最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/17

上茶谷@京都市中京区  グルメ(外食・中食)

12/17のセミナーと大極拳が終わった後、
山口さんと一緒に食事に行くことにした。

山口さんにどんなものが食べたいかと尋ねたら
トコ会館のスタッフの一人に教えてもらった
居酒屋上茶谷がいい」と。

私も以前その店のことを聞いたことがあったので、
「一度行ってみたい」と思っていたところだった。

すぐに意見が一致し、歩いて5分もかかることなく、到着。

店内はほとんど満席に見えたが、
カウンターの一番が空いていて、
そちらに案内され着席。

美味しかった1位は、しめサバ。うっかり一切れ食べてから撮影。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
   第2位は、里芋の唐揚げ。これも1個食べてから撮影

しめサバは酸っぱ過ぎず、軟らかいのにしまっていて、美味しい。

身の半分以上が白くなって、バサバサしたものは
食べる気がしないが、これは久々に、うならせてくれた。

サバ好きの私には、感激の味。

里芋は「そこそこ軟らかく炊いて、下味をつけてから揚げたもの」
と想像したが、自分では作るのは面倒な一品なので、ありがたい。

「この二つを食べに来るだけでも値打ちがある」と感じた。

「揚げ出し豆腐」ならぬ「揚げ出しトマト」(@o@)意外と美味♪
これもうっかり、二人で分けて半分以上食べてから撮影。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
               ネギ鶏も一切れ食べてから撮影(*_*;
       これも表面がサックリしていて、舌ざわり味も良好。

カメラを目の前に置いているのに、撮り忘れる。
ほんまに、どんだけ食い気が勝っているんや?(^^;

加熱調味したキノコたっぷりの野菜サラダ。
これもうっかり、二人で分けて半分以上食べてから撮影(*_*;
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑            
              しめは、山口さんはザル蕎麦、私はかす汁

      かす汁は京風? 白味噌が加わっているのだろうか? 甘い。
      これはこれで美味しいが、かなり予想外の味だった。

一口ずつ交換して味見。ザル蕎麦は「まあ普通」と思った。

ワースト1は通しの「くみ上げ湯葉」。
黒っぽい醤油の塩辛い出し汁がかかっていて、
舌が麻痺。湯葉の旨みは全く感じられず。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
        おでんは、大根とスジ肉のエグミが充満している。

“通し”は最初に出てくる品であるだけに、それがとんでもなくまずいと
「注文した品がすべてこんなにまずいのか?!」と、怖くなる。

なので、すぐに板前さんに「塩辛い。ひどい」
「これが京都の店が出す品か?!」などと、断固抗議する。

おでんは、たくさん頼んで失敗。
「まずは大根だけ頼むべきだった」と反省。
コンビニのおでんに、完全に負けている。

おでんを仕込んでいるのは板長ではなく、
少し若い男性だとのことだったが、
おでんの基本から勉強しなおしてほしい。

それぞれの料理は、あまり高くないので、
お酒を飲みながら、酒の肴として何点か注文するには、
合計の支払い金額はさほど高くならないので、よさそう。

しかし、我々のように腹ペコで行って、
食べて飲んでだと、注文する品数も多くなるので、安くはない。

さんざん批判したり褒めたりと、うるさいお客だったためか
支払いを済ませて外に出ると、板長さんが見送りに出て来て
いろいろと質問されたので答えながら、しばらくおしゃべり。

それで、結局、「次に行く気になるか?」と自問すると
答えは、「行く」である。

しめサバ・里芋の唐揚げ・揚げ出しトマト・キノコの野菜サラダなどは
何度でも食べたいし、何しろトコ会館から近い。

店の雰囲気もいいし、板長も若くまじめそう。
せっかく近くに、こんなお店ができたんだから、
末長くお店を続けてほしい。

行きつけだった店が次々と閉店し、
お気に入りの店がだんだん減ってしまった。

京都の「のれそれ」「魚常」、大阪天5の「鮮」、
東京の「まえちゃん」、生駒は3か所も閉店や移転。

全国でも屈指に美味しい店だと感激の料理を味わった
安来駅前の「ひさご亭」も…。

安くて美味しい店がなくなるのは、ほんまに悲しい。

反対に、中国人・タイ人などの
外国人が働いている店が増えて来た。

だからこそ、この上茶谷さんにも、
どの品も吟味して、お客さんに出してほしい。

料理店が少なく、店に入りたい人が多いと
うるさいお客の言い分を聞かなくても、店は繁盛する。

今の時代は全国的にそうなっていると感じる。

そんな風潮に流されることなく、
調理人としての心を誇り高く守って
10年後も、20年後も
「食べに行くのが楽しみな店」であってほしいと期待する。
5

2015/12/17

13か月ぶりの大極拳  スポーツ・武術

12/17(木)、赤ちゃん発達応援セミナー終了後、
18時〜19時半までは、健美サロンにこにこ太極拳教室

京都トコ会館での、今年の大極拳稽古納め。
今日の安田先生の衣装はカッコい〜い!
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

前回受けたのは昨年の11/20なので、実に13か月ぶり。
その前は2年前なので、
毎回練習している陳式太極拳養生功18式を、
ちっとも覚えられない。

今日の稽古の詳しい様子はこちらを。

安田先生から太極拳を習うのは、
正確には13カ月ぶりではない。

第2回トコ助産院研修会の午前中、
陳氏太極拳采気内功八法を習った。 

これからも9カ月ぶり。
内容は全く違い、こちらは少し平易なのだが、
少ししか覚えていない。

歳をとると、とにかく“順番”が覚えられない。

先生を見ながらだと、まぁまぁ動きについて行けるのだが、
先生が視界から消えた途端、全く動けない。

その上、中国語が覚えられない。

インナーマッスルが割と強い私には、
空手よりはふさわしいと思うが、覚えられない。

太極拳は空手と違って、攻撃してくる相手を
最小限の体の動きで倒し、身を守る。

クリックすると元のサイズで表示します

その動きがとても複雑怪奇。一瞬のうちに投げ飛ばされた長男。

この後、安田先生が「お腹って軟らかいんですよ」
「手を差し込んでみてください」とおっしゃった。

それで、私も4本指を真っ直ぐに揃えて、
恐る恐る胃のあたりに差し込んだ。

すると、どこまでも入るくらいフワフワ。

先生は股関節を屈曲させつつ、お腹をへこませておられたが、
それにしても「底なしか?」と思うくらい
ズポズボと入って行った(@o@)

鍛え抜かれた体って、信じられないほど柔らかい。

空手・大極拳のどちらも、参加できるときには参加して、
仕事も遊びも楽しみながら、長生きできるよう
体を柔軟に保ち、鍛えんとあかんな〜。
2
タグ: 大極拳 京都 陳式

2015/12/17

赤ちゃん発達応援セミナー@京都  トコ企画セミナー

12/17(木)は、リニューアル後の
赤ちゃん発達応援セミナーを京都で初開催。

講師は山口香苗(助産師)さんで、私は良い体のモデルとして参加。
平山小百合(助産師)さんは、次の講師デビューに備えて参加。

受講者は12名

新生児ケアと骨盤ケアアドバンスセミナーの
2種目の講師デビューを3月に控えた原田美佐子(助産師)さんや、

ベーシックセミナー修了者・トコベルアドバイーという
私が知っている人が多かった。

そんな受講者を前に、山口講師は少し緊張気味で、
午前中のパワポを使った講義が始まった。

その後、赤ちやんの“おひなまき”の気持ちを味わうため
3人1組で“おとなまき”実習。

クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、私のカメラの中に、私がいつの間にか写っている。
私が気付かないうちに、誰かが撮ってくれていたんやな〜。
                    ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
ここに包まれている人は、私の後輩(住岡母乳と育児相談所@芦屋)。

受講者の中で最も体格の良い彼女は、さすがに重く、
二人では浮き上げられず、3人がかりでなんとか上がった(^0^)

この無重力状態が「最高に気持ちいい〜」と言う人が多いのだが、
たまには「苦しい」と言う人も。

そんな人は、包まって反りながら
モゾモゾと動くと、次第に丸まれる。

昼食後、定頸・受け身・寝返りの確認実習では、
私は良好な動きの見本として登場。

私より若い人では、なかなか私のように
滑らに動けて、かつ、敏速な受け身を取れる人がいない。

セミナー終了後、私の動きを動画撮影することにしていたのに、
何やかやと忙しく、結局…、撮れず。

「明日にしよう」ということになった。
3
タグ: 赤ちゃん 発達



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ