最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/13

産道に赤ちゃんが上手く入れる体操  妊娠・出産

気になる森三中の大島美幸さんのお産、
夫、鈴木おさむさんのブログによると、
予定日が過ぎたのに、まだ出産されていないようだ。

私自身の出産も、3回とも、予定日を10日くらい過ぎてだったし、
少々遅れたとしても、別段心配することはないのだが…、

何しろ私はここの大島美幸の妊娠力向上委員会の記事にあるように、
彼女の妊娠力向上にかかわった一人。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
その次の号では、子宮筋腫の手術を受けられたことが載っていた。
妊娠されたのはその後。

子宮筋腫核出術後の妊娠の人は、多くの場合、
子宮に切ったキズがあるので、前回帝王切開の人と同様
妊娠37〜38週に、計画的に帝王切開になる。

それで、私はてっきり、
大島さんは帝王切開になるものだと、思い込んでいた。

ところが予定日は6月上旬だということなのに、
まだ生まれたというニュースが流れて来ない。

気になって、鈴木おさむさんのブログを訪れ、読んでみると、
まだ陣痛は来ていなくて、

> お腹がかなり下がってきている気はします。

と書かれている。

陣痛が起きて順調に進まないと、緊急帝王切開になる可能性が高い。

私も彼女の体に触れ、施術を行った一人として、
こうなった以上は「安産してほしい」と心底思う。

そこで思い出したのが、昨年の秋、
VBAC(ヴイバック=前回帝王切開での経腟分娩)に成功された方のこと。

彼女は身長が150cmに足りない小柄な体で、一人目は逆子で帝王切開。
私の施術日に毎月通われ、骨盤のセルフケアも頑張ってされていた。

その彼女から、妊娠39週に入ってから連絡があった。

「赤ちゃんの頭が骨盤に入って来ない。陣痛が来ない。
このまま入らなかったら帝王切開だと、お医者さんに言われた」と。

私も「ここで帝王切開とは、悔しい」と思って、
赤ちゃんの頭が産道に進入しやすくなる体操の写真を撮って
これら体操をするよう知らせた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この姿勢で、壁・冷蔵庫・流し台の扉などの、拭き掃除をするといい。

腰が痛くてツライなら、トコちゃんベルトを着けてするといい。
               ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

陣痛が来はじめたら、椅子に前後逆に、このように座って
このような姿勢で、モゾモゾと、体を動かしながら過ごすといい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

洋式トイレなら、普通に座って、モゾモゾと体を動かすと、もっといい。
このようなアドバイスをして、安産を願った。

するとそれから間もなく、陣痛が起き、
予定日の2日前に、無事、自然分娩された。

3kgに少し足りないくらいの、元気な赤ちゃんで
分娩所要時間(陣痛が10分間隔になってから生まれるまでの時間)は、
12時間。
昔からの初産婦の平均的な所要時間。つまり、とても自然。

彼女も頑張ったが、産婦人科のお医者さんにも感謝、感謝。
12時間、よくぞ待って下さったことよ。

私とはかなり懇意だった彼の病院の方に向かって、
私は何度も頭を下げた。

ここに紹介した体操をする前に、
骨盤高位(お尻を高くする姿勢)で、体をもぞもぞと動かすと、
さらに効果が高くなります。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赤ちゃんの頭を一度、上の方にバックさせると、
次は赤ちゃんが通りやすい姿勢になって、
産道に進入しやすくなるのです。

狭い路地に車を進めた時に、電柱や塀に接触したら、
バックしてハンドルを切り変えてから、
再度進むと、上手く通れるのと同じです。

安産体操はこれらの本にもたくさん載せています。

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
『バイブル』はこちらか健美サロン渡部などでしか買えません。

安産は自分で勝ち取ろう、必勝 安産!
13
タグ: 安産

2015/6/11

カメラ買い替え前後の生駒の庭  ガーデニング(生駒の庭)

6/1〜の生駒の花たち。マツバギクが鮮やかに咲きそろった。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年買ったシモツケソウ。枯れることなくきれいに咲いた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今年もホトトギスの鳴き声とともに咲いたニシキウツギ
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2本あるサクラウツギは大きく育ち、いっぱい花を咲かせた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
クレナイは一つしか咲かなかった。伊予の華は今年もたくさん咲いた。
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      西側の星咲き蝦夷はきれいに咲いた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

七段花は育ちが悪く、しかも、いい時期に撮影できず、サッパリ(-"-; 
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     北庭のアジサイは、今年も青色が美しい。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  ブルーベリーの実がたくさん生っていて、楽しみ(^_^)v
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

以上はニコン、以下はキャノンのコンパクトデジカメで撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
西洋アジサイのアナベル    ごく一般的な花紫陽花
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
            墨田の花火
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新旧カメラには、まだ写り映えに差がない。
使いこなせていないってことやね〜。

それにしても毎年、ほとんど同じ花や。

みんなみんな、あまり大きく育っても困るが、
夏の水不足のせいか、ほどほどに留まってくれていて、助かる。
3

2015/6/10

大阪新歌舞伎座-18- コロッケ   観劇・ライブ・映画など

6/10(水)は新歌舞伎座、コロッケショー

 クリックすると元のサイズで表示します

私はモノマネは大好き、けっこう上手い類の人間なので、
以前から清水アキラ・コロッケのショーは見たいと思っていた。

しかし、なかなかそんな機会は持てなかったが、
ついにそんな日がやってきた。

     賑やかなカタログの表紙
        ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

マネられている歌手と、歌い方が似ているというわけではないが、
特徴をうまくつかんでいることに感服。

テレビで見るのとは違って、生で見コロッケさんは、体格がいい!
しぐさも立体的なせいか、とても面白い。

モノマネ落語も面白かった。落語家顔負けや〜。

それとさらに驚いたのは、
「秋川雅史さんがこの歌を歌ったとしたら?」と、
マネて歌った時。

「本物の声楽家か?!」と思うほど、
素晴らしい声量と、艶のある太い声!

正直なところ、私は秋川さんよりコロッケさんの歌に惹かれた。

これだけの声で歌えても、
声楽家や本格派歌手を目指すのではなく
モノマネの道を選んだということに、私はちょっとシヨック。

ということは、子どものころから、
よほどモノマネが好きだったんでしょうね。

それに声楽家を目指すなら音楽大学に行かないとなれない。
貧しい家庭で育った子は、
そんな大学に通わせてもらえるわけがない。

私が中学校の時に、同じ合唱部にいた友が、
音楽大学の付属高校に入った。
その時、私はとってもうらやましかった。

でも、ピアノはおろかオルガンすら買ってもらえなかった私は
ただただ、家事を手伝いながら、一人で歌うだけだった。

フィナーレでは、北島三郎最終座長公演で使った
金の龍に乗って現れた。北島さんから貸してもらったそうな。

そしてさらに、最後には、
前方座席の観客の頭の上から、金銀のテープが降ってきた。

 クリックすると元のサイズで表示します

私は「記念になりそう」と思ったと同時に、
「健美フェスタなどのイベントの時に
飾りつけに役立つかも?」と、たくさん拾って持ち帰った。

そして、ロビーで表紙と帯にひかれて、本も買った。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

『マネる技術』。ほんまに、私が悩まされているのは
マネることのできない助産師などのケアギバーの多さである。

セミナーでは、きちんと、ゆっくり、説明しながら
診察の仕方や、体の調整技術を見せているのに、
それを見て、マネることのできない人があまりにも多い。

言葉も、歌も、踊りも、料理も、家事も、病院での仕事も
みんなマネて、覚え、できるようになってきたのに。。。

もちろん、私もコロッケさんのように
上手くマネられるわけではない。

でも、セミナー受講生には、
少しくらい似たことができるようになってほしい。

この本から、何らかのヒントを得られると、嬉しいなぁ。
2

2015/6/9

カメラ買い替え前後の京都の庭  ガーデニング(京都の庭)

5/30には鮮やかな紅色になった山紫陽花の一種 クレナイは
雨に打たれながらも、日ごとに色濃くなってきた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
雨で薄暗い庭にも、紅がさしたようでうれしくなる(6/3)
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
   ガクアジサイも、たっぷりの雨で、元気ハツラツ
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

雨で倒れたヒューケラ(ヒューケレラ?)の花や、
伸び過ぎた木の枝は、切って、如来さんにお供え。
    ↓                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

以上は、6/3に撮影。これらがニコンのカメラでの最後の写真となった。

以下は、6/9にキャノンのカメラで撮影。
紅のガクは垂れさがって、上から見るとちっとも美しくなくなった。
                
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
でも、新しいカメラは液晶画面を動かせるので、
カメラを下から構えても、上から液晶画面が見られるので便利。

額紫陽花のガクも垂れ下がり気味だが、これも下から撮れた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

名前を知らない常緑の広葉樹にも、長い雄しべの白い花。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
一枝を切って、如来さんにお供え。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                      ガクアジサイも

使い勝手がずいぶん違い、まだ新しいカメラには全く慣れない。
なかなか説明書を読む暇がないし、読んでも分からない(-"-; 

落下させないよう、壊さないよう、気をつけて末長く使おう。
3
タグ: アジサイ

2015/6/8

デジカメ破損・CANINをゲット  その他つれづれ

6/6(土)、福知山でのメンテ“力”upセミナーの1日目
開講前に、愛用のデジカメを床に落下。

撮影したデータは見ることができるのに、
撮影不能となってしまった(涙)

それで、福知山では1枚の写真も撮れず(涙)

このカメラを購入したのは、2011年10月12日(水)、
名古屋のビックカメラで、3万円もしなかった。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

このカメラを持って新宿御苑に撮影に行ったのが、10/16日(日)
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
   スズカケ並木のこの写真がとても気にいり、
このカメラが大好きになり、それ以来、2万枚以上は撮っただろうか?

でもこの春以来、「私のデジカメより、
他の人達のスマホの方がきれいに撮れているのでは?」
と思うことがしばしばあった。

「そろそろ買い替えの時期かな?」と感じていたので、
あまり精神的打撃はなく、「新しいのを買おう!」と即決した。

6/7(日)20時、福知山から京都駅に着くと、ビックカメラに直行。
店員さんの説明を聞いているうちに、
前回のより倍以上の値段がしたが、今回はこれに決めた。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

J-Westとビックカメラのカードを統合させたカードを作るよう勧められて
お店のパソコンで長い時間格闘して、ようやく作業を終えたところで、
私の持っていたカードでは統合できないと分かり、ガックリ_| ̄|○

ヘトヘトに疲れて、トコ会館の自室に戻り、しばらく茫然。
しばらく休んだ後、「何か撮ろう!」と撮ったのがこれ。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

他に撮るようなものは何もないから。

これは、2013年5月に、屋根裏で購入したカピス貝のセード。
この写真は引っ越す前に生駒の家で撮影したもの。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「これを私の部屋に掛けよう!」と3,000円で購入した。 
                             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

狭くて無機質な私の部屋を、温かい光で照らしてくれるので、
私の大のお気に入りとなってしまった。
4

2015/6/7

メンテ“力”upセミナー@福知山  トコ企画セミナー

6/6(土).7(日)は、京都府福知山市でのメンテ“力”upセミナー

福知山は、福井県・京都府・兵庫県にまたがる日本海側の地域の
交通の要衝で、その中心の町。

JR福知山駅に隣接するくらいの近さにある
「市民交流プラザふくちやま」が会場。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

福知山市で新生児訪問をしたり、
産婦人科医院でアルバイトで働きながら
トコカイロ学院で勉強続けている助産師、
木下さんの尽力で、今回のセミナーが成立した。

木下さんのコラムはこちらから読めます。

受講者は1日目は23人、2日目は19人と、少なかったが、
何しろこの地域の助産師人口は少ないので、
これでもよく集まったものだと思う。

この日の開講と同時に、愛用のニコンのデジカメを床に落下。
それっきり、撮影できなくなってしまった。

それで、福知山では写真を1枚も撮れなかったのだが、
トコ企画の川西事務局員が撮ったものをもらった。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

カメラがない人生は、2日といえども、さみしいもんやねぇ。
1
タグ: 福知山 骨盤

2015/6/6

「とりなご」@京都府福知山市  グルメ(外食・中食)

6/6(土).7(日)、京都府福知山市でのメンテ“力”upセミナーの
1日目終了後、地元でセミナー成功のために頑張ってくれた助産師達と
私と川西事務局員とで、食事に行くことになった。

選ばれた店は、助産師の一人の知り合いが働いているという
「とりなご」。鴨料理の店で、東京の恵比寿にも支店があるそうな。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
            “鴨すき”がこのお店の看板料理
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

子どもの頃は毎年、近所の人からもらった鴨で、
鴨鍋を食べていたが、
何となく「青臭い」と感じて、私はあまり好きではなかった。

でも、50年以上は食べていない気がする。
子どもの頃とは味覚も違うだろうし、プロの鴨料理は楽しみ。

美しい肉! シシノミ(イノシシ肉)みたい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
まずは、もも肉の唐揚。豪快で美味。鴨すきも上品で美味しい。
実家ではブツ切りだったから青臭かったのかも?   これが私
                                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

サラダやいろんな料理を次々と注文し、飲んで食べて。
一緒に食事していた人たちの施術も、次々にして、

クリックすると元のサイズで表示します

店員さんも軽快に歩きまわり、爽やかなに応対してくれる。
注文した料理は次々に運ばれて来て、ミスもトラブルもなし。

美味しく気持ち良く食事ができ、
いっぱいおしゃべりもできて、本当に楽しかった。

近畿以外では、これだけ気持ちのいいお店は少ないと感じる。
なにかと店員さんがドンクサイんやね〜。
3

2015/6/5

平安神宮神苑無料公開に  旅・レジャー・アウトドア

6/5(金)は年に一度の平安神宮神苑の無料公開日。

折しもこの日は、秋からトコ企画主催で開く予定の
「クレームに対応できるマナーアップセミナー」の
模擬セミナーを、京都トコ会館で開催する。

6/16(火)には東京でも開くのだが、
京都の方に、東京の北島助産師が申し込んだ。

その心は「何かにかこつけないと、京都に行くこともないから」と。
ということで、二人で平安神宮に行くことに決めた。

模擬セミナーは10時開講なので、
開苑の8:30に入れば、開講に十分間に合う。

      8:25に門の前で待ち合わせ
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  神苑の入り口に向かうと、たくさんの人が並んでいる。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すぐに開苑時間となり入苑。南神苑の木立の間をしばらく歩くと、
花菖蒲が一面に咲き誇る、西神苑が見えて来た。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

花菖蒲は最高の見頃。
私はこれで数回、この神苑に入ったが、花菖蒲の季節は、初めて。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
             睡蓮もたくさん咲いている
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

               中神苑のコウホネを眺めながら進むと、
                            ↓  
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
臥龍橋(豊臣秀吉が造営した三条大橋と五条大橋の橋脚の石材を使用)
      ↓                     ↓    
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
            ↑               ↑
     切り込みや、丸い穴が開けられた跡が埋められた形跡がある

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

       色とりどりの睡蓮を眺めながら進むと

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

   東神苑の池に掛けられた泰平閣(橋殿)が見えて来た
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    泰平閣をバックに記念撮影
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

京都御所から移築された建物とのことで、屋根裏も美しい。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

泰平閣から見る尚美館(貴賓館)。これも京都御所から移築された建物
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
サツキも見頃なのに、花菖蒲・睡蓮の引き立て役のようで可哀そう

               渡り終えた泰平閣
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

尚美館の横を通り抜けるとすぐに出口。しゃばに出てきた感じ。
        入ったのはこちら
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
          それにしても広い

「青丹よし…」という言葉がぴったりの平安神宮だが
丹(に=朱色)はずいぶんはげていて、
塗り直したらいいのに…と思ってしまった。

塗り直すのにも相当なお金がかかりそう。

以前は東神苑の池には、錦鯉がたくさんいたが、
今回は見当たらなかった。

維持費・修繕費捻出のために売られたのか?
それとも、病気で死んでしまったのだろうか?

丸太町通りまで歩き、タクシーに乗り、
京都御苑堺町御門の前で降り、苑内をほんの少し散歩。

そのままトコ会館に向かい、9:40に到着、
模擬セミナーにちゃんと間に合った。

いい時間が過ごせて良かった。
2
タグ: 京都 平安神宮

2015/6/3

らくらく育児クラス@京都、8組が参加  セミナー・クラス(一般対象)

6/3(水)は京都トコ会館でのらくらく育児クラス
5/21(木)の高輪での開催と同じ8組が参加。

クリックすると元のサイズで表示します

トコ会館内で働く助産師・保育士の3名と、
三重・徳島・島根県から3人の助産師がアシスト参加。

見学だけの参加は認めていないので、
見学を希望する人はアシストできる人に限っている。

「らくらく育児クラスにアシスト参加していたおかげで
まるまる育児アドバイザー養成試験に合格できた!」
と言う声が広がり、遠くから高い交通費を支払って
アシスト参加する助産師が増えて来た。

  いつものように首据わりや寝返りのチェック
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     足裏〜趾合わせチェックと体操

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

          おひなまきの練習

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

           発達のチェック

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

赤ちゃんを突然死から守るには
「アイロン台くらい硬い布団に仰向けに寝かせるのがいい」

とか

赤ちゃんの股関節脱臼を防ぐには、
股をカエルのように開いて抱くのがいい」

などという医師の意見が日本を覆っているが

それは赤ちゃんの心身全般の成長発達を考えての育児法とは
とても思えない。

なぜなら、何万年にもわたって、
人類はそんな育児をしてこなかったから。

子ども体のおかしさ、子どものロコモ、
小学生の校内暴力、小学校での学級崩壊…それらは
「乳児期の育てられ方と関係ない」と、誰が断言できるのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

今後のらくらく育児クラスの日程は以下の通りです。

6/30(火)京都トコ会館
7/3(金)福岡天神サロン
7/22(水)京都トコ会館・・・日程変更しました★
7/31(金)東京高輪サロン
8/11(火)京都トコ会館
8/20(木)東京高輪サロン
2

2015/6/2

第3回トコ助産院研修会  セミナー・クラス(一般対象)

6/29(月)は、トコ助産院の第3回研修会

これは、どなたでも参加していただけます。

【日時】
2015年6月29日(月) 10:00〜16:30

【プログラム】
午前 体験:「歌って楽しく産後ケア
       〜1時間でここまで変 わるの? ワァ〜ォ!」 
       講師:吉川 元子先生(助産師・トコ ヨガ講師)

午後 講演:「コントロールドラマと主導権」〜アドラー心理学より〜
       講師:井上 知子 先生(臨床心理士)

【受講費と対象】

@10:00〜12:00(お弁当・質疑応答なし)
 2,000円(税込)
 産後のお母さんと赤ちゃん、ヨガや体操などの指導者、助産師など

A10:00〜13:30(お弁当を食べながら、吉川先生との質疑応答、交流あり)
 4,000円+税

B10:00〜16:30
 トコ・カイロ学院ID No.保有者
 8,000円+税

 トコ・カイロ学院ID No.未保有者
 10,000円+税

【持ち物】

動きやすい服装、バスタオル、筆記用具

【備考】

お子様連れでのご参加は午前中のみ可能です。

井上知子先生には、昨年の11/26(水) 第1回研修会に
出講いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

大好評で、「もう1回! もっと時間を長く!」との意見が多く、
再度、出講いただくことになりました。

吉川元子先生と私は、これまで一緒にいくつもの雑誌に載ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

吉川さんにモデルさんの骨盤ケアの実技指導を
してもらったりしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

      書籍も一緒に作りました。
       ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

吉川元子先生からのメッセージ

産後ママ&ベビーの向けの「骨盤ケアクラス」の
私のコンセプトは、赤ちゃんと一緒に歌って踊って楽しいクラス

私は次のようなクラスを、10年以上担当しています。

●病院では…30人〜35人位の産後ママ&ベビーのクラス
    (会場は20畳位のフローリングに絨毯)

●児童館では…20人〜25人位の産後ママ&ベビーの講座

こういった企画や講座は、とにかく参加人数が多くて、
寝て体操する場所がありません。

飛び入り参加もあり、持ち物が持てなかったりと、
立って体操せざるをえないのです。

今回、ご紹介するのは、
隣の人と、ぶつかりそうなこんな状況でも、
短時間で身体をほぐす体操ですo(^-^)o

「えっ〜!」これで?という、感じで
ビックリするほど変化しますよo(^-^)o

・ヨガやピラティス、フラダンスなどの導入運動としてオススメ!
 特に骨盤の動きが良くなり、ヨガのポーズがとりやすくなったり、
 お尻の振りが良くなったり、準備体操としても good !

・産後のクラスにオススメ!
 オッパイトラブル改善の近道「くまむし体操」
 古武術の半身の姿勢を応用した骨盤調整体操の「ちょうだい体操」
 「立位のネコのポーズ」などをご紹介します!

自分のための参加、大歓迎!
産後のクラスを企画・担当されている方も、もちろん!

「ピン! 」と来た方、来てくださいね〜! 京都でお会いしましょう!

 クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
   いつも元気で華やかな元子先生です。

吉川先生のブログもこちらからご参照ください。

【申込み・問い合わせ】

京都:電話 075−257−5373 or 予約フォーム ⇒ こちら 

どうぞみなさん、6/29(月) 京都トコホールで
「吉川元子ワールド」を、楽しんでください\(^o^)/
3
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤

2015/6/1

北島美代子さんが講師デビュー@らしくの母子保健指導力upセミナー  トコ企画セミナー

5/17(日)、トコ企画セミナーの講師が一人デビューしました。

らしくの母子保健指導力upセミナーの講師、
   北島美代子さんです。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この1カ月前、4/14(火)に、東京都港区高輪で、
らしくの母子保健指導力upセミナーが開かれた時は
講師は宮崎加代子さん、
北島さんはサブ講師として、講義の一部を担当。

そして、5/17(日)、同会場で
サブ講師として参加した宮崎さんに見守られて、
北島さんが、ついに、講師デビューを果たしました!

この日は、助産師9名、医療職ではない育児アドバイザー1名、
合計10名の参加がありました。

さぁ、次は明日、6/2(火)、同じ会場で本格デビューです。
受講生は13名の予定です。

今度は見守ってくれる先輩講師は来てくれません。
頑張って! 北島さん!

今後の、高輪での開催日程は
・7/3(金)
・8/6(木)
・9/12(土)と続き、しばらくは高輪での講師は北島さんです。

高輪会場でのセミナーの様子は、こちらをご覧ください。
                ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します

北島さんは、自称「口先助産師」(@@;
つまり、手を動かすよりも口で保健指導するのが得意な助産師。

北島さんは、市民講座やPTAの思春期講座の講師として、
首都圏を中心に、とても人気のある講師なんですよ。

その北島さんの母子保健指導力upセミナーを
ぜひ、あなたも受講してみてくださいね!

5/28の配信のメンテ“力”up通信140号は、北島さんのコラム

「手も口も動かすのが得意な助産師を目指して、
                 何事にもチャレンジ(^_^)v」

全文はこちらからお読みいただけます。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ