最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/19

お尻むにゅむにゅ  赤ちゃん・子ども

3/19(土)は生駒サロンでの施術。

過去最高の19名もの予約が入っているので、
朝から気合十分。

外に出ると雨は上がり、開花した孔雀椿に雨粒がキラキラ
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午前中は、常連さんばかり大人6、赤ちゃん子ども4
午後は、大人5、と赤ちゃん子ども4

午後の最後は、初来室の母子(産後2カ月)。
ママは肩こり・頭痛と、腰や腕〜手首の痛み

赤ちゃんは「飲みも悪くちょっと気になる」と
紹介者(私の後輩助産師)からメールが届いていた。

赤ちゃんを一見しての私の印象は

・全身の皮膚色が悪い。いわゆる土気色
・背の高さの割に皮下脂肪が少なく、痩せた感じ
・抱かれている姿勢が硬直気味
・表情が硬い
・泣くと、舌は深皿〜お椀型

「この様子なら上手く飲めていないやろな〜」と思ったが、
ママはさほど授乳に関する悩みはなさそう。

初産のママだと、この子しかみていないので
他の子と比べようもないし、気にもならないのだろう。

母子の施術が終わり、
赤ちゃんの足の裏合わせの体操を
ママに教えようとしたら、足の裏が合わない!

これは珍しい。
かなりの抵抗を示し、全身を硬直させる。

片方の手の平に、お尻を乗せるように抱き上げると、
手平に尾骨が突き刺さるような感触。

こんな時は迷うことなくマイピーロネオを首に当てて、おひなまき

当然だが、左右の足首はクロスせず、
体育座りの姿勢しかとれない。

このまま成長したら、
あぐらの組めない男子になりそう。

こんなときは体育座りの姿勢で“おひなまき”にして、
“まるまる抱っこ”をして、“お尻むにゅむにゅ”

    私がして見せた後、ママが実施。
徐々に上手にできるようになり、赤ちゃんの表情も柔和に
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

施術よりも“おひなまき”“まるまるだっこ”
“お尻むにゅむにゅ”などの育児指導に時間がかかる。

これらを生まれてすぐから実施していれば、
赤ちゃんの状態も良く、ママも楽だったろうに…と思う。

ちなみにこのママは看護師、
パパは産婦人科医。

両親が医療従事者で、
私の後輩助産師からの依頼でなければ、
お断りしていただろう。

乳幼児を「みてほしい」とのニーズはとても多いが、
とうてい私は応え切れない。体力が持たない。

胎内姿勢も悪く生まれ方も悪い現代の多くの乳幼児は
体もしんどかろう。病気もしやすかろう。。。

「全国津々浦々で、まるまる育児指導が受けられる
日本にしなくては」と思う毎日である。
9

2016/3/19

7/20〜助産力upセミナー 始まります  トコ企画セミナー

7/20(水)〜トコ企画主催の助産力upセミナーが始まります。

私の助産学生時代の教科書『新撰産科学』には、
様々な謎めいた記載がありました。

  クリックすると元のサイズで表示します

最も私が疑問に思ったのは、

「腰痛が弱いほど、頸管の開大は容易であり、
分娩経過は順調である」

でした。

その次は、
「子宮下部の痙攣性収縮の場合には…児頭骨盤間不均衡は
ないのに、児頭は固定しない」

でした。

私たちの産科学の授業を担当してくださっていたのは、
当時の京大産婦人科教室の助教授・講師・助手の先生方でした。

私は毎時間のように先生に
「どうしてですか?」と質問しました。

でも、納得する答えが返って来ることは、
ほとんどありませんでした。

そため、私は「腰痛と安産との関係など、
この教科書に書かれている“謎”を解明したい。
これを私のライフワークにしたい」と思うようになりました。

その先生方は、私が京大病院に就職して数年のうちに
全員、国立大学の教授として赴任され、
そんな中で、謎解明の思いは深まるばかり…。

大学病院で26年間、もくもくと働き続ける中で
この本の中に書かれている謎が、少しずつ解け始めました。

そして「この謎を解く鍵は骨盤や!」と気付き、
大学病院を退職し、今の道を歩き始めたのです。

整体サロンを開き、セミナーを開いて
多くの妊産婦・助産師と出会う中で、
いろんなことが分かりました。

(旧)母子整体研究会や、トコ・カイロプラクティック学院主催の
セミナーでこの本に書かれていることを教えていたのですが、
助産師諸姉の基礎知識のなさに、毎回、毎回、愕然。

「これじゃ〜もっと大人数で、パワポで講義をする方が効率的!」
と思うようになり、このセミナーを開くことにしました。

このセミナーの目標は、
「分娩の3要素の相互関係を診る力と
     安産誘導力を高める」ことです。

クリックすると元のサイズで表示します

メンテ“力”upセミナーの4日目の位置づけですが、
未受講の方でも、
骨盤輪支持法をならったことのある人でしたら、受けられます。

まだお申し込みはできませんが、日程だけは確保しておいてくださいね。

【日程】
7/20(水)京都
8/19(金)福岡
8/29(月)東京
9/28(水)名古屋

発足理由や、メンテ“力”upセミナーとの内容振り分け、
“予告編”の反響などは、こちらをご覧ください。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ