最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/1/31

骨盤ケア アドバンスセミナーの受付スタート  トコ企画セミナー

1/26(月)から、骨盤ケア アドバンスセミナーの受付けが始まりました!

クリックすると元のサイズで表示します

このセミナーの内容:

メンテ“力”UPセミナーの3日目」とも言えるセミナーで、
2日間の骨盤ケアの「発展バージョン」を、二人の講師が伝授します。

「メンテ“力”UPセミナーを受けただけでは…ケアしきれない(-"-;」と
悩んでいる方におススメのセミナーです。

詳しい内容はこちら

受講条件:

「過去にメンテ“力”UPセミナーを2日間とも受けたことのある方」

講師:

安産誘導セミナーの講師でもある 上野 順子 先生
     (主に、東北〜関東〜近畿などを担当)

新生児ケアセミナーの講師でもある 小林 いづみ 先生
     (主に、北海道・関東・九州・四国などを担当)

日程: 申し込みの出足良好、以下の日程全て、成立の見通しです!

2月24日(火) 名古屋市(上野順子先生)
2月25日(水) 東京都港区(上野順子先生)
3月 8日(日) 宮崎市(小林いづみ先生)
3月12日(木)京都市(上野順子先生)
6月 7日(日) 徳島市(小林いづみ先生)

受講料:

他のトコ企画セミナーよりも 2,160円高い、12,960円

でも、実技メインの少人数セミナーで、
しかも、オマケがリッチですから、とってもお得!

・体操用タオルマフラー(1,404円)
・『骨盤メンテバイブル(レッスンベルト2本付き)』(2,160円)

どちらも「いくつあっても嬉しいo(^-^)o」と大好評のオマケです。

会場などの詳細・お申込み:はこちら

内容や、講師のご挨拶はこちらからお読みいただけます。

安産誘導セミナーから、こちらに移動する内容もありますので、
安産誘導セミナーに “もまないおっぱいマッサージ”
『安産力を高める骨盤ケア』p122 が順次入る予定です。

骨盤ケア アドバンスセミナーも、安産誘導セミナーも、
1日だけなのに、翌日からすぐに役立ちます\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

ぜひ、いらして下さい。講師一同、お待ちしています<(_ _)>
3
タグ: 骨盤 出産 育児

2015/1/26

再び、地産地消バイキング「みよし野」へ  グルメ(外食・中食)

徳島大学でのセミナー1日目終了後は、
地産地消のバイキングみよし野

このお店には2012年の10/11にも訪れたことがあり、
すっかり気に入った私は、今回も迷わずここを選択。

今回もたくさんお皿に並べた。
と思ったが前回と比べるとそれぞれの量が、かなり少ない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「さすがに歳とったな〜」と自覚する時。しかも、最初からデザート

一緒に行った人たちは、誰もアルコールを飲まないのに、
私一人、しっかり食べるためにも、ビールを確保。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

前回はなかった天麩羅サービス。既にタラの芽も!
四人で半分近く食べてから、おっと撮影。汚らしい写真になった
              ↓           
クリックすると元のサイズで表示します

追加でサラダと主食系を少しと、デザートを追加
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
       前回同様コーヒーにソフトクリームを浮かべて、最高!

ここで終わるはすだった。なのに、しばらくしゃべっていたら、
ビールで胃が活発に動いたせいか、漬け物が食べたくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

漬けものだけではねぇ〜、と、ついでにご飯も2口ほど。
シジミのみそ汁と、お茶、
それに同じテーブルの人が「美味しい」と絶賛していたぜんざいまで。

ああ、何と食べられることよ。
新鮮で素朴な料理は、ナンボでも食べられる。

「65歳以上だと安くなる」と誘われて
このお店の会員になってしまったが、次はいつ来られるかな?
2

2015/1/25

メンテ“力”UPセミナー@徳島大学病院  助産院・病医院・施術院など訪問

1/24(土).15(日)は徳島大学病院でのメンテ“力”UPセミナー
1日目の開場は、広いキャンパス内の
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

一番奥に建っている、この立派な青藍会館
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「青藍会」とは徳島大学医学部医学科同窓会の名称で、
徳島の「藍」と荀子の「青は藍より青し」〈 学の勧め〉と
杉田玄白の「出藍の器」(師を超える逸材)に因んで
名付けられたそうだ。
            ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

玄関の自動ドアを入ると、広いホール
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
     早春の彩が生けられている。
              ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

アジサイの葉や麦の穂が、こんなに育っているなんて、
さすが南国。それとも温室もの?

反対側にはこの大きな額。これは何と書かれているのか分からない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いかにも大学病院らしい雰囲気に、懐かしさを覚える。

今回のセミナーは施設誘致セミナーで、直近では倉敷中央病院
巨大病院での開催が多い。

院内スタッフ受講者は、受講料に割引特典があり、
もちろん、院外の人も受講できることが条件である。

今回の受講者は、徳島県内のみならず、お隣の香川県からも多く、
和歌山県や、四国の一番遠くの宇和島からも!

宇和島って、徳島からだと和歌山や京都に行くより、
時間がかかる「さいはての地」って感じなのに、
よくぞ来てくださいました。おおきにm(_ _)m

設備の整った立派な研修室で1日目は始まった。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昼食はセミナーでは見たこともない、三段重ねのお弁当!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  おにぎりが5個も! 肉・魚・野菜・卵…
  なのに、ほとんど食べてしまった。

2日目の開場は、外来棟にある母親学級を開いている保健指導室
全く写真が撮れないまま終わってしまった。

アシスタントは徳島の原田助産師(1日目)  永井助産師(2日目)
              ↓             ↓
   クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

施設誘致セミナーは、セミナー終了後も開場でゆっくりできるので、
依頼されて、受講者やその家族の施術をすることが多い。

ことに今回は過去最高の人数。出血大サービスのセミナーだった。

しかし、就職して1.2年目の若い助産師の体の悪さには、
ただただ驚くばかり。

「この体でよく働いているね〜」と半ば関心してしまった。

「胎児・新生児からきれいな姿勢・骨格で育てないと、
将来の日本の労働力の“質”を保つのは難しい」と
ますます考えさせられた2日間であった。
3
タグ: 徳島

2015/1/23

高速バスで徳島へ  旅・レジャー・アウトドア

1/23(金)は、10時〜16時過ぎまで、青葉の社屋内で
会議や『骨盤メンテバイブル』の編集打ち合わせ。

1/24(土).25(日)は、徳島大学病院での
メンテ“力”UPセミナーなので、すぐに徳島に移動。

(金)の夜は遅くなると交通混雑がひどくなるので、
頑張ってフルスピードで仕事をこなした。

地下鉄⇒大阪駅でJR新快速に乗り継ぎ、
三ノ宮から高速バスに乗った。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

近畿から徳島は、JRだと岡山⇒高松経由とになり、
大変な遠回り。時間も料金もかかる。

なのでいつもバスで、明石大橋⇒淡路島⇒鳴門大橋⇒徳島

これまでは徳島でのセミナーは徳島駅の近くだったので
朝、生駒の家を出ても間に合ったのだが、今回は前泊。

途中、神戸の夜景が美しい。
20年前に壊滅しかかった街とは信じられない。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新舞子のバス停で停車、
フロントガラス越しに見える明石大橋が美しい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

橋を渡る途中、大阪湾を囲む神戸・大阪の灯りがきれい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

やがて、淡路島の観覧車が見えて来た。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

淡路島を走っている途中で睡魔に襲われ、いつの間にか夢の中。
気が付いたら徳島県に上陸していた。

さぁ、明日と明後日、徳島で頑張ろう!
5

2015/1/22

腹巻付きのパジャマのボトムス  商品開発

奈良文化会館で開催された、2014年の11/14の小林幸子ショー
2014年の11/13の「友情」と昭和のヒット歌謡ショー

これらを主催している「夢グループ」から、
時々ドッサッと、公演の案内などのビラが送られてくる。

奈良で開かれる企画はなく、その他のビラをパラパラと見ていたら、
衣服などの通販のビラ。「えっ、こんなビラが?」

その中で目に止まったのが、ボトムスと腹巻が一体になったパジャマ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
       ウエストを締めるゴムやベルトは付いていなさそう

だんだん私が提唱している「ウエストを締めつけない衣類」の販売が
増えてきている。いい傾向になって来ているのが分かり、とてもうれしい。

クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
    ここに紹介したように、「付いていない」と思って買っても、
       付いているものがあるが、これは大丈夫そう。
            ↓
  クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
             これは最近、上下を私が縫いつなげた室内着

30年近く前に通販で買ったベスト。
肩は温かいが丈が短く腰が冷える。

ガレージセールで買ったニットの腹巻付きカート。
ウエストを締めつけるゴムが気になる。

どちらもイマイチ気に入らずほとんど着ていなかったが、
捨てがたかったもの。

2つをつないだら、とても快適!
室内だけでなく、近くに買い物に行くくらいなら着られる。

こんなことをするのが若い頃からの私の趣味。
楽しくて、こんなことが高じて作ったのが、トコちゃんベルト。
6
タグ: 腹巻 パジャマ

2015/1/19

産褥入院・デイケアの受け入れ可能日程  トコ会館・トコ助産院の様子

トコ助産院では、いよいよ産褥入院がスタートします!

「どんなケアが受けられるのかな?」と思われる方や
「つらくてもうダメ _| ̄|○ 」とギブアップ寸前のは、
こちらをごらんください。

クリックすると元のサイズで表示します

1泊2日の入院でも、きっと貴女の身体がウソのように楽になり
赤ちゃんのギャン泣き、反り返り、向きぐせ…が改善し
ツライ育児から楽しい育児に変わるはず。

変るようにケアいたします (^o^)/゜

デイケア・入院受け入れ可能日の日程もUP済みです。

妊婦さん向けや、育児中のママ向けのクラスも活発です。

クラス一覧はこちら
クラスの様子はこちらをご覧ください。

本での予習もおススメです。

【こんな悩みをお持ちの方は、育児クラスにぜひご参加ください】

★体を反らしてよく泣く
★抱いていないと寝ない
★抱きづらい・スリングに入れにくい
★わずかな物音ですぐに目を覚まして泣く
★顔や手足の皮膚色が悪い
★手足が冷たい。シモヤケができる
★向きぐせが強い
★頭の形が悪い
★背骨がゆがんでしまった(脊柱側弯)
★左右の目の大きさが違う
★泣くと口がひどくゆがむ
★全身が硬い。股関節が硬い
★腹ばいにすると激しく泣く。腹ばいで顔が上がらない
★横向き寝の姿勢で止まっていられない
★カイグリができない(手が前まで来ない)
★オツムテンテンができない(手が頭に届かない)
★首が据わらない。据わっているのか分からない
★その他、お乳の飲みが悪い、よく吐く、出べそ、便秘がひどい
     笑わない、足や足趾の形が気になる、握り拇指…など

「産後に育児でツライ思いをしたくない。妊娠中にできることはしよう!」

と思われる方は、妊婦さん向けクラスにご参加ください。

参加者がだんだんと増えてきましたので
お申し込みはお早めに。
4

2015/1/18

「トコ助産院でケアを受けたい」「受けたいけど行けない」方へのおススメ本  SNS・出版・報道

「トコ助産院のクラスに参加したいけど、どうしてもムリ」
とおっしゃる方に、おススメの本です。

参加を予定されている方も、
これらの本で予習しておかれるといいですよ。

   @     A      B      C       D
クリックすると元のサイズで表示します

@「なぜ妊娠しにくいの?」「なぜ胎盤が低いところに着いたの?」
 「なぜ毎回切迫早産になるの?」…その理由と対策を知りたい方

Aこれからお腹が大きくなっていく自分や、育児をする自分や家族を
 イメージできない方
 「育児と家事の両立ってどうしたらできるの?」と心配な方

B「妊娠・出産・育児を楽にこなすには、体操が大切」と聞くけど、
 なぜ大切なのか、どんな体操をどのようにすればいいのか…を学びたい方

C「妊娠中は元気に過ごしたい」「安産したい」「手軽にできる体操や
 セルフケア法を教えてほしい」と思われる方

D「ムダ泣きせず、グッスリよく寝てほしい」。「良く笑う賢い器用な子に
 育っててほしい」と思われる方

これらの本はこちらでも買えます。ぜひご利用ください。
3

2015/1/17

『いらっしゃい』出版記念特別セミナー@MBコラボ  セミナー・クラス(一般対象)

この本の著者の一人、宮崎加代子先生のクラスのご案内です。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
  宮崎先生オススメの「この本のイイネ!」です。

詳しくはMBコラボのHPをご覧いただくといいのですが、

MBの、Mは助産師=ミッドワイフのMで
BはバレエのBだとのこと。

つまり、ここでは、
バレエの要素を取り入れた体作り教室である
セルフボディレッスンもやっています。
ただし、担当の先生は、宮崎先生ではありません。

ママ向けのクラスだけでなく、
医療者向けのセミナーもやっています。

『トコちゃん誌上助産院へいらっしゃい!』出版記念特別セミナー

2015年1月22日(木)
対象:母子保健指導に関わる専門職(助産師・看護師・保健師)

場所はNHKの朝ドラ「マッサン」の中で
サントリー山崎工場とSLが写っている、まさにあの場所です。
2
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤

2015/1/13

別物のように美味しくなった蕪寿司  グルメ(自宅)

1/9(金)〜15(木)は京都・生駒・大阪で仕事。
7日間も近畿にいるなんて、半年前まではなかったのになぁ。

一番美味しい頃の蕪寿司を毎日食べられて幸せ〜。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

毎年年末に漬け込む蕪寿司は、2週〜4週間後に、
私が最も美味しいと感じるようになる。

例年、1月6日くらいに蕪寿司を食べて、
その後は名古屋・東京などに長期ロードに出るので、
せっかく美味しい頃に、ほとんど食べられなくなってしまう。

今年は12/26に漬け込んだが、6日後の1/1はまだ発酵が進んでなくて
コクがあまりなく、1/5になってもイマイチ。

「今年のは65点くらいのでき、なんでこうなったんやろ(-"-;」
と反省していた。

でも、日にちが過ぎるとはすごいものだ。

2週間過ぎたら、まるで別物のように甘く、
適度の酸味があり、コクが深まり
最高級の美味しさとなった。

蕪と一緒に漬け込んだ大根とニシンも最高。
特に今年のニシンはとろけるように美味しい。

次に生駒の自宅に帰るのは1/20(火)。でも、残っているかな?
3

2015/1/11

奈良県産「塩ふきべに芋」  グルメ(自宅)

1/11(日)のお昼前、花山温泉に到着。
昼食の予約時間まで20分ほどあるので、
先にチケットとお土産を買うことに。

            あっ、丸干し芋や!
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

袋を手にとって見ると、「塩ふきべに芋」と書かれていて、
茨城県の丸干し芋と比べて、硬くて表面が乾燥している感じ。

裏を見ると、奈良県吉野で作られている。

「こんなところに奈良県産のが売っているなんて!」と、
嬉しくなり、茨城県のはなかなか手に入らないので、2袋購入。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
     夜食用に開けてみた
         ↓  
クリックすると元のサイズで表示します

説明通りに電子レンジで、小さなのをひとつ、
温めて口にすると、「塩けんぴ」ように、少し塩味がする。

茨城県の甘くて、とろけるような丸干し芋とは
全く別物だが、これはこれなりに美味しい。

程よい塩味がきいているせいで、いくらでも食べられそうだが、
太りたくないので、我慢ガマン。

日持ちもかなりしそうだし、あぁ、もっとたくさん買えば良かった〜。
3
タグ: 干し芋

2015/1/11

関西最強の炭酸鉄泉、花山温泉@和歌山市  旅・レジャー・アウトドア

世の中は3連休だというのに、私は1/10(土)は京都施術
12(月)は午前中のみであるが、生駒施術

夫は「小旅行に行こう」と言うのだが、これでは1泊2日は無理。
ということで日帰り温泉くらいしかない。

いつもの「音の花温泉」ではねぇ、あまりにも日常的過ぎる。

そこで、新聞に大きな広告が載っていた
和歌山市の花山温泉に行こうということになった。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

電話で昼食の注文をしてから、出発。
生駒から高速道路を、大阪→岸和田SA→紀ノ川SAと順調に走行。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そこから間もなく到着。きれいな空。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

少しだが庭もあり、新聞広告の効果かガレージはいっぱい。何とか入れた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

入湯券やお土産を買っていたら11:20になったので、
昼食を食べに食堂に行くと、間もなく松花堂弁当が運ばれて来た。

刺身・酢の物・蕪蒸し・お吸い物…、
どれも手をかけて調理されていて、とっても美味しい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
なのに、ご飯の表面はまるで糒(ほしい=干した保存用の米飯)のよう。
角が立っている! 我が外食史上最悪のご飯(@@; 

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

とても食べられたものではなく、ホール係にガチガチのところを
「指で触ってみて!」と言ったら、取り替えてくれて、
今度は湯気が立つホカホカの、美味しいご飯が運ばれて来た。

デザートはまたまた撮影せずに食べてしまったが、
たぶん、甘く煮た新高梨(にいたかなし)。美味しかった。

食後、炭酸鉄泉の温泉に。お風呂の中では撮影できないので、HPより。

   髪と身体洗ってから「源泉26℃」と書かれている
   この浴槽に片足を入れると、キャーッ! 水風呂や〜(@@/
                            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
あわてて足を縮めて、隣の40℃の浴槽に滑り込んだ。
すると70歳くらいの地元の人らしい人が「初めて?」と。

私は「は〜い。あれは26℃…、ないですよね?」と尋ねると
「夏はそれくらいあるけど、冬は水みたいに冷たいし
こっちの薄めて加温している方で温ったまらんかったら、
入られへんねん」と。
そして、
「ここの温泉は源泉に入らんかったら値打ない」と。

そこで、10分ほど暖かい温泉に浸かった後、
勇気を振り絞って冷たい源泉に入ったら、何とか30秒ほど我慢できた。

源泉をちょっとなめてみたら、ニガりの原液のような強烈な味(@@;

再度温かい温泉に入り、次に源泉に入ったら
今度は2分は楽に首まで浸かっていられた。

お湯の周囲は、鉄錆色の分厚い炭酸カルシウムの結晶。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう一回、温かい方に入った後、
露天風呂に出ると、温かい方と同じような温泉。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここで数人で、長々としゃべりながら、
のぼせそうになるくらいまで過ごした。

露天風呂の周囲も、秋芳洞の千枚田のミニチュアのよう。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは高速道路ではなく下道を通って和歌山→奈良へ。

途中、どこかの道の駅で夫の「着いたで、降りるで」
との声は聞こえるが…、全く身体は動かず、
そのまま爆睡。夫が帰って来たのも気付かず。。。

家に帰ってからリーフレットを見ると、開湯は昭和43年と、歴史は浅い。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
「関西最強の炭酸鉄泉」とか「最強の湯で…」とか書かれているが、
その通り、有名な有馬温泉の「金の湯」より「強力」だと思った。

それに、有馬温泉のように「芋の子洗い」でないのがうれしい。

良く似た湯の色では、長野県の松代温泉。
別府の「血の池地獄」ほどは赤くはなく、
泊まったことのある妙見温泉の田中会館の温泉より色が濃い。

クリックすると元のサイズで表示します

血流が約7倍になると書かれているが、
ほんまに、よくなり過ぎた感じ。

夜になっても、「春になったのか?」と思うくらい、
身体がホッカホカ。

 クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
   このように入るのがお勧めのよう。

日帰り可能な範囲で、こんな最強の温泉があったなんて、
全く知らなかったな〜。

それにしても、これほどの温泉が、何で有名でないんやろ?
新聞にあんな大きな広告を出して、費用対効果はどうなんやろ?

有馬温泉と比べたら、ずっと少ないお客さんの数で、
果たして経営は大丈夫なんやろか?

などなど、私はいつものように詮索。。。

「最低1年一度は行きたい温泉」と、私は思ったが、
夫はすっかり気に入り「そのうち一人で湯治に行こうかな〜」と。
4
タグ: 和歌山 温泉

2015/1/10

トコ助産院の動き活発化。モニター入院も開始します  トコ会館・トコ助産院の様子

トコ助産院では8月のオープン以来、各種クラスや、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       (マタニティヨガクラスの様子↑)
クリックすると元のサイズで表示します
   (まんまる育児クラスの様子↑   らくらく育児クラスの様子↓)
クリックすると元のサイズで表示します

おっぱいトラブルや母乳育児指導外来、
体の痛みや不調のケア外来、ランチ会

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       (ランチ会の様子↑↓)
クリックすると元のサイズで表示します

デイケアなどを行っていています。

「日経ヘルス」2015年1月号の「Trend & News」のページで
トコ助産院が紹介されました。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     記事についての詳細はこちら

口コミやこの記事の影響もあってか、
利用される方も、助産師スタッフも増えて来ました\(^o^)/

それに伴い、産褥入院の問い合わせや要望も高くなってきましたので、
モニター入院を、今月には開始する予定です。

詳細が決まり次第、トコ助産院のブログでお伝えします。

デイケアは、12月末まで、モニター料金で行ってきましたが、
2015年1月より正規の料金にて行います。デイケアの詳細はこちら

激しく泣き叫ぶ赤ちゃんも、やさしくケアを受けてグッスリ
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
その間に、ママも身体の痛みや不調、疲れを癒し、グッスリ Z Z Z Z・・・
至福のひとときを、貴女もぜひ味わってください。

お問い合わせ、ご予約は075(257)1103(いいおさん)まで。
4

2015/1/9

渡部信子の施術日程  整体・カイロプラクティック

健美サロン渡部での、私の施術日程が分かりにくいので、
こちらにも書いています。

東京の高輪サロンの予約があまりに多いので、
2.3月ともに日数を増やしたため、余裕ができました。

こんな方はぜひどうぞ。

・健美サロンの会員証をお持ちの方で、
 産後1年以上経っているが、久々に私の施術を受けたいと思われる方

・「らくらく育児」などのクラスを受けたことがあり、
 最近気になることがある方

・トコカイロ学院のケア師2級以上人から勧められた方

2/9(月)
午前・午後ともOK

2/10(火)
午前のみOK

3/6(金)
午前・午後ともOK

高輪の予約専用電話は、090-6827-7431です。

・・・・・・・・・・

奈良県の生駒サロン名古屋サロンについては
予約をお取りいただけそうではないので、掲載していません。

生駒・名古屋をご希望の方は京都で
最低一度、施術を受けられますと
その後、生駒・名古屋での予約を取りやすくなります。

京都の方は施術日数が多いため、
日によってはすでに満員の場合もありますが
(土)以外は、他のサロンほど満員ということはありません。

京都トコ会館
<2015年1月>
13(火)
15(木)
30(金)

<2015年2月>
19(木)
20(金)
27(金)

なお、京都は施術スタッフが数名いるため、
私の施術予約には制限を設けています。

私は以下のようなことをおっしゃる人は、絶対に施術いたしません。

・お尻を小さくしてほしいんです。それ以外はしていりません。
・運動したくないので、施術で痩せるようにしてください。
・本とか説明書を読むのは嫌いです。何も知らないんですから、
 分かるように教えてくださいな。そのために来たんですから。
・ウエストニッパーってなぜ悪いんですか?
 納得できるように説明してください。

また、私は化粧品の匂いに弱いため、強い香料の厚化粧の方の
施術は、吐き気を催すためできませんので、お断りしています。

過去にはこんな方があったので、以上のような制限を設けたのですが、
助産師などにトコベルの着け方を
教えてもらったことがある方でしたら、OKです。

私の施術を受けておられる会員さんの家族の方も
予約に余裕がある場合は、可能ですので、ご希望の方はどうぞ!

【予約は電話で】
京都サロン・・・・075-257-5373
名古屋サロン・・052-452-5215

京都トコ会館全体のスケジュールはこちらをご覧ください。
6

2015/1/5

すっとん漬け  グルメ(自宅)

12/27(土)の夕方、神奈川県厚木市に住む助産師が、
息子さん二人を連れて、厚木市の名産品、
すっとん漬けを抱えて生駒の家にやって来た。
                     ↓
写真は厚木市観光協会HPよりクリックすると元のサイズで表示します

彼女の実家は奈良。
花園ラグビー場で開かれている全国高校ラグビー大会の
観戦を兼ねての帰省。

私はお礼に、息子さん二人を施術。

翌日から孫3人と、その親ではない息子夫婦がやって来て
ドタバタとした中、お節作りなどの台所仕事、
その合間をぬって、『骨盤メンテバイブル』作り…。

洗濯に掃除、日帰り温泉…と忙しくしていたら
冷蔵庫のような寒い部屋に、
すっとん漬けを置いたまま、忘れていた。

2/1(金)にみんな帰って、3(土)になってから、
「あっ豚肉!」と思い出して、開いてみたら
「1週間以内に食べてください」と書いてあった(>_<)

「もらってからちょうど1週間やし、大丈夫や!」
と開けてみると…、良かった、いい香りや〜。
ステーキのような厚切りの味噌漬け肉が、10枚くらい入っている。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

夕食のおかずに、すぐに2枚焼くことにし、
中火で短時間で焼いたつもりが、ちょっと焼き過ぎた(-"-; 
            ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

そうとう黒くなったが、黒コゲの味噌を箸で落としてから
皿に乗せ、ナイフで切ることもなく、箸でつまんで、
大口を開けて「パクッ!」と食べたら、やわらかい〜。

それに、全然焦げ臭さくない。
それどころか、香ばしい味噌の香りと熟成した豚肉の美味しさが
口中に広がり、え〜っ、何という旨さ〜(@@/

こんな大きな肉なのに、2口で食べただけで、2/3が皿の上から消えた。
残りは1口で食べられそうだったが、もったいなので、2口で食べた。

翌日は、能と狂言を観に大阪に出る。
大阪で夫と外食しようかの話になったが
「豚肉の方がいい」との結論で、2日続けて食べた。

2日目の方が、コゲはましだったが、甘みがあるのでとてもコゲやすい。
弱火で短時間で焼いても、ちゃんと中まで火が通っている。

「これは味醂干しを焼くつもりで焼かないといけないんや」と
やっと悟った。

残りの6枚(たぶん)は、4(日)のうちに長男に電話し
「食べるか?」と聞いたら「食べたい」と言うので、
長男の家族の忘れ物のクーラーバッグに入れて、
5(月)の朝、京都に運んだ。

我々関西人にとっては、関東の庶民の味で
「美味しい!」と思うものは…正直なところあまりないが、
私は関東風の黒っぽくて甘辛い汁が注がれた天丼は好き。

関西の出しの効いたあっさり味の天丼も美味しいが
あまり食べたいとは思わない。
むしろ関東の天丼は、時折無性に「食べたい!」と思うことがある。

味噌漬けを私流に東西で比較すると
関西の白味噌に漬けこんだ、サワラの西京漬けと
厚木のすっとん漬け…、これはいい勝負、

どっちも「クセになそうな美味しさ」である。
3
タグ: 豚肉

2015/1/4

初めての能-大槻能楽堂-  観劇・ライブ・映画など

1/4(日)は人生初の能舞台鑑賞

夫と二人、14:00開演に向け、
13:30の開場少し前には、大槻能楽堂の前に到着。

    立派な門松が飾られた玄関を入ると、
     ↓                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

正面にお正月らしい豪華な生け花。さすが格調高い。
              ↓           
クリックすると元のサイズで表示します

   白いポールのような花。珍しい。見たことがない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今回の入場券は、ご主人さんと息子さんが能をされている
健美サロン渡部の会員さんからいただいた。
           ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

能のことは全く知らない私だが、
「野村萬斎さんが出演されるんですよ。観に行かれませんか?」
と誘ってもらい、「行きたい!」と即答。

テレビと映画のぼうの城でしか見たことのない
野村萬斎さんを、「生で見られるなんて!」と
天にも昇る…、
いや、
忍城周囲のダム湖となった小舟に
乗ったかのように体が小躍りし出した。

      ビラの一部
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
ここに出演者の名前が載っていて、野村万作・野村萬斎と載っている。
                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します


野村萬斎さんと、お父上で人間国宝の野村万作さんを
同時に観られるなんて、何という光栄!

   初めて足を運び入れた能楽堂。ワクワク
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新春能二日目のプログラムは、能「翁」、狂言「六地蔵」と、能「羽衣」
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
                   この部分を拡大すると
                   ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

「翁」はとても珍しいという、二人シテ(主人公)に、二人三番叟

能の舞い手については全く分からない私。
三番叟の二人は、野村親子であることくらいはすぐにわかった。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
三番叟の二人は、途中からからこんなお面をかぶった。
でも、動きの若さが違うので、
どちらが父か子かは、分からなくなることはなかった。

シテ・三番叟・千歳の身体能力の素晴らしさに見入ってしまった。

「翁」が終わったところで休憩時間。
トイレに行っていると、「ロビーで鏡開きをしているので
樽酒を飲みに来るように」とのアナウンスが聞こえた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

樽酒と甘酒をいただき、その後は、狂言「六地蔵」
能と比べて狂言はよくわかり、面白い。

萬斎さんの軽快な声と動きで笑った後は、能「羽衣」

ゆったりとした動きと鼓の音と声…
だんだん樽酒がまわって来てウトウト…。

   終わった後、舞台を撮影しながら
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年の公演予定のパンフレットを見ながら、
こんなきれいな能衣装の舞台も観てみたいなぁ…と思いつつ
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

玄関を出たところで、入場券を下さった方とばったり出会ておしゃべり。

その方も「私はよく寝ています」とおっしゃっていたが、
「下手な能だと寝られない」らしい。
上手な能は気持ち良くなって、眠りを誘うのだと。

日本には素晴らしい伝統芸能があるのに、
それらに触れることなく年老いて
動けなくなってしまっては、味気ない。

これからの人生は、働き過ぎることなく、
いろんなものを観て、体験して、歌って、踊って、食べて、
楽しく充実した日々を送りながら、歳を重ねていきたい。
5
タグ:  野村萬斎



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ