最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2013/7/17

赤ちゃん発達応援セミナー@金沢  赤ちゃん・子ども

7/17(水)に東京で開催予定のカイロの師匠のセミナーが流会となり、
「花子さんの 赤ちゃん発達応援セミナー」を見学 兼 手伝いに行くことに。

7/16(火)の夜、品川を発ち、
東京⇒越後湯沢⇒金沢に、最終の特急はくたかで到着。

11ヶ月ぶりの「花子さんセミナー」。
午前中は主にパワーポイントで講義、午後は実習。

改めて、華子先生の工夫と技術を堪能させてもらったので、
皆さまにも少しばかり、おすそ分け。

実習では何よりも大切な、赤ちゃんの抱き方練習。
背中〜お尻がV字になるのは良くない。もっと丸くなるのが良い。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
「中には二つ折れで抱かれている子も…」と話している華子先生の真ん前に

同じように抱かれている子が。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
抱き方の実習の後は、おひなまき。アグラの中で巻く方法を実習。

受講生もきれいに巻けた。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

続いて「添い乳」。最近は反り返りが強い子が多く、
こんな姿勢で、飲んでいる子もいるとのこと。これではねぇ〜。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
丸く抱き、ママの太ももに赤ちゃんの脚を挟むようにすると上手くいく。

 華子先生の首〜脇に当たっているのは「体操用マイピーロ」の試作品。
 首〜背中がツライ人には、とても好評。華子先生も着けたままセミナー。


続いてスリング。リングは乳頭の高さにし、
赤ちゃんもリングも、最初から抱き終わる位置に定めるのがポイント。
          ↓
  クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
スリングの布地を下からめくり上げるようにして、赤ちゃんにかぶせる。

必ずマイピーロネオを当て、布地をマイピーロの上まで上げる。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
                 布地のゆるみをきれいに引いて完成。

下ろす時は、スリングごと赤ちゃんを寝かせる寝具の上に。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
       「着地失敗」とならないように、胸を赤ちゃんに当てたまま
        抱かれていると感じさせながら、ゆっくりと離れる。

スリングを上手く使えない方はぜひ、この方法を試してみてください。
やりやすそう。

昨年8月に見学した時は、よく見えなくてわからなかったが、
今度からこの方法を指導しよう。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ