最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2011/12/23

児童福祉法の精神を心に刻んで!  赤ちゃん・子ども

10月、新聞に こんな記事が出ていました。

*--*--*----*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--* 

「11歳に物乞いさせた33歳父親を“児童福祉法”違反容疑で逮捕」

小学5年の長男(11)に物乞いをさせたとして、
大阪府警吹田署は18日、児童福祉法違反の疑いで、
同府池田市に住む建設作業員の父親(33)を逮捕した。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--* 

この【児童福祉法】とは

(総則)
第1条、 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、
且つ、育成されるよう努めなければならない。

2.すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

…と、いうものです。

私はテレビのニュースを聞き、この法律の条文を眺めながら、

「児童が心身ともに健やかに生まれるよう、努めていない妊婦って
多いよなぁ〜」と、たくさんの胎児の写真や、
古い教科書に載っていた絵を思い浮かべていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑                   ↑
このX線(レントゲン)写真をともに、このイラストを書いてもらいました

10/2の記事や、11/30日の記事や、
12/6の記事もぜひご覧ください。

そして…

「ということは、これは、児童福祉法違反やん!」

と思いました。

妊産婦さんが自分の体をケアし、
骨盤をケアすることによって

子宮は、ふんわり柔らかく、丸くなり、

その中で育つ赤ちゃんは、楽な姿勢で、
穏やかな表情で生まれてきます。

児童福祉法がうたっているように、
そうなるよう、努めなければならない
と、私は思います。

楽な身体で生まれ育つことって、
人間にとって、最高の幸せではないでしょうか?

昔から「三つ子の魂百までも」と言われてきました。

三つ子とは数え年の三歳。

12月31日に生まれた子は、
その日1日だけが1歳。

翌日の1月1日は2歳になるので、
その次のお正月には1歳になります。

つまり、三つ子とは
「生後まる1年と1日〜364日の子」なのです。

つまり1歳の頃に、穏やかでよく笑い、
表情が豊かで、病気もせずに
器用で賢い子は、百歳になっても同じように
元気に賢く生きているということを、
昔の人は知っていたのです。

でも、私は胎児の魂百までも

言うのが、より正しいと思います。

胎児の時に辛い姿勢と表情でいた子は、
生まれた後もなかなか身体の硬さはとれず、

泣き方は激しく、器用に身体を動かせず…
とてもかわいそう(:−;)

頭痛・肩こり・股関節…
様々な身体の痛みに苦しんでいる大人をみると

頭のゆがみが強かったり、
歯並びがとても悪いです。

頭のゆがみが強いということは、
新生児の時に向きぐせがあった証拠。

歯並びが悪いということは、
少なくとも永久歯が生える時には、
身体はゆがんでいたという証拠です。

これは、向きぐせから、全身にゆがみが及び
重症の腰痛に悩んでいる男性
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
赤ちゃんの時に、右向きぐせだったことが分かりますね。

このように大人になっても、
頭のゆがみが直っていない人がいっぱいます。

ウソだと思ったら、理髪師さんに尋ねてみてください。

では、歯並びはどうしてかと言うと…

    家が地震や地盤沈下で傾くと、
   時計は重力の方向に位置を保ちます。
           ↓
    クリックすると元のサイズで表示します

すると、傾いた家の中では、家の中では時計は傾いて見えます。

下あごは頭の骨につり下がっているものなので、
  頭が胴体の上に傾いて乗っている人は
  下あごは時計と同じように、頭に対しては傾きます。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑                      ↑
このように上下の歯の中心がずれている人は、
必ず頸椎(首の骨)や、
後頭関節(頭と首の間の関節)がゆがんでいます。

そして、頭痛・肩こり・腰痛・疲れ・身体が上手く使えない
冷え・便秘・風邪をひきやすい…などに悩んでいます。

頸椎や後頭関節がゆがんでいる幼児は、
あごが動きにくく、硬い食べ物を無理して噛んでいると、とても辛いのです。

永久歯が生えるまでに、大きな顎を作らなくては、、、、と
親御さんが熱心に硬い食べ物を与えても、嫌がって食べません。

そのため、柔らかいものしか食べず、丈夫な大きなあごが育ちません。

すると、
小さなあごに大きな永久歯が生えて来ることになり、
きれいに並べるスペースがないため、
ガタガタになってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

でも、首や頭の骨のバランスを調整すると、
その日から硬い食べ物を、喜んで食べるようになる子もいるんですよ。

そうして、大きな丈夫なあごに、永久歯が生えれば、
きれいな歯並びとなり、丈夫な大人になるのです。

「児童福祉法の精神を深く心に刻み、
幸せな身体を持った子どもを生み、
育ててあげてほしい」
と願わずにはいられません。
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ