最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/28

らくらく育児クラス⇒施術⇒側弯発覚@高輪  整体・カイロプラクティック

3/28(月)は高輪施術。

今月は2日半の施術日を作ったので、
2〜3月のらくらく育児クラス
受講された母子の予約でいっぱい。

この方もその一人、赤ちゃんは当日施術を受けられたのだが
ママは3/28の予約をとって帰られ、今日来られた。

肩・腰・手が痛むとのことだったが、後姿を診ると
あれまぁ、一見して脊柱側弯。

学校検診などで側弯を指摘されたことは?」と尋ねると
「いいえ、全然」と。

施術前(セーターのシワが目立つ)  ⇒  施術後(シワが消えきれいに)   
        ↓                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「前えならえ」から手の平を合わたままお辞儀すると
       
全体的に左にカーブし右腕が見えず   カーブせず右腕が見える
肩甲骨部は右が凸、腰椎部は左が凸   2つの凸は少し低くなった
        ↓                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
        ↑                     ↑
       施術前                  施術後

カメラのレンズは1個、人の目は2個あるので、
カメラで撮った画像で、これだけの違いが写るということは、
肉眼で見ると、はるかに大きな違いに見える。

らくらく育児クラスの後、母子の体を診ると、
赤ちゃんよりもママの体の方がゆがみが強いことも多い。

「これじゃぁ〜子宮の中や産道で、
胎児がゆがんでしまうのは当然やわ〜」と思うこともしばしば。

このクラスを機に、体を整えて、
次の妊娠ではゆがみのないたくましい赤ちゃんを
産み育ててほしいと願うばかりである。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ