最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/3

山鹿 ‐灯籠・八千代座・鞠智城-  史跡

山鹿に到着し、さくら湯の近くの駐車場に車を止め、
さくら湯を撮影。お城か大きな旅館のよう。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

さくら湯の2階に展示されている、
灯籠師の徳永正弘さんの追悼展を見学。

その後、隣の観光案内所に入り、
この男性からいろいろと説明を聞いていると、
何度も山鹿に来たくなった。
 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
頭上からするすると降りて来た金灯籠を頭でキャッチし、
太宰府天満宮の奉納灯籠をバックに、記念撮影。

灯籠民芸館が改装中で見学できず、残念。

しかし、観光案内所隣にある温泉プラザの2階が
仮の展示場となっているので、そちらに移動。

山鹿の灯籠まつりは1,900年前、第12代・景行天皇を
山鹿に迎えたときに始まったとのこと。

1,900年前って、弥生時代が始まって間もない頃。
そんな昔から、形を変えながらも続いているのだろうか? すごい。

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの奉納灯籠を片っ端からカメラに収めたが載せきれず…。

クリックすると元のサイズで表示します

姫路城をはじめ全国の有名な建物が、たくさん和紙だけで作られている。

   古式台灯というそうだが、立派でひときわ美しい。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

法隆寺の五重の塔  山鹿市にある鞠智城(きくちじょう)鼓楼(ころう)  
       ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後、八千代座を見学。

今なお、子ども歌舞伎や、小中高等学校の踊りなどの発表会、
中高年女性のフラダンスの発表会に使われていることを

クリックすると元のサイズで表示します

    案内の女性が演技をしながら解説してくれる。
       彼女の身体能力の素晴らしいこと!

クリックすると元のサイズで表示します

俳優をしていた人かと思ったが、保育士だったとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

奈落も見学し、回り舞台を私も押してみたが全く動かなかった。
朝青龍は一人で動かしたそうだから、すごいね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

それから、鞠智城へと向かって走ると、突然目の前にそびえ立つ鼓楼!
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鞠智城は7世紀後半(約1,300年前)に、大和朝廷が築いた山城の一つ。

663年の白村江(はくすきのえ)の戦いで
唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が、
日本列島への侵攻に備え、西日本各地に城を築いた。

その要の城が大野城で、その補給基地として使われていたと。

   鼓楼の内部は柱がみっちりと林立していて、芯柱がない。
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

    これは発見された当時そのままの柱跡
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 ↑
 ここの売店に大きくて軽いきれいなバッグが、
  1600円で売られていた。
                ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

  今のショルダーバッグは小さくて不便なので購入
    いい買い物ができた(*^_^*)

私の買い物はたいていこんな旅や、移動の途中に済ませる。
4
タグ: 山鹿 熊本 鞠智城

2015/12/3

くじゅう連山⇒阿蘇 大観峰  旅・レジャー・アウトドア

12/3(木)は私も芦刈さんも休日。
芦刈さんが「どこか観光に行きましょう。案内します!」と。

そして、「どこがいいですか?」と言うので、
遠慮なく「山鹿に行きたい!」と答えた。

私はずいぶん前から、「山鹿の盆踊りを見るのは難しそうだが、
奉納灯籠だけでもいいので、一度見てみたい」と思っていた。

でも芦刈さんは、「やまが?」と不思議そう。

でも、私のリクエストに答えてくれて、
その途中の、くじゅう連山と阿蘇の大観峰を目指し走った。

くじゅう連山が真っ青な空のもとに雄姿を現すと、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その手前には「まんじゅうハウス」が建っている。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここは芦刈さんのアシスタント助産師の実母が開いているお店。

ここでトマト・まんじゅうなどを購入し、
しばらく店内でおしゃべりしてから、再びスタート。

一番きれいな時は過ぎたけども、
まだ美しさを保っているススキの大平原を
横目で眺めながら走っていくと、だんだん雲行きが怪しくなり…
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大観峰に着くと、小雨混じりの体が吹き飛ばされそうな強風。
いや、ほんまに30cmほど吹き飛ばされた\(◎o◎)/
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
ストールを帽子の上からかぶり、上着の中に詰め込み、
なんとか記念撮影ができたが、すぐにレストハウスに向かって逃走。

そこで目に入ったのがこのかわいい
「鯛はめでタイ」の下げもん
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

「よし、これをあの殺風景な京都トコ会館の
            私の部屋に飾ろう!」と購入。

11:35。山鹿で昼食を摂ることとして、小腹がすいたので
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    車の中で高菜のまんじゅうを1個食べた。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ほどよい塩味で、とっても美味しい(*^^*)!!
2
タグ: 阿蘇



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ