最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/21

母乳育児支援 順子姉さんの“技”秘伝 模擬セミナー  トコ企画セミナー

3/21(月・祝)は、高輪サロンで
「母乳育児支援 順子姉さんの“技”秘伝 模擬セミナー」

講師の上野順子さんを含め8名の参加で、
まずは、パワポでの講義から始まった。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午前中は主に触診やケアができる「優しい手」を作る体操
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

タオル玉やタオル輪を使って体操すると
驚くほどこわばりが消え、手が軟らかくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

     体操前の手形が黒、体操後は赤に!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

片手だけ体操した後、両手の平を合わせてみると、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

楽に開ける方と、こわばっている方の、違いが歴然。

優しい手も大切だが、それ以前に「骨盤ケアは当たり前」
それから、バスタオルなどを使って、首・肩のコリほぐし
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
            さらにその内側にタオル玉を2つ当てて体操

気持ち良さのあまり、畳の上に寝転んでしまう人も。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「優しい手」と、乳房トラブルの改善を図る体操
(上野順子著・渡部信子監修のこ本の106pに載っている体操)を

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

上野さんの丁寧な解説でやってみると、
人一倍良く動く私の腕も、さらに軽くなった。

「軽くなった!」と感じたら、私はバトンを回してみる。
すると、そのたびに「お〜っ、回しやすい!」と感激。 

18〜19歳の学生時代のように、軽ろやかにピーディに回せる!
「これなら赤ちゃんを抱くのも、楽になるやろな〜」と納得。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バスタオルを使って行う体操も、
上野さんはバスタオルの使い方指導が上手い。

午後は、乳首の位置にシールを貼り、
乳房を支え上げる際の手の当て方を、先生にお手本を示してもらい
           ↓    
クリックすると元のサイズで表示します

     その後は自分で手を当てる実習
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

多くの女性は授乳時の姿勢が悪いため、
乳首の位置より、赤ちゃんの口の方が高くなる。

右手で乳房を支え上げると、赤ちゃんの頭を
左手で支えなければならない(交差抱き)。

新生児期は赤ちゃんが軽いからまだ良いが、
3か月までこれを続けられる人はごく少数。

なぜなら、腱鞘炎になってしまうから。

赤ちゃん人形にセンターラインが入っているのは、
センターラインが真っすぐかどうかを確認するため。

クリックすると元のサイズで表示します

センターラインがカーブしたり捻じれたりすると
赤ちゃんは苦しいので、飲みが悪くなる。

センターラインが真っすぐで、赤ちゃんの口と
乳首のシールの位置が一致すれば、
母子ともに楽に母乳育児ができる。

それができても、赤ちゃんの唇がこわばっていると、
上手く吸いつけない。

そこで、赤ちゃんの唇のこわばりをほぐすケアを体験。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

さてさて、これからがまさに、順子姉さんの“技”秘伝。

乳首周辺の硬い部分をまず探し、そこを指で触れたまま
その硬さがどこまで続くかの検査。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
触診で辿り、硬い部分にシールを貼ると、ある人は腰椎に辿り着く。

筋肉シャツを着て取り囲んでいるこの光景、なんと怪しげ〜(*^_^*)
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ある人は恥骨に辿り着く。辿り着いた所に乳房トラブルの原因がある。

辿り着いた部分の、ゆがみ・コリを改善させるケアをすると
痛い乳房に触ることなく、すみやかに症状が改善する。

今回の受講者は、誰も授乳中ではないのだが、
「頭や目がスッキリした」との喜びの声があふれていた。

これを放置したま、いくら乳房マッサージをしても
たびたび症状を繰り返すこととなる。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑ 
                    最後は受講者同士で実習

今回の受講者は、全員、トコカイロプラクティック学院の
ベーシックセミナー修了生ということもあり、皆上手に辿って行けた。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
             上野先生もコリを探してもらっている。

ふ〜っ、大変やね〜。

私は3回の母乳育児中、苦労らしい苦労をしたことがない。関連記事⇒こちら
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
第1子の時の授乳姿。「母乳育児ほど楽なものはない」と思っていた。

そのうえ、腕や手首の動きがとても良い私には
考えもつかない工夫や“技”がいっぱい披露された。

上野さんは「畳屋さんが使うような針が、
背中に刺さったような痛みに耐えながら、
1年間母乳育児を続けた。だから工夫するしかなかった」のだと。

すごいね〜、信じられない。

それらをどうしたら上手くできるのか?
それを学べるのが…、このセミナーです(*^^*)!!

申込みはまだできませんが、日程を確保しておいてくださいね。

5/21(土) 名古屋市/健美サロン渡部
5/22(日) 東京都港区高輪/健美サロン渡部
7/19(火)  〃
8/11(木) 富山/魚津市新川文化ホール

なお、7/9(土).10(日).11(月)は、西日本で3日連続開催予定。
うち1日は京都で開催します。開催地はこれから決めます。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ