの下のエントランスから入ると、
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    「ここは高級ホテル?!」と見紛うほどの、
       美しいエントランスホール
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

総合案内の素敵なコンシェルジュさんに、
「廣瀬師長さんと、15時にアポを取っております…」
と伝えると
「渡部様でいらっしゃいますね」と(@@)

しばらくすると広瀬師長さんが来て下さった。

彼女は兵庫県の病院で働いていた時に
骨盤ケアセミナーを受講。

その後こちらに移り、骨盤ケアを少しずつ広めた。

そして、今は3人いる師長の1人として、
20数人の部下を抱えている。

彼女の引率で、院内見学開始。

セキュリティーチェックがきっちりしていて
エレベーター乗るにも、部屋に入るにも
認証カードが必要。素晴らしい。

エレベータを降りると、正面にベビー室。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

赤ちゃんがズラリと並んでいる向こうに
ナースステーションが見え、
たくさんの看護師・助産師が働いているのが見える。

コーナーに添って進むと、
大学病院で働いていた私でも、
目にしたことがないほどの人数の多さに、ビックリ!
                 ↓(この写真はこちらから頂きました)
クリックすると元のサイズで表示します

急いで数えると15人、この写真の人数より多い。

分娩件数が多く、かつ、全部署のスタッフがここに集まって
情報交換しながら働けるようになっているらしい。

「学生が実習に来ると、もっと人数が増えるので、
ほんまに大変」と広瀬さん。

直進すると、LDR(入院から陣痛、回復まで過ごす個室)を見学
「まだあまり使えていない」とのこと。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

廣瀬さんが電話で副理事長の竹村真紀先生を
呼んでくださっている…と思ったら…、

なんと、お部屋に入って来られたのは、
竹村秀雄先生\(◎o◎)/!

竹村秀雄先生は、ラマーズ法や10カウント検査法の
日本での普及に尽力された高名な産婦人科医。

私は20数年前に講演を拝聴したことがあるが、
82歳の今もダンディさは変わらず、
きれいな姿勢で、若々しい。

緊張しながら、しばらくお話した後、入れ替わりに
   副理事長となっておられる、竹村真紀先生が入って来られた。
                             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

彼女が京大で研修されていた頃
私は副婦長で、同時期に一緒に働いていた。

それから入ってこられたのが、
             ナーススペシャリストのK助産師。
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

近年は彼女がトコ企画セミナーをたびたび受講
骨盤ケアを熱心にされている様子。

私のメンテ“力”upセミナーを受講し
「収縮輪の触診ができるようになった。
子宮口の開大度が、だいたいわかるようになった」と。

講義を聞いただけで、できるようになったとは、
素晴らしい指先の感覚!

私はたいていお菓子などは持たず、
お土産はお役立ち情報や施術。

それで、「何か質問があれば?」と問いかけると、

「最近、胎児の背中が後ろに回ってしまうことが多くて…、
どうしたらいいのでしょう?」と。

このお部屋の、奥の方にある
フリースタイル分娩ができるコーナーで、

回旋異常・分娩停止時の対処法を伝授したり、
腰痛のお2人の施術などもし、楽しいひと時。

その後、有料個室や美しい庭などを見学。

こちらに、きれいな写真がたくさん載っていますので
ご覧ください。

年間分娩件数1,800件という、
日本でも有数のこの産科医療施設。

「ここで、様々な妊産婦サービスと共に、
骨盤ケア・まるまる育児が充実すれば
多くの母子が
妊娠・出産・育児を楽にできるようになるやろな〜」
と思いながらも…、

このたくさんの妊産婦さんとスタッフを
掌握しつつ、病院運営することの大変さを想像すると…、

竹村両先生・廣瀬さんのしんどさが、
私に伝わってくる気がした。

「私にはもう、そんな仕事、到底できない!
「そんな苦労はしたくない。イチ抜けた〜!」と退散するしかない。

私ができることをしながら、
彼女達を背後から支えられれば…、
そんな風に思った今日の訪問だった。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ