最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/1

大分遠征-1- 別府  

12/1(火)の京都施術は、早めに終えられるよう予約を調整し、
16時過ぎには大分に向けて出発。

小倉でのぞみから特急ソニックに乗り換え、
20:35頃に別府に到着。

改札のところまで芦刈さんが迎えに来てくれて、
彼女の車で「とよ常」という魚料理の店に。

それぞれ定食を注文。パリパリに揚がったカレイの唐揚げ。
美味しくて尻尾もヒレも全部きれい食べた。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       二人でフグの唐揚げ(これも美味)と
 “りゅうきゅう”と称される魚の大分郷土料理を注文
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   塩でしめた刺身をゴマダレで和えたみたい。
   少し塩辛すぎて、全部は食べられなかった。

     芦刈さんの家では醤油味だそうだ。

   食後は、別府市営温泉「竹瓦(竹瓦温泉)」に。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  道後温泉のような古くて立派な唐破風造(からはふづくり)屋根
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     このサイトによると、明治12年(1879)創設で、
    現在の建物は昭和13年(1938)に建設されたものだと。

    内部も昭和。入浴料は、なんと100円(@o@)
    入館したのは22:10になっていたが、閉館は22:30と。

クリックすると元のサイズで表示します

急いで入り、浴室内の時計を見て、
5分前には着衣し始めていたのに

「閉館時間です!」と退出を促された。

「まだ5分ありますよ〜」と言うと
「あれっ、この時計、5分遅れている! でも、閉館にご協力ください!」と。

パンツいっちょで出て行くわけにもいかないので、
ゆっくり着衣し、誰もいなくなったこのレトロな浴室を撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーもお湯の出る蛇口もなく、
小さな掛かり湯の槽だけがある。

時間もないので、シャンプーもせず、さっと体を洗って、
温泉に浸かっただけだが、貴重な温泉体験だった。

22:35ピッタリに、悠然と歩きながら退館し、
車で大分市の芦刈さんの「リラハウス」へ。

道中、見たことのないくらい、きれいな赤い下弦の月。車を止めて撮影
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                                    ↑
橋の灯りが海面に反射し眩いばかり。お猿で有名な高崎山はここ。
3
タグ: 別府 温泉 竹瓦

2015/12/1

実葛・万両…「真っ赤な師走♪」  ガーデニング(生駒の庭)

12/1(火)の朝、京都に向かって生駒の家を飛び出ると、
実葛(サネガズラ)の実がいっぱい、目に飛び込んできた。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑            ↑
あまりのきれいさにパチリ。その下の、万両の実も真っ赤。

実葛の実からはびんづけ油が採れるので、
美男葛とも呼ばれる。

去年までは、こんなにたくさん実をつけなかったし、
今年は赤くなって初めて、「こんなにたくさん!」と気付いた。

東の万両も真っ赤。今年はどちらもたくさん実がなった。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ナンテンの葉も赤くなり、
「真っ赤な秋♪」ならぬ、「真っ赤な師走♪」になってきた。
        ↓       
   クリックすると元のサイズで表示します

でも、カエデはまだ全く紅葉していない。

  玄関の前に咲いている千日紅。
  種が飛んできて勝手に育ったようだが、
  もう3カ月も赤い色のまま咲いている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ドライフラワーにしたら、3年間赤い色を保つといわれる千日紅
  今からでもドライフラワーになるかな?

夏ミカンも4個、黄色く色づいてきて、あざやか。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この椿は毎年11月には咲く。サザンカではないのに。。。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は初めて千両も大きな実をつけたのに、
撮影し忘れた_| ̄|○

またの機会に、きっと、もっときれいになる気がする。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ