最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/13

『「学力」の経済学』が届いた  赤ちゃん・子ども

12/4の記事子どもへの投資は生まれる前が最も効果的!
の中に投場している、慶応大学の准教授は、
中室牧子先生と分かった。

教えてくれたのは、静岡市の佐藤めぐみ助産師

私がフェイスブックに、上のブログを書いたことを投稿したら、
コメントで先生の名前を教えてくれた。

さっそく、中室先生の著書『「学力」の経済学』を注文。

アマゾンの教育学一般関連書籍の売れ筋ランキング1位に
輝いている!

12/11(金)に届き、パラパラとめくっていると、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
       NHKでテレビで放映されていたグラフの原図があった

この概念図は、ノーべル経済学賞を受賞したヘックマン教授らの
著書で用いられたものだとのこと。

そして、この概念図は

人的資本への投資はとにかく子どもが小さいうちに
行うべきだということを示しています。


と書かれている。そして、次のように続く。

・・・・・・・・・・・・・

「教育」と限定せずに、
「人的資本」への投資としたのには理由があります。

人的資本とは、人間が持つ知識や技能の総称ですから、
人的資本への投資には、しつけなどの人格形成や、
体力や健康などへの出費も含みます。

・・・・・・・・・・・・

今の日本の乳幼児の体は、ほんまに大変なことになっている。

私のサロンに連れて来られる子は、
体に問題があるのは当然だが、

保育園で、手遊び歌やリトミックが成り立たないとか、
小学校での学級崩壊の話を聞くたびに、

「まずは体を健康にしてあげようよ」と言いたくなる。

そして、生まれてからだけでなく、
生まれる前の胎勢(胎児期の姿勢)から、楽にしてあげてほしい。

「それが、有能な人的資本を育てることに直結する」

「このままでは将来の日本の人的資本は、著しく目減りする」

このように、我々は考えてている。

しかし、まだまだ日本人全体の
意識が大きく変わるまでには至っていない。

我々だけでなく、経済学者や経済界の人たちも
もっともっと、
「胎児〜幼児期の体力増進・健康増進の大切さを、
訴えてほしい」と、思う。

でも、この本がベスト1位になっているんだから、
「少しずつ日本人の意識も、きっと変わる」と期待している。
5
タグ: 学力 赤ちゃん 経済



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ