最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/18

トコ助産院研修会(第5回.第6回)のご案内  トコ助産院セミナー

トコ助産院研修会(第5回.第6回)のご案内

クリックすると元のサイズで表示します

第5回の詳細が決まりました。


灰谷孝先生プロフィール
 一般社団法人ここ・からだ 心と体の発達 学習支援 代表理事 
 米国NLP会認定NLPトレーナー
 米国教育キネシオロジー財団認定ブレインジムインストラクター

コーチングをベースに、NLP、産業カウンセリング、集中内観法など
心に関して学びを深め、「働きがいとは何か」を問い続ける。
独立後、キネシオロジー、NLP(神経言語プログラミング)、
脳科学を応用して、企業、医療法人、自治体などを
研修及びビジネスコーチングでサポート。

また、大学でのキャリア授業、学生団体への支援、
中高生へのコーチングも行っている。
学習障がい児のサポートプログラムである
「ブレインジム(Brain GymR)」と出逢い、
日本における草分けとして活動。

現在は「原始反射」の視点で発達障がいを持つ方を中心に
2歳〜働く大人までの個別サポートまでを行い、
「発達支援コーチ」の講演を全国で行い、
放課後等児童デイサービスの運営など、
子どもたちが自己を表現し可能性を広げられるための
場作りを進めている。
自らが学生時代に阪神大震災に被災し、
人生観が変わった体験から、
多くの人と共に「働くを通じて自分らしい夢の実現」を目指している。

講演内容
1.発達の前提を知る〜順序性と個別性について
2.発達のピラミッドと動きのパターンの発達について
3.脳の発達と分化について(人間脳への発達の道筋)
4.原始反射の説明と、統合に向けた実践ワークや遊び
5.事例の紹介と検討

会場:京都トコ会館1階 研修室A

受講費(お弁当、お茶、お菓子付)
 一般…13,000円(税抜)
 トコカイロID保有者…12,000円(税抜)

持ち物:動きやすい服装、筆記用具

定員:35名

 ※お子様連れのご参加はご遠慮ください。

問合わせ・お申し込み: ☎ 075-257-1103
      tocojosanin★yahoo.co.jp
             ↑
            ★を@に変えて送信してください。

※メールでお申し込みの場合は、件名を
 「第5回トコ助産院研修会の参加を申し込み」とし、
  下記を明記のうえ、お申し込みください。

   ・氏名(トコカイロ学院ID保有者はID番号)
   ・連絡先(携帯番号)
   ・職種

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第6回の詳細は未定ですが、
 9/3(土)の、日程だけは確保しておいてくださいね。

白木和恵先生とは、こんな人です。

ちなみに、トコ・カイロ学院のカイロプラクティックセミナーを、
かなり前に修了されています。
    ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

看護師/助産師の視点から
【産前産後を含めた女性の美と健康・
  いくつになっても心地よく動き続けられるからだづくり】を
ヤムナボールメソッド・ピラティス・自力整体を通して
実践・提供するボディケアトレーナー
3
タグ: 子ども 発達 京都

2016/3/17

反って捻じれて?!  妊娠・出産

3/17(木)は名古屋サロンでの総合ベーシックセミナー第4課程。
受講生は9人で、全員が助産師。

昼食時、Yさんが、彼女が働いているクリニックの産婦人科医が、
超音波診断がとても上手だと話し始めた。

「その先生が検査すると、胎児が体を捻じったり、
イナバウアをするように体を反らしたりしている姿が
ハッキリと映し出されるの。他の先生とは全然違う」

「骨盤ケアの前後の胎児の姿勢を、
きちんと画像として残せたらいいんだけど…」と。

これを皮切りに
「うちのクリニックでもイナバウアの子がいた」などと
胎児の姿勢の悪さについて、話が盛り上がった。

そうしているうちMさんが
「渡部先生、この姿勢って…、良くないですよね?」と
スマホの画面を私に見せた。

クリックすると元のサイズで表示します

私はこれを見た途端、「どうなってんの?」と目は点に(@@)

スマホに集まって来た受講生一同から
「え〜っ、酷い〜っ」と、異口同音に声が上がった。

クリックすると元のサイズで表示します

どう見ても、頭を反らせて、しかも、90度捻じっている(@@)

この子はMさんの第2子で、
妊娠20週頃に自分で撮影した写真だとのこと。

これを撮った後すぐに、メンテ“力”upセミナーを受講し
骨盤ケアを始めた。

「そのためなのか…、この後の写真は全部、
普通の姿勢になっていた」と。

受講生から口々に「良かったね〜、骨盤ケアをしていなかったら、
この子、どうなっていたんだろうねえ」と語りかけられたMさん。

「この写真を撮った頃は、
胎児の姿勢を考えることなんか…全然していなかった。
顔が見えていたので、嬉しくて撮ったんだけど、
メンテ“力”upセミナーを受けているうちに、
『この姿勢はいいのだろうか?』と思い始めた」のだと。

胎児の姿勢の善し悪しについて考えながら
超音波検査をしている医師・助産師は、
日本にどれくらいの割合でいるのだろうか?

おそらくまだ、1/10もいないのでは? と思うが。。。。

皆さん、超音波検査で胎児の顔が写っても
「今日はお顔を見せてくれて、嬉しい〜」なんて喜ばないで!

反ったり捻じったりたりしていても、
「すご〜い、体が軟らかいんだわ〜」なんて喜ばないで!

すぐに骨盤ケアを受けて、赤ちゃんが少しでも早く
丸くおさまるよう、ケアを続けましょう!

7

2016/3/16

ショック、助産師の合格率の低さ  トコ・カイロ学院セミナー

3/16(水)はトコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー@東京

受講者は10名で、うち助産師は5名、
その他5(整体師2.保育士1.ヨガ講師1.アーユルベーダ講師1)

2か月前に、筆記試験問題の内容を妊娠・出産関連問題を減らし
骨盤ケアの基本的問題を増やした。

「これなら合格率は8割に上がるはず」と作った問題なのに、
今日は5人しか合格せず、合格率50%

しかも、助産師で合格したのは5人名中1人だけ(*_*;
もう、何ということ _| ̄|○

前回の名古屋では、受講者全員が助産師で
9/10が合格したのに。。。

合格した1人は北海道から来られた人で、
不合格の4人は皆、関東在住だったことが、まだ救い。

アシストに来てくれていた小林いづみさんを相手に
「どうしたらいいものか…」と、しばらくぼやき続けたが…、

2人で顔を見合わせて「再挑戦してもらうしかないねぇ」
との言葉しか出なかった。

捲土重来、特に助産師には、本気で頑張って勉強してほしい。

なぜなら、現代の妊産婦の体の痛みを軽減し
安産に導くのは、簡単なことではないから。

そして、勉強して技を身につければ、
これほど楽しいことはないから。
4

2016/3/15

触診姿勢と手の平の向き  トコ・カイロ学院セミナー

3/15(火)は高輪サロンで
総合カイロプラクティックセミナー第3課程(腰椎)

私が2人をモデルに、
第4腰椎⇒第5腰椎⇒第1仙椎の触診の仕方を説明した後、
2人1組で、触診練習。

初受講者4人で、復習受講者4人が1人ずつペアになり4組に分かれ
触診実習をし始めたところ、
こんな触診姿勢の初受講者Kさんが目についた。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         これは私の触診姿勢
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
両腕はOの字を描き、両肘も両手の平も向き合っている。

Kさんにアドバイスしたところ、少し良くなった。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
                      同じく初受講者のYさん
               首からタオルマフラーを下げているのは、
             タオルの先端に指が来る姿勢を意識するため。

復習受講者のYさんも、手の平は下向き。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
         初受講者Rさんは、手首が曲がり手の平は下向き。

写真が撮れた受講者だけでなく、
撮れなかった受講者も似たり寄ったり。

私が受講者のような腕の形を真似して触診すると、
骨の細やかな動きも、筋肉の微妙な硬さの違いも分からない。

私の腕の形だと、指先はあらゆる方向によく動き、
指に触れた感覚は、腕⇒肩⇒首⇒脳と
スーッと届いていく感じが良く分る。

    この上段の腕は私。手の平も肘も前を向いているので、
     上の写真のようなOの字の腕の形で触診できる。
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
         下段の腕は最近増加している腕で、
 手の平を前に向けると肘は天井方向に向く。つまり、捻じれている。

多くの受講者は下段の写真の腕ほどは、
強く捻じれていないが、
私のように完全に肘が前に向く人はめったにいない。

「私のような腕や手の形で触診するように」と言っても
ほとんどの受講者は、私と同じようにはできない。

そのため、触診に時間がかかり、
しかも、正確な診断をなかなか下せない。

なので、この肘の捻じれを改善させるために
バトンを回す練習をしているのだが、
なかなか私のようには、速くは回せない。

採血・注射・手術・分娩介助などの医療行為も、
保育・調理・裁縫・木工細工・陶芸・琴などの演奏なども、
私のような捻じれのない腕の方が、
しやすいはずだと思う。

このサイトによると、「小学生の普通学級で
鉛筆を正しく持てるのは2割しかいない」と。

ということは、上記の動作をしづらい成人が、
どんどん増えることになると推測される。

私のセミナー受講生はバトンの練習などをして
腕の捻じれは徐々に良くなっていくのだが、
ある程度、年月を要する。

赤ちゃんの時から、両手の平を顔側に向けて指をなめたり、
手をパチパチと叩いたり、
スプーン・箸・鉛筆を正しく持てるようにすることが大切。

大きくなったら、ヌンチャクやバトンで遊んだり、
イモ掘りや草むしりなどをたくさんしたり、
弓道部に入るなどして、捻じれのない腕を育ててほしい。

そうでないと「器用で忍耐強い」と言われた
日本人の特性は、過去のものとなってしまう気がする。
5

2016/3/14

“おひなまき”を続け、出ベソが改善  赤ちゃん・子ども

昨年の後半に京都トコ会館で開かれた
総合ベーシックセミナーを受講していた助産師Mさんは、
友人から赤ちゃんの出ベソ(=臍ヘルニア=さいヘルニア)の
相談を受けていた。

Mさんは、その友人に了承していただき、写真をもらえることになった。
       ↓(11/3)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
              反りが強く、丸く抱くこともできず、
              泣くといっそうひどく臍が出る。

   メッシュの“おひなまき”を持っていないので、
      購入し届くまでは、薄い布で代用し、
       “まんまるおくるみ”にした。
             ↓(1/3)
  クリックすると元のサイズで表示します

約1時間後、固く反った体がゆるみ、
ピカピカに光った臍の皮膚に緩みができた。

二人とも「“まんまるおくるみ”の効果は絶大!」と感じ、
続けることとし、1〜3日ごとに写真や動画を撮影。

   11/18の動画はこちらからご覧いただけます。

それから4ヶ月間にわたって、Mさん経由で私に届いた。
    ↓(11/25)                 ↓(11/28)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                    ↑
      どちらもまだ顎を上げ全身を反らせている。

       ↓(12/4)            ↓(12/13)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       ↑               ↑
       顎を上げなくなり、反らなくなってきた

       ↓(12/21)            ↓(1/21)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

      臍が膨らまなくなった。あともうひといき。
        ↓(2/6)           ↓(2/6)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

        ここまで来ればもう大丈夫。
        ↓(3/3)           ↓(3/3)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

臍ヘルニアの原因はこちらに分かりやすく書かれています。

“おひなまき”の中で布を蹴ることにより
  ⇒臍輪を取り巻く靭帯や腹筋が強化
    ⇒腹直筋離開や臍輪閉鎖不全が改善
       +反らず泣かなくなる⇒腹圧軽減⇒臍ヘルニアが改善

理にかなっていることが分かりますね。

Mさんの熱心な“おひなまき”指導などで、
このように良くなってきた。ママのがんばりにも拍手!

これと同程度の出ベソで手術を受け、
術後は感染症で病院通い。。。_| ̄|○

手術で臍は出なくなったものの、
強い腹直筋離開は治らず、運動苦手になった男子もいる。

その頃はまだ私は
「キッチリ“おひなまき”を続ければ、大丈夫。
きっと良くなる!」と言いきれなかった。
今となっては反省している。

でも、その子も今は腹直筋修復体操に励んでいるので、
きっと良くなり、運動もできる子になると思う。
6

2016/3/13

これが女子の腹筋?!  赤ちゃん・子ども

3/6(日)、お昼過ぎにやって来た孫二人は、
昼食を摂った後、遊びだした。

寒の戻りで寒い生駒の家は、我々には寒いので、
ゆる〜く床暖房を入れている。

でも、動きの激しい孫は「暑い!」と服を脱いでしまった。
この割れた腹筋、これは男子ではなく、女子小学生。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
左手に持っているのは、私が施術に使用しているコリ緩め用のボール。
そして、私のバトンをバット代わりに、野球をやり始めた。

体操クラブに入って猛練習している孫娘は
とにかく元気。男子顔負け。

話を聞くと、同学年の女子には、もっと体操が上手な子が
何人かいるそうなので、この孫娘の腹筋は特別ではなさそう。

すごいね〜。私の子ども時代とは大変な違いや。
こんなことをして遊ぶのも、あと何年?
10
タグ: 腹筋 子ども

2016/3/13

イカナゴのくぎ煮  グルメ(自宅)

3/5(土)に右下腿の痺れでやって来た旧友は、
毎年この季節になると、イカナゴのくぎ煮を送ってくれる。

今年は持って来てくれた。

孫が大好きなので、毎年、少しだけ我々夫婦がいただく。

クリックすると元のサイズで表示します

大部分は京都で、職場の食堂で皆といただいたり、
息子夫婦の家で、孫達の口に入る。

今年はイカナゴが不漁で、買うのも大変で、
例年の2倍くらいの値段らしい。おおきに。

ほんまに彼女は上手に炊くので、美味しい。

五分づきの米に古代米や雑穀を混ぜて炊いたご飯に、
このくぎ煮を乗せて食べると、いくらでも食べられる。

京都から遊びに来た孫二人も、
お昼ごはんに、しっかり食べた。

私は、セミナーや施術で働いている日は
朝、コーヒーを飲んだ後は、
12時半まで何も食べなくても、空腹感を感じない。

でも、休みの日はついつい何か食べたくなってしまう。

炭水化物を食べるとインスリンがじゃじゃん出るせいか
よけい食い意地が張る。

だけど、何だかとても幸せな気分になるので、
「たまの休みの日くらいはいいやろ(*^_^*)」と思うのだが、

これが毎日となると、肥満体になること間違いなし。

ということは、今の体型を維持し、体力・健康増進するためには
働き続けないとアカンということや〜( ̄^ ̄)ゞ
3
タグ: イカナゴ

2016/3/13

右下腿の痺れ、肩の高さの違い  整体・カイロプラクティック

3/12(土)のお昼過ぎ、
助産学生時代からの親友が生駒の家にやって来た。

先日、彼女に尋ねたいことがあって電話したところ
「右下腿の外則前面〜つま先までが痺れていて、歩くのも辛い」と。

「そりゃ〜、アカンわ〜。なるべく早くおいで!」となり、
やって来たというわけ。

お茶を飲んで一通りおしゃべりをした後、
後姿を見ると、ナントひどい肩の高さの違い!

第3腰椎〜第1仙椎がひどく右に彎曲しているが、うまく写らず。
「そういえば、レントゲンに、ゆがんでいるのが写っていたわ」と。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
                    “おとなまき”+施術+体操後

聞けば、どうやら犬の散歩時の
歩き姿勢に、問題があるみたい。

右手で持っている綱を、時々左に持ち変えるのだが、
そうすると、体がすごく辛いのだと。

「これじゃ〜施術なんてできない!」と思った私は
「まずは、おとなまき!」と宣言し、その下準備。

首に体操用マイピーロ、
体操用マイピーロカバーの中に、
 綿入りの百均ボール
  (丸2個、ラグビー型2個)を入れたのを
 腰仙部に当てて、結びつけた。

それから180×145cmのメッシュ布の“おとなまき”に包んだ。

最初は体が硬くて上手く丸まれず、
頭まで布が届かない。

横・縦にと、ゴロゴロしているうちに、
徐々に布に余裕ができ、頭までかぶれるようになった。

        ここで実施した“おとなまき”の方法はこちらと同様
        他に、こんな方法もあります。

メッシュの中で蹴り蹴り体操もし、10分ほどで出て
立って、先ほどの腰部の側弯を診ると「ない! 消えた!」

腹ばいになって診ても、側弯は認められず。

左右の仙結節靭帯を緩めただけで、
骨盤〜腰椎〜胸椎は、もう何もすることなし。

後頭関節と頸椎全体を診ても、
強いゆがみもなし。軽く調整。

そのから、残った左側腹部と左上腹部の凝りを緩めて…、
立位になると、「体が軽い〜っ!」との歓喜の声。

その声を聞きながら、記念撮影、
上の向かって右の写真の姿になった。

シャツのしわが目立つけど、
これって形状記憶?

その後、家で毎日する体操を教えて終了。

階段を降りるのが辛かったのに、
施術後は「楽に降りられるようになった」と。

痺れはすぐには治りにくいものだが、
翌朝「痺れは親趾と人さし趾の間だけになった!」
「これからも時々行かせて!」と電話があった。

お互いに元気に長生きしたいものだ。
5

2016/3/13

「GINZA」4月号に“おとなまき”  SNS・出版・報道

「GINZA」4月号(マガジンハウス社)に
“おとなまき”が紹介され、その掲載誌が届いた!
           ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

赤ちゃんや幼児の“おひなまき”、大人の“おとなまき”の写真と

クリックすると元のサイズで表示します

私が“おとなまき”について語っている記事が載っています。

とはいえ、「GINZA」という雑誌を見たのは初めて。

とてもおしゃれな雑誌で、
私とはかなり縁遠い感じだが…、

おしゃれを楽しみたい若い女性も、
体の不調は深刻なんでしょうね。

日本中の家庭で“おとなまき”がされるようになったら
日本人の健康や運動能力は、ずいぶんと向上すると思う。

もちろん、妊娠・分娩経過も、
子どもの育ちも良くなると思う。

「おとなまき講習会」=「“まきまき”講習会」については
こちらをご参照ください。

「GINZA」に載った写真は、実は、
助産師の小林いづみさんに提供してもらったんです(~_~;)

いや〜、彼女の“まきまき探究心”には
私は遠く及びません。

東京での“まきまき講習会は”小林さんに任せています!
5

2016/3/11

リニューアル前の最後のメンテ“力”upセミナー@名古屋  トコ企画セミナー

3/10(木).11(金)は、メンテ“力”upセミナー@名古屋
会場はいつもの“ウィルあいち”

前回から間隔が短かったことや、
年度末の休みがとりにくさが重なってか
この会場では過去最低の受講人数で、24名
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
そのため事務局は名古屋サロンで
私の施術アスタントをよくしてくれている
久野助産師に依頼して、開催することとなった。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつものことながら撮影する暇はなく、
2日目最後の分科会に分かれたときのみ撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
久野さんは、事務局とアシスタントを兼ねて大奮闘。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

7月〜助産力UPセミナーを始めるので、
5月〜メンテ“力”upセミナーをリニューアル。

従来の内容のうち、妊娠・出産に関する部分を減らし、
骨盤輪支持・腹筋ケアなどをもっと充実させる。

なので、前回の横浜に続き、いろいろ沢山の内容を
やってみたので、忙しかった〜(~_~;)

会場での声やアンケートでは、

助産力upセミナーの予告編的内容
つまり、『新撰産科学』P144の内容などの、紹介と解説
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
「昔の助産学の教科書にのっていることの根拠が
解明されていくところがおもしろかった」

クリックすると元のサイズで表示します

などなど、新セミナーへの関心の高さがうかがわれた。

さぁ、これから当分は、
メンテ“力”upセミナーのリニューアルと
助産力upセミナーのスタート準備、
がんばろう(^O^)/

今回のセミナーには、久々に白木和恵さんが受講に来てくれた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

彼女はトコカイロプラクティック学院の
カイロプラクティックセミナー修了者。

今は名古屋でボディケアスタジオを開き、
ヤムナの指導者としても、多忙な日々を送っている。

こちらには、彼女が歩んだ“道のり”
 (フィトネス⇒ピラテイス⇒ヤムナ)と、その理由が
とても分かりやすく書かれているので、
ぜひ、読んでみてください。
3

2016/3/8

“講師力”を高めよう  その他のセミナー(ケアギバー対象)

3/8(火)は京都で仕事。
午前は施術で、午後はらくらく育児クラス。

先週トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー試験に
合格したばかりの人が施術に来館。

施術が終わり話をしていると
「もう1回あのセミナーを受けようと思う」と!

「何で?!」と尋ねると。

「うちのクリニックの母親教室は、
毎回私が担当しているので、『講義には慣れている』
と思っていたのに、全然ダメだった」

「話し方の原則を守りながら、与えられたテーマを
限られた時間内で、あんなにも話せないなんて…、
もう…自分自身にショックで…」と。

「けっこう上手に話をしていたのにな〜」と思いつつも
「こんなふうに思ってもらえるなんて…」と、
彼女の向上心に感服。

でも、「そんな〜、受講料を支払ってなんて、
もったいないこと、しなくていいよ」と私。

トコ助産院で開いている「赤ちゃんお迎え教室」
などに参加して、
少しずつ講義を担当してもらうことになった。

ちゃんと相手に伝わる講義、
そして、実践につながる保健指導。

これができなければ、プロの助産師とは言えないよね〜。

大阪の「トコちゃん教室 & Shop」では、
助産師の折小野(おりこの)さんが、教室の講師に就任。

クリックすると元のサイズで表示します

3日/週、出講してくれることになり、
「教室 & Shop」での教室は安定開催できるようになりました。

独立開業を目指す皆さん、
ぜひ、あなたも“講師力”を高めましょう!

「教室 & Shop」で開催する教室の
参加・見学希望はこちらの
     店長か副店長に連絡してください。

     電話 06-6358-5601  or  osaka-info★toco-shop.jp
                           ↑
                 ★を@に変えて送信してください。

こちらの記事も参考にしてください。
6
タグ: 助産師 メンテ 骨盤

2016/3/7

霧立ち上る生駒の春  ガーデニング(生駒の庭)

3/6(日)、アセビが咲いているのに気付いた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↓
玄関の戸を開けるとすぐに見える明るい花の色に
「春が来た!」と、心が浮き立つ。

もうひとつ、嬉しくなるのは紫陽花の葉。
              ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

  日ごとに若い葉っぱが育つのを見ると
「春がきたんやな〜」と、自分も体を伸ばしたくなる。

今頃になってようやくキンカンが黄色く色づいて来た。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
枝を剪定しながら収穫した後の木の姿。

収穫したキンカン。緑っぽいのはまだ甘みが足りず酸っぱい。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それでも、お店で売っているのよりは美味しい。
黄色いのはもちろん、濃厚に甘く味が深い。

    3/7(月)はトコ企画の仕事で東大阪に。
    近鉄生駒駅前のデッキから見る生駒山。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 
低い雲が山頂を覆い、水墨画のように美しい。
5
タグ: 生駒

2016/3/5

空手11回目  スポーツ・武術

3/5(土)の朝8時〜、空手11回目
 [10回目は2/20(土)だったのだが、ブログに書かなかった]

今日の生徒は、私と愛さんの2人だけ。

竹林先生は「こちらに置いておいてください」と、
手と下腿用の防具を2組、渡してくださった。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつも参加しているトコ会館のスタッフも、
ヨギーニ(ヨガ愛好女性)も休み。

なのに助手のU先生も来られて、先生2人に生徒2人。
いつもの準備体操や基本の稽古に引き続き、防具着用。

それからは1分間ずつタイマーをかけて、受けの稽古。
今日は初めて、先生が移動しながら突きと蹴り。

緩やか〜な攻めから始まったが、
動きが早くなるにつれ、基本の足運びができなくなる。

下段払いでは、うっかり反対の手や
両手を出してしまう私、アカンな〜(>_<)

最後は、攻守入れ替わり、生徒が攻め先生が受け。

先生と生徒のペアを交替しながら、休みなしに
ずーっと動いているので、いつもの倍以上の運動量。

今日の稽古開始前に、
先生から昇級審査会の説明があった。

5/3、年に1度の開催、会場は生駒の近く。
我々も受けることができるとのこと。

最初は10級の審査を受ける。
1年に1級ずつ昇級していけば10後には初段になれる?!

そしたら、私は77歳、喜寿!
その歳まで体力の向上が望めるとは到底思えないが…。

ちょうどGWで私も毎年休みの時期だし、
会場も電車ですぐの所。

「とにかく今年は受けてみよう!」とニヤケてしまった。

「66歳、女?! そんな物好きなバァさんがいるのか?」と
審査の先生方に呆れられそうだが、
まぁ、ええやん。人生楽しまなソンやし〜。
5
タグ: 空手 京都

2016/3/4

トコベルアドバイザー養成セミナー@名古屋  トコ・カイロ学院セミナー

3/4(金)は、名古屋サロンで、
トコベルアドバイザー養成セミナー

受講者は10名。いつもの通り12時半までは
骨盤ケア教室での、講義のし方の練習。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「こんなにひどい座り方や姿勢で授乳していると…」と
なかなかの女優ぶりを発揮するのは、復習受講者。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     最後は筆記試験。9/10が合格
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

試験が終わってから、若い勤務助産師達から、
「安産できるかどうかは、どうやって診るのですか?」
との質問。

そこで私は、腰の悪そうな一人をモデルにして、
触診し、簡単な手当をするだけで、骨盤が変化し、
安産しやすい骨盤に変化したことを解説。

すると、取り巻いていた皆は、
興味シンシン、目はキラキラ。

「私もできるようになりたい!」
「ねぇ、一緒に総合ベーシックセミナーに進もうよ」と
誘い合っている人が数名あり、初々しく、微笑ましい。

名古屋での総合ベーシックセミナーは、
2月から始まったばかりで、終わるのは7月。

名古屋では、8月〜来年の1月は、
総合カイロプラクティックセミナー

なので、次に総合ベーシックセミナーを
名古屋で開けるとしたら、来年の2月〜。

その前に、10月〜京都で総合ベーシックセミナーを
開く予定なのだが…、京都よりも名古屋の方が二ーズが高い?

いずれにせよ

総合ベーシックセミナー
総合カイロプラクティックセミナー

を、受講希望の方は、
「いつ頃から、どこで、どのセミナーを受けたい」

名古屋事務局に⇒kenbi_nagoya★ybb.ne.jp
                ★を@に変えて送信してください。

希望の多い地で開催します。
6
タグ: 名古屋 骨盤

2016/3/3

前傾姿勢・腰痛改善  整体・カイロプラクティック

3/3(木)は名古屋サロンでの 総合ベーシックセミナー 第3課程

受講者の一人の姿勢に、私の目は“点”に (@o@)
「私ひどい前傾姿勢なんです〜」と、本人も自覚している。

          この@が、その前傾姿勢
   膝は曲がり、お尻〜頭は前倒し、腕はやたらと緊張し、
        指先は後ろに保とうと震えている。
                ↓
     A          @            B
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
健美ベルトにずれ防止パーツのようなタテミツを付けた、
可愛い“まわし”を着用

もちろん骨盤輪支持方向は前⇒後ろ
「楽に立てる〜 (^.^) 」と、姿勢も改善(写真A)

この助産師受講者は、先月から受講しているのだが、

「1年間妊活していたけど、妊娠しなかった。
ベーシックに通い始めたら、すぐに妊娠できて嬉しい〜」と。

「そりゃ〜早すぎるわ〜」と私。
体が整って妊娠力が高まったにしては、早すぎると思うが…。

私のセミナーを受講して、ベーシック修了前後に
妊娠した人はこれまで20人くらいはいるが…。

いずれにせよ、待ちに待った妊娠なので、おめでたい。

でも、腰痛がかなりひどそうなので、
セミナー終了後、診察をしたら、第4.5腰椎間に前後すべり(+)

突出した仙骨尖部を戻し
仙骨底部と第5腰椎が正しい位置に戻るように施術。

所要時間約5分。
第4.5腰椎間の前後すべり(−)になった。

「痛くないっ! 楽に立てます〜 (^0^) 」と、姿勢が改善し、
ズボンの横線が真っすぐになった(写真B)。

良かった、よかった。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ