最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/21

大阪新歌舞伎座-25- オール アメリカン ボーイズ コーラス  観劇・ライブ・映画など

12/21(月)の18:30〜は、新歌舞伎座での単日開催、
オール アメリカン ボーイズ コーラス。

クリックすると元のサイズで表示します

「新歌舞伎座友の会」のチケットは、
12/16の天童よしみショーで2枚使用後は、残2枚。

その2枚とも夫は私に譲ってくれて、
私のリクエストに応えて、この日のコーラスと、
12/23(水)の古武道のチケットを取ってくれた。

夫は朝から仕事に出かけ、夜は飲み会。
なので、今日は一人で出かけ、晩御飯も一人で食べることに。

私は日中、洗濯をしたり、溜ったメールの返信や
ブログ書きなどでパソコンに向かい、
ほとんど外に出ることもないまま、出発時間に。

コーラスメンバーは23人。
このポスターのメンバーとはずいぶん違う。
少年は年々大きく成長するので、入れ替わりも大きいのだろう。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどが白人の少年で、東洋系と思える少年は数人。

クリスマスコンサートだけあって、
歌はほとんどがクリスマスソング。

クリスマスの時期に歌われることの多い歌として、
くるみ割り人形の中の「花のワルツ」「おもちゃの兵隊」の2曲も。

終了後、受付〜エレベータ前のホールに10人くらいの少年が立ち
お客さんと握手をしたり、記念撮影をしたりしている。指揮者も。    
         ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「おもちゃの兵隊」の衣装で2人。とても可愛い。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
          かなりの高齢女性が駆け寄って握手をしている。

      私が「一番の歌い手」と思ったのは
    この日本人に一番近い顔立ちの、やや年長の少年。

ソロで歌うときはステージ下手の低音を歌う位置に立って
バリトンに近い艶のある声で歌う。

ソロでない時はステージ上手の高音を歌う位置に移動して、
年少の高い声の子達と一緒に歌う! 何と広い声域(@@)

私は片言の(ムチャクチャな?)英語で語りかけ、
とても上手だったこと、一緒に写真を撮らせてほしい。。。

  などなどしゃべっていたら、通じたよう。
     近くの人に撮ってもらった。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「フェイスブックにアップしてもいいか?」と尋ねると、
「Yes!」とニッコリほほ笑んで、名刺をくれた。

ところが、後で探したらない!

洗面所でハンカチをバッグから出したときに
落としてしまったみたい。。。残念_| ̄|○

クリックすると元のサイズで表示します

このキャンディは、客席の通路に少年たちが降りて来た時に
お客さんに配ったもので、私ももらった。

前方の一番通路側席だったので、ラッキー(*^^*)!!
食べることはなさそう。当分は飾っておこう。

少年たちは、交替でソロで歌ったり、スピーチをしたり。
その声を聞いていると、ずいぶん個人差がある。

澄んだ声の子もいれば、少しハスキーな声の子も。

姿勢のいい子もいれば、微妙に首を傾げていたり、
首〜頭の骨が不正列そうな子も。

「澄んだ声の子は姿勢の多い子が多いなぁ〜」と感じた。

最後の曲が終わり、退場した後も、
アンコールを要請する鳴りやまぬ拍手で、再登場。

アンコール曲はベートーベン第九交響曲の歓喜の歌
英語では初めて聞いた。

ドイツ語で重厚に歌われるのしか聞いたことがないが
可愛いきれいな声で歌われる英語の歓喜の歌は、
とても新鮮だった。

23歳のとき、第九交響曲「歓喜の歌」を一度だけ歌ったことがある。
                                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      指揮:外山雄三  合唱指導:桜井武夫 
      ソプラノ:中沢桂 アルト:成田絵智子
     テノール:丹羽勝海 バリトン:大橋国和

当時の日本の最高級キャストと共に歌ったことは、
最高級の思い出で、貴重な体験となった。

十数年に及ぶセミナー人生で、喉を酷使し、
すっかり歌えない声になってしまった私。

「歌えないって…こんなに情けないってことなんや…」
と思う毎日だが、
天使のような歌声を聴いて、ますます
「もう一回、歌いたい!」と思った。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ