最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/3/30

3月半〜7カ月の赤ちゃん教室@東京  セミナー・クラス(一般対象)

3/29(土)13:00〜15:00と
3/30(日)13:30〜15:30は

私が初めて講師を担当する
3カ月半〜7カ月未満の赤ちゃん対象の教室。

会場は東京の品川駅から徒歩3分の高輪サロン。
交通の便が良いため
宮崎県から飛行機に乗っての参加者も。

1日目は8組の母子と
4人の助産師アシスタントが参加。

1人が2組の母子を担当すればいいだけなので、
余裕しゃくしゃくのはずだったが、予想は大外れ。

忙しいのに加え、レジュメの完成度も低く、
プラス、さすがに
この月齢の赤ちゃんは泣き声も大きい。

写真を撮る暇もなく
私もあっちへ行って小修正
こっちへ行って小修正…と、大忙し。

2時間余りの教室終了後は
あらかじめ施術希望のあった
赤ちゃんから施術開始。

すでに7カ月になっていて
7カ月未満児対象の今回の教室には
参加できないことになっていたものの、

「発達が遅れているから、何とか!」

と、アシスタントの一人に頼まれてOKした赤ちゃんは
施術直後に、首が座り
前のパラシュート反応までほぼ完璧に出現!

私もビックリ!
もちろん見ていた皆もビックリ。

それで、結局、8人全員が施術希望となった。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは小林助産師が考案した
チャイルドシートや
バウンサーなどに入れる際の
おひなまきの工夫。

これなら、ベルトもできる!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この赤ちゃんは、宮崎からママと来られた
「筋性斜頸」と診断名ついている子。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
筋肉のこりを緩め
骨の並びがきれいになるように調整し

胸鎖乳突筋に着いている
血腫に手を当てていると
徐々に小さくなっていくのが分かり
私もママもほっ。

30日は6組の母子と
4人のアシスタントが参加

前日と比べるとかなり余裕ができ
少し撮影もできた。

最初の抱っこでは、なかなか丸くならない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

同じ子を私が抱くと、すぐに丸くなる。↑
首に当たっている腕の位置が違うことが分かりますね?

この子はVになってしまう
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

でも、私が抱くと丸まる。肘の当たり方が違うんですね。↑
つまり、ママの腕・肘の体操も大事。

マイピーロネオを着けたり
マイピーロ体操をしたり、おひなまきをしたり

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

体操をしたり、いろいろとしているうちに、
皆、なかなかうまく抱けるようになった。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この日も全員が施術を受けられ
反りの強い子もずいぶんと改善。

忙しかったけど、楽しかった。
スタッフ一同、ほ〜っ。

「次に東京ではいつ開かれますか?
 また来させてください!」と

アシスタントの一人が。

「え〜っ、こんなしんどいこと、
 もう、したくない」というのが私の本心。

「みんなでやってよ」とは言ったものの

この月齢になるとしんどいわ〜。

やっぱり、気になるお子さんをお持ちの方は、
3カ月までに
教室や施術を受けていただきたいです〜(c_c)。
6
タグ: 赤ちゃん



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ