最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2011/10/13

2歳2ヵ月からお箸でご飯!  赤ちゃん・子ども

10/4の記事に「まるまる育児」の素晴らしさを
投稿して下さった「りず」さんが、
お子さんの写真を送って下さいました。
これは10/6の撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これをみて、私もビックリ!
私の子ども、孫も、お箸を使えるようになったのは
早い方でしたが、こんなに早くからは使えませんでした。

「りず」さんはコメントはここから読めます
   
りずさんは助産師さんで、5年前から母子整体セミナーを受講。
ベビー入門セミナーまで受講後し、それから妊娠、出産されました。

こんな器用なお子さんを生み育てている人は、
きっとママの身体もゆがみのない、丈夫な身体の持ち主なのかな?
と思いきや、りずさんは何と、難病(特定疾患)の持ち主!

それに、腰椎側彎症がやストレートネック(彎曲のない首)という
とても大変な身体の持ち主なんです。

難病を発症して入院し、退院後3週間で母子整体セミナーを受講。
その時の講師は私で、りずさんに
「腹筋が足りない!ほふく前進しなさい!」と言ったそうです。
でも、ごめんなさい、お顔が思いだせない(-"-; 

りずさんの病状は、セミナー受講後は安定し、
悪化は今のところないそうです。

りずさんは
「器である骨盤も私の難病に関連しているのでは?」
「体を整えることによって、内臓の働きも改善し、
 免疫機能のアップにつながるのではないか?」

と考えているとのこと。私も同感です。

“就活”“婚活”に続き“妊活”という言葉が
流行し始めているそうですが、
発達の良い、育てやすい子どもを生むためには、
“妊活”つまり、妊娠に適した身体に整えることが大切です。

すでに妊娠してしまっている人や、
すでに赤ちゃんが生まれてしまった人は、
1日も早く、ここにあるDVD を見ながら、ケアに励みましょう。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「私は子どもの頃から身体が弱いから」とか、
「骨盤や背骨がゆがんでいるから」と、諦めないで!

丈夫で賢い器用な子どもは、親にとっても、国にとっても、宝です。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ