最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2012/11/16

日本母性衛生学会@福岡  その他のセミナー(ケアギバー対象)

11/16(金).17(土)は福岡アクロスで日本母性衛生学会
16日12:00〜13:00、5社のランチョンセミナーが開催。

(有)青葉のランチョンセミナーは、今回でもう10回目

クリックすると元のサイズで表示します

その入場整理券が8時から
総合受付付近で配られることになっているため、
各社のスタッフも少し早めに向かう。

(有)青葉のスタッフが7:50分に到着するとこの通り長蛇の列!
 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私がコーディネーター・座長を務める(有)青葉のところだけで
他の4社のところには誰もいない。

我々の会場は国際会議場
300席と上の階に80席、合計380席
いつも入室できるのが遅れがちなのに、
今回は珍しく早々と!

クリックすると元のサイズで表示します

集まってきた親しい助産師と、
演者の梶原さんと一緒にまずは記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

せっかく早く入室できたのに、
他の会場の一般口演が終わるのが遅れたため、
10分遅れの開講となりました。

演題1のテーマは
「妊娠に伴う腰背部痛・骨盤痛のメカニズム」

演者は京大のリハビリテーション科学コース院生で
理学療法士の梶原由布さん↓

クリックすると元のサイズで表示します

梶原さんが話し始めて5分ほどすると
上の階までびっしり満席に

良い姿勢についてと、骨盤の構造や
妊娠に伴う変化についてのお話の後、

スパイナルマウスと、足圧計を使って
トコちゃんベルト着用前後の
脊柱彎曲と重心の変化を
美しい画像で示されました。

クリックすると元のサイズで表示します

演題2のテーマは
「妊婦の腰痛はマイナートラブルか?」

自治医科大学の精神医学講座助教で、
佐野厚生総合病院に出向中の、吉田勝也先生
「心因性腰痛」について十年以上研究研究を続けておられる。

「精神科医がなんでトコちゃんベルトのランチョンに?」と
不思議に思われた方が多かったようですが、

吉田先生は私が講師を務める
メンテ“力”UPセミナー
 ⇒トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー
   ⇒ベーシックセミナーと進まれて

母子整体の考え方と
基礎的な技術の勉強をされた方。

それで私がお願いして
出講していただいた。

クリックすると元のサイズで表示します

腰痛とうつ病との関係についてのお話しの後
最後に、妊産婦さんなどの腰痛を
「器質的疾患を認めないから心因性腰痛だろう」と、
 精神科に紹介して
後は産婦人科のスタッフは知らん顔をするのではなく
「今まで通り継続的に寄り添うことが大切である」と、
熱く語られました。

講演終了後、会場からお二人に質問をいただき、
盛会のうちに閉講となりました。

・・・・・・・・

今回の青葉のブースの両側は、モーハウスとコンビ

クリックすると元のサイズで表示します

これはまだ参加者が集まってくる前に撮ったものだが
私が立ち寄って
前のテーブルでいろんな人たちは話をしている間、
常に何人もの人がスタッフに質問していて、賑わっていた。

「講演要旨集」はこちらからお読みいただけます。
ぜひご覧ください。
7
タグ: 助産師 腰痛 骨盤



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ