最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/8/12

空手 -35回目- 生徒2人で濃密稽古  スポーツ・武術

世間は8/11(金)からお盆休みに突入したそうだが、
私は、11(金)は大忙しの生駒施術。

12(土)は京都施術で、始業前の8:00〜空手、
9:00〜編集打ち合わせで、あわただしい1日がスタート。

男性2人は休みで、
孫達も引っ越しのため休み。

寝坊で休んだ人もあり、
生徒は皆出席の
私と佐藤さんの2人だけ。

今日は1歩前進して、
蹴ったり突いたりの稽古をみっちり。

私はいろんなダンス経験が豊富なせいか、
何も考えなくてもすぐにできるのだが、

佐藤さんは苦手なのだと。
そう言いながらも、モクモクと頑張る。

  クリックすると元のサイズで表示します

最近とみに前腕の筋肉の委縮が気になり出した私は、
1週間ほど前からシャドウピッチングを
健美ベルトを使って、右・左でしている。

そのせいか、左腕が良く動くようになった気がして、
休憩時に佐藤さんに伝授。

続いて、1歩下がって上段受け⇒1歩進んで突き
さらに、約束組み手、突きの受け返し。
               ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

以前から「左右どっちの突きが来るかは
肩の動きを見ればわかる」と先生は仰っていた。

それが今日初めて分った。読めた!

これに蹴りが加わると
全く分らなくなるのだろうが、一歩前進!

京都に夏にしてはサラリとした
気持ちのいい朝。

宮崎で生まれ育った佐藤さんは、
「こんなサラリとした気持ちのいい夏の日は
経験したことがない」と言っていたが、
やはり気温は高いのだろう。

汗の出ない私は、扇風機の風を受けながら、
道着でなくても、顔が真っ赤になり、
体は火照ってポッカポカ。

でも、超濃密・充実の稽古で、楽しかった\(^o^)/
2

2017/8/10

ミシンを買い替えた\(^o^)/  その他つれづれ

2016/8/2 ミシンが動かなくなった と書いて1年。
ついに、新しいミシンを買った!

2016/10/30 に兵庫県三田市のイオンでやっていた
シンガーミシンの展示販売会で、
新型ミシンの説明を聞き、見て、

助産師仲間の80歳を超えるお母さんも
新型ミシンを使っていることを知り

私も新式を買うことに決め、
生駒から最寄りのシンガー代理店に
電話したのが8/3(木)。

お店まで見に行くつもりだったのに、
ミシンを何台か車に積んで
うちまで持って来て、
使い方の説明もしてくれるとのこと。

それで、8/9(水)の約束となった。

「シンガーの4万円くらいのを、3台ほど
持って行きます」とのことだったのに、
最初にU夫妻が部屋に運びこんで来たのは
ブラザー

「えっ、どうなってんや、ここの会社は!」と、
不信感満々となった私に、
よもやま話を交えて、
ミシンの説明をいろいろと話すU夫妻。

「これまで使っていたミシンは?」と尋ねられて
「あれや!」と言うと、

「ああ、これは…、今なら20万円以上の品でないと
同じレベルの性能は期待できないですよ」と(@o@)

私が結婚するときに、
私の月給の2カ月分ほどのミシンを
長兄が買ってくれたものなので、
安いものではないことは知っていた。

しかし、技術革新が進んだ今日、
同レベルのミシンは、
安く買えると思っていたのだが…
間違いだったみたい。

私が望むのは、
1.直線縫いと縁かがりができる
2.使用説明が分りやすい
3.手入れが簡単で壊れにくくい

これくらいだったのだが、
話を聞いていたら、高価なのは

1.上下の糸の自動調整・
2.押さえと送りの自働調整

が、自動でできると言う。
それは確かに便利や、うーん、どうしょう(*_*;

すると、信じられないくらい高価なジューキのが
部屋に運び込まれた。

クリックすると元のサイズで表示します

近年、高価なミシンを買うのは高齢者で、
安いミシンを買うのは若い母親なのだと。

・高齢者は…元プロの縫製工や、洋裁が趣味の人
・若い人は…子どもの通園・レッスンバッグを作るくらいの人

私は洋裁が趣味のレベルではないが、
「リフォームが趣味」といえるくらい。

買ってもらったミシンのお陰で
トコちゃんベルトや、
トコちゃんパンツの原型を作れた。

そして、実際にジューキのミシンを使ってみると、
使いやすい!
それに、
何とも高齢者向きに作られていることよ!

1.上糸かけが分かりやすく、針の糸通しが自動
2.説明の字が大きく分りやすい。
3.糸もスイッチポンで切れる。
4.油さしは一切不要

8/20までがジューキの特別割引セールで
割引率が高く、
かつ、古いミシンを信じられないくらい高い値段で
下取りしてくれるとのこと。

定価の6割以下で買えることになり、
「68歳の誕生祝いと思って買おう」と、
購入を決断、記念撮影 ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

最悪の写真ができあがった。
色がおかしく、金髪に写っている?!
しかも、ピンボケで、調整不能_| ̄|○

U夫妻が引き上げた後、
教わった使い方を忘れてはいけないと
さっそく、縫ってみた。

まだ不慣れだが、まあまあ上手くできた!
徳島のベーシックセミナーでもらった
Hさん製の藍染めサラシ。⇒ クリックすると元のサイズで表示します
切り端を縁どりしたら
素敵なストールになった!

よっしゃ、これで一生遊ぼう!
3

2017/8/9

台風の中若い女性対象の“おとなまき”ロケ  その他つれづれ

迷走長寿の台風5号

クリックすると元のサイズで表示します

徳島から台風に追い付かれることなく京都に戻ったものの
8/7(月)は暴風雨が吹きすさんでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな京都トコ会館で、
18:00〜20:00 とある関西のテレビ局のロケ。

21時には最接近となりそうなのに。。。

今回の企画は若い女性が主な対象なので、
参加予定の中には女子高校生もいる。

「こんな天気では、親御さんが心配して
家から出してくれないのでは?」

との私の心配をよそに、
定刻までに予定どおり8名+1名が集結。

当初は8名全員女性の予定だったが、
台風のため1人が来られなくなり、
その代わりに、同じ会社の若い男性が来られた。

+1とは、お姉ちゃんのロケ見学に、
お母さんと一緒に来ていた男子小学生。

男性1人よりも、小学生とはいえ
男子がもう1人いる方がいい気がして、
誘ったところ、ニッコリと参入。

参加者のうち、12〜20歳までの5人は、
胎児もしくは乳児期から、
健美サロン渡部に、定期ケアに通っている
“健美サロンジュニア”

25歳〜38歳の4人とで
いつもの“おとなまき体験教室”の参加者よりも
平均年齢が低く、ノリノリの華やいだ会となった。

今、日本でも世界でも、“おとなまき”は
「ホラー」「妖しげ」
「新興宗教」と思っている人も多いようで、
テレビでは、バラエティ番組で紹介されることが多い。

“おとなまき”は、医学的理論に基づいて、
私が真剣に考えた健康法である。

そのため、バラエティ番組で扱われることに、
疑問を投げかける人もいる。

「もう少しまじめに国民の健康増進に役立つ番組に
仕上げてくれたらなぁ〜」と思うこともないではないし、
取材協力お金がもらえることもごく稀。

ロケのためにはスタッフの仕事も増えるし
超過勤務手当も支払わないといけないし、
私も疲れるし、洗濯物もドッサリ。

それでも、テレビの影響は大きい。

“おとなまき”って気持ち良さそう。
それなら赤ちゃんも、きっと
“おひなまき”にしてもらうと気持ちいいのでは?

と思う人が増えてほしいし、増えると思う。

今、日本では少子・高齢化は進む一方で、
医療は八方ふさがりの状態に陥っていると思う。

これから先、ますます、医療だけでなく
日本の社会のあらゆるところで
行きき詰るだろうことが、この本にも書かれている。
       ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

しかし、私はここに書かれている以上に危惧している。

例えばこれ、
死亡者数は、2039年と2040年にピークとなり
1年間に、167万9千人が死亡すると書かれているが…、
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1949年生まれの私は2039年で90歳。

「団塊の世代の人達の多くは、90歳くらいまで生きるだろう」
と、30年以上前から私は思っている。

なので、2039年と2040年に、団塊の世代が、
90〜92歳で亡くなるだろうことは「当然」と思う。

しかし「団塊の世代より10歳若い人は
90歳まで生きられるのか?
20歳若い人は?」と思うと…、極めて疑問。

足腰の弱さ、歩く速度の遅さ、
それに骨格の悪さが加わると、
脊柱に加わる圧力が低下する。

それらにより、免疫力が低下し、
長生きできないことも指摘されている。

整体を学んでいる50代・40代の助産師達を見ても、
「私より長生きできそう」と思える人は少ない。

頸動脈の触れかたも左右で大きく違い
「脳血管は大丈夫なのだろうか?」と
心配になる人も多い。

癌にかかる人は増え、
ますます低年齢化しているし…、

プラス、強力な耐性菌が蔓延したら?
インフルエンザのパンデミックが起きたら?

と思うと、年間 167万人なんて…、
そんな甘くはない気がする。

インフルエンザで死んだ鶏の鶏舎で、
鶏が袋に入れられて、大きな穴に埋められるのを
テレビで見るたびに、

「いつの日か、人がこのようにして
埋められるようになるんやろな〜」と思う。

火葬なんてとても追いつかないくらいの人数が
亡くなる日が、きっと来ると思う。

そんなことをつれづれなるままに考えていると、
その打開策は、

・ヒトの育児法を見直し、
・まるまる育児を定着させ、
・ゆがみのないきれいな骨格をもち
・足腰の強い
・免疫力高い人を、育てなければならないと思う。

そのための方法として
「“おひなまき”“おとなまき”は役立つ」と思う。

「息子達も孫達も、私より元気に長生きしてほしい」
と願いながら、毎日働いているのだが…、
息子たちは私より長生きするだろうか?

さいわい甚大な被害はなく、台風5号は過ぎ去った。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/8/8

テレビ朝日「五分館」放映されていた。  SNS・出版・報道

6月7日に収録のあったテレビ朝日(関東ローカル)
濃厚凝縮ドキュメント 五分館

クリックすると元のサイズで表示します

「ドキュメンタリーって長くて、重くて、暗い…」
     そんな常識を覆すドキュメンタリー番組

「しっかり密着したロケをいいとこ取りで5分に濃縮」

こんな素敵なコンセプトの番組で、
取材申し込みがあった当初は、
レポーターの“おとなまき”体験は不要。
主に私へのインタビューとのことだったが、

「“おとなまき”の実際の様子や、
助産師さん達が働いている様子も収録したい」となった。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中の施術予約は母子3組で、
いつもより少なく、ゆっくりできる。

3人とも“おとなまき”は未体験だったため
体験してもらいながら、収録にご協力いただいた。

クリックすると元のサイズで表示します

トップにインタビューを受けたAさんは
「3年あまり前、第1子を里帰り出産した病院で
助産師さん達が、子どもを“おひなまき”にしてくれた。

そこから、調べてここを知った。
今は第2子の産後で通っている。
泣いて困ったことも、
寝かしつけに苦労したことも全然ない」
などなど、ハキハキと語られた。

クリックすると元のサイズで表示します

Aさんは施術後に“おとなまき”
他のお2人は“おとなまき”後に施術。

その後も体操・操体法をして、
それらの様子も収録し、午前の部が終わったのが13:40

急いで昼ごはんを食べ、14:15〜再開。

午後は、前日まで予定のなかった
レポーターさんの“おとなまき”体験を収録。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その横で私のインタビュー。

“おとなまき”終了後も
助産師の知識と技術がなければできない仕事の
紹介をしたりして、16:10頃にようやく終了。

当初「2時間もかからないのでは?」
などと思ったのに、6時間。

その後、いつ放映されるのかと連絡を待っていたが、
メールを送っても返事は来ない。

テレビの番組表で確認しようにも
関西などにいるときはそれもできず…。

「池上彰氏のように、
『テレビは出るものであって見るものではない』
…『新・戦争論p233』と言えるようにならなアカンのや」
と自分に言い聞かせていた。

ところが、8/7(月)、京都トコ会館のスタッフから
DVDが届いていると聞き、さっそくテレビで視聴しながら
カメラで動画に収めた。

クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
  美人モデル 殿村さんが“おとなまき”体験
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
   これは水天宮整骨院での撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

     「おとなまきは実に おとなむき」とは上手いね〜。

体調がとても悪い、整体を学ぶ助産師の中には、
胎児どころか、
GS(胎嚢)に戻りたい」と言う人すらいるんです。
なので妊娠前や妊娠初期の骨盤ケアも、もちろん大切。

ネットで確認すると、6/27(火)の未明 1:56〜 2:21
3つの濃縮ドキュメントが放映された。

1.茶道の師範にまでなったルー大柴
2.海外から注目される“癒し”の正体とは? おとなまき
3.電撃ネットワークに弟子入りした電撃ネットワークJr.

   “おとなまき”は以下のように紹介されている。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ママのインタビューが放映されず残念だったが、
なかなかいい番組だと思った。

なのに、この回で番組終了とのこと。
何よりも視聴率がものを言う世界、
番組を作る人達も、大変ですね。
5

2017/8/6

阿波踊りの賜物? 徳島基本整体全員合格  トコ・カイロ学院セミナー

8/6(日)は基本整体実技試験。

17人(初受講11 復習6)もの受講生全員を、
私の体で、骨盤コロコロ・基本整体上肢一式・
足趾足首回しの3種目をテスト。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日とはうって変わって皆、とても上手。

中には「もう何年間 整体で飯食っているんですか?」と
尋ねたくなるほど上手な人もチラチホラ。

昨日は19:30頃まで居残り練習、
今朝は8:00には集まって練習。

アシスタント 兼 復習受講の三浦さんをはじめ
復習者が初受講者を丁寧に指導してくれたお陰。

もちろん、それは間違いないのだが、
それだけとは思えない。

準備体操の炭坑節・すり足は一度注意したら、
すぐに全員ができた。

骨盤コロコロを自分と私の動きを同調させるのは、
香川県の初受講者以外は、すぐにできた。
こんなことは過去には一度たりともない。

特に、人の動きと自分の動きを同調させるのは、
他の地域では、とても時間がかかるのに、
なぜ、徳島の人はすぐにできるのか?

思い当たるのは阿波踊り。

子どもの頃から、音楽に合わせて、
全員の動きをピタッと揃うように
動く訓練ができているからとしか思えない。

私はよく「踊りは究極のエクササイズ」と言っているが、
今日の順風満帆は、阿波踊りの賜物?!

他県の初受講者1人は少し時間がかかったが、
その他16人は超特急で実技試験が終わり、
全員合格!

趾・足首回しが抜群にうまかった北尾@松江市さんに
いつも産婦さんに実施しているやり方を披露してもらった。

質問にも答えてもらい、みんなも満足、私も楽ちん。
おおきに、北尾さん!

クリックすると元のサイズで表示します

その後、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

台風5号に追いつかれないようにと、
徳島駅発18:00のバスの切符を入手していたので、

「絶対に17:00にはセミナーを終わらせる!」

と固い覚悟で臨んだ最後の実習 枕合わせも、
なんと、16:20には終了(@@)

時間が余りすぎたので、2か月後のセミナー内容、
マイピーロ操体法などを前倒しで実習。

16:55には閉講、後片付けも皆さんのご協力のお陰で
サツと終わり、
原田さんに送ってもらい、17:40には徳島駅に到着。

徳島駅前の自転車はバタバタと全て倒れていて
ビックリ(@o@)

こんな強風が吹いたの?
降っていた雨も止み、台風の気配はない。

   大鳴門橋を走るバスの窓から、夕焼けと渦潮がきれい。
                               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

淡路島を超え、明石大橋では夕焼けは真っ赤な夕焼けとなり

クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
           渦潮のように見える海を眺めながら、
     台風に阻まれることなく三ノ宮に到着。良かった〜。

私が去った後の徳島県内には、
大雨洪水警報が発令されている。

明日18〜20時のテレビ収録@京都、
台風直撃では? 
高校生も参加するだけに心配。
6

2017/8/5

徳島セミナーの合間に「柚」でお産論議  グルメ(外食・中食)

8/5(土).6(日)は、徳島でのベーシックセミナー(基本整体)

(金)の17:15 の三ノ宮発のバス乗り場が分らず
走って歩道橋を渡ってギリギリセーフ。

その夜は徳島駅近くのビジネスホテルに宿泊、
(土)の朝、世話人の原田さんの車に拾ってもらい、

6/11のトコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー時と同じ、
石井町にある遠藤産婦人科医院へ移動。

今回は受講生が17人(初受講11 復習6)と多人数。

初受講者のほとんどは大病院勤務助産師。
嬉しいことに、小児科医院に勤める作業療法士も1名!

これから毎月(土)(日)連続で2日ずつ、
来年の1月まで続くのが楽しみ。

復習を兼ねたスタッフ2人の協力を得ながら、
進行が遅れないよう、
走り回って全員に私のタッチ・ケアを体験してもらった。

午後のティータイムは短めにし、
私の体を全員に2分間ずつ貸してケアの確認。

お陰で、17時びったりに終了。

その後は、乳幼児を3名、
女子高校生1名、遠藤医院の職員3名、
合計7名を施術し、居酒屋「柚」に

復習者と遠藤聡子先生とともに
遷延分娩時の対策などを論議。

その時、聡子先生がポツリと、
「産婦人科医が2人いるなら、
私は骨盤ケアをしようとは思わなかったと思う。
すぐに帝王切開できるから」と…。

そう、その通り!
簡単に帝王切開ができるようになって、
産婦人科医も助産師も

「なぜ安産できないのか? どうしたら安産できるのか?」
などと考える人は激減した。

帝王切開の方が簡単で安全!
何と言ったって、入院日数が長くなり
保険点数は高くなるので、稼げる。

これが大きい!
病医院を経営し従業員に給料を支払い、
建物を維持していく経営者の苦労は
私もよくわかる。

しかし、それでいいのだろうか?
何のために子どもを産み育て、子孫を残すのか?

帝王切開の弊害・腸内細菌フローラ・糖尿病…、
この本以上のシビアな将来が待っているのでは…?
            ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

などと、私は深刻な想いを胸にしまいつつも
楽しくお喋りし、くつろぎの一時を過ごした。

らせん階段状のオブジェ(?)に盛り付けられた刺身。

クリックすると元のサイズで表示します

   豆腐をふんだんに使ったサラダ3種

クリックすると元のサイズで表示します

原田さんのお勧め、パリパリに焼いた蓮根は初めての食感と味!

クリックすると元のサイズで表示します

徳島で採れた蓮根・ウナギ・ハモを使った料理は

クリックすると元のサイズで表示します

      どれも美味

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
    ローストビーフも    鶏のセセリも
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 
太い削りカツオが入った醤油をかけて食べるジャコ豆腐も
     ↓                ↓          
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
    混ぜご飯もおいしくて
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そのうえ、聡子先生のお勧め、鳴門金時のデザート

クリックすると元のサイズで表示します

フワフワのパンとアイスクリームのデザートまで

   クリックすると元のサイズで表示します

炭水化物をいっぱい食べ、1ドリンク(柚子酒)でヘロヘロになって、
6月と同じ旅館で泊った。
6
タグ: 徳島 骨盤ケア

2017/8/3

京の夏の旅 嵐山の鵜飼  旅・レジャー・アウトドア

8/3(木)は、トコメイト1セミナー@京都予定だったが
成立しそうにない企画だったので、
順当に(?)流会となり、骨休めの休日となった。

爽やかな風がそよそよと吹いて、
最高に気持ちのいい生駒の夏なのだが…、

洗濯もしたし各種メール連絡もしたし、
ミシンを買うことに決めたのだが、
来週しか予約を取れず…、暇すぎる。

そのうえ夫は夕食は外ですると言うし、
どうしよう…と、思いついたのが
京の夏の旅

10:00〜のコースには間に合わず、
16:40京都駅前発の

夜の定期観光バス特別コース 宮廷鵜飼と夕景の嵐山

当日なのに予約が取れた!
こんな観光バスでの1人旅は初めて(^_^)v

近鉄で京都駅に向かい、
烏丸口を出てすぐの観光バス乗り場から出発。

渋滞にも合うことなく嵐山に到着、
ガイドさんの後に着いて歩き、渡月橋へ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鴨川から東に済み慣れた私には、
何で嵐山が観光の名所になるのか、
感覚的に理解できないのだが…

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

鴨川よりは川幅が広く、渡月橋は木製で趣がある。
若い頃に2度、
保津川下りの船でここに到着したことがある。

外国人観光客でいっぱいの
渡月橋を渡って、法輪寺へ。

クリックすると元のサイズで表示します

十三まいりと、丑寅年生まれの人の守護神として
有名なのだそうだが、左京区の人もここに来るのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

丑寅年守護神にふさわしく、狛犬・仁王さんではなく

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
        ↑             ↑
      牛の吽行         虎の阿行

参詣を終えて、小さな門をくぐり庭(?)の方に進むと、
  京都の町が一望。へ〜、ずいぶん登ったんやな〜。

         正面に見えるのは比叡山
                ↓          
クリックすると元のサイズで表示します

        それに続く東山連峰。   京都タワーも見える。
              ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   こちらは西山。五山送り火の鳥居もかすかに見える。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

法輪寺を後にし、桂川の右岸にある渡月邸に。
食事の前に男前の鵜匠さんから、鵜飼の解説を聞く。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
      自然界では海鵜は5年で寿命が尽きるそうだが、
        この鵜は御年16歳の最長老。

目は見えず魚は捕れないが、
“広報担当”として余生を送っているのだと。

ペリカンの仲間なので、喉の袋には
15〜20匹の魚をためておけるとのこと。

解説を聞いた後、立派なお店に入って夕食。
きれいで涼しげな京の夏料理に舌鼓を打ちながら、
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「長野市から明日の会議のために京都へ来た」
と言う女性と、いろいろとおしゃべりを楽しんだ。

食事を終えて18:50〜、舟に向かう。
正面のお椀型の山は万葉集で有名な小倉山。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

黄昏の嵐山はさすがに美しい。見とれてしまった。
平安朝の衣装の船頭さんが漕ぐ、

クリックすると元のサイズで表示します

御簾などで飾った舟で、少しばかり平安時代の雰囲気を味わい
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  京都の夏とは思えぬ涼しい川風に吹かれながら
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ人の若いきれいな女性鵜匠さんの、鵜さばきを見学
                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

20時過ぎには船からバスに戻り、京都駅へ。
自分の写真を撮らなかったので、
  バスの中で自撮り ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

  久留米絣のワンピースと自分でアレンジしたネックレス。
  なかなか着用する機会がないので、記念撮影を兼ねて。

食事・鵜飼見物・バスで9,000円。

長良川の鵜飼いは1度行ったことがあるが
残念ながら写真は残っていない。

長良川ほど大規模で本格的ではないが、
岐阜まで行くことを思えば、
安くておいしくて、風情がある。

京都に来られた時には、ぜひたくさんの方に
観光バスの旅を、気軽に楽しんでいただきたいと思った。

もちろん私も、これからは、
もっといろんなコースを楽しもう!
7

2017/8/3

「日経ヘルス」9月号に"おとなまき"  SNS・出版・報道

6/30(金)に"おとなまき"の取材があった
日経ヘルス」9月号

8/2(水)に発売され、京都トコ会館に掲載誌が届いた。
            ↓
   クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                       「9」の下に
                         ↓
      クリックすると元のサイズで表示します

    目次には
      ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

       どちらにも書かれているように
      "おとなまき"は「究極のリラックス」

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
      ↑
この中段にあるように、実は、
「日経ヘルス」には、大人の"おひなまき"として
2008年に既に掲載されていたのです。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 ほぼ同内容が、『骨盤メンテ3』にも、掲載されています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

"おとなまき"赤紫のオーガンジーを被っているのが
ヘルス編集部のOさんなのですが、
早々と寝息が聞こえ始め、
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  「やっぱり書くためには自分も体験したい」と
     ライターの柳本さんも体験。

    巻きはじめると流石ライター、
   素敵なセリフがサラサラと出て来る。

柳本さんと初めてお会いした時は、11年前。

高輪サロンにいた助産師全員が
産褥うつ病の患者さんだと思ったくらい、
心身ともにボロボロだった柳本さん。

その後、骨盤ケアに励み、
元気になった彼女には、
数えきれないくらい私のトークを
記事にしてもらった。

女も男も、体が楽にならないと心も楽にならない。

楽な体と心で、納得できるいい仕事をし、
幸せな家庭を作るのに、
骨盤ケア・"おとなまき"が、大いに役立つと信じている。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ